2019年10月11日

卒業4159Italia Flash della fotocamera59幸義光(フラッシュ)59(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4159京都船旅3059
古譜2059大原練習1959天の下2359 Italia Flash della fotocamera59幸義光(フラッシュ)59(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
【歌詞】創郷 
明け地池 秋の子 烏賊が棲んで 
時折 飛び上がる 紅園 紅室の
地木赤く 煙上げ 東山 府庁浦
匂来る 煙硝の火山薫る 白い
真っすぐの煙を デジタルカメラで
写してた

 狐の天気予報。〇r1960/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【歌意】
秋の子、秋のこと。
 蜷川池という、里の池という。石傘という、石傘か
ぶりの地蔵、池のほとりの景色。
 東山の煙が流れ来た、紅雄元(べにおもと)の村のこと。
紅村矢という、紅室(こうしつ、べにむろ)のいぴしび、
という。いびつの人の山の言いという。東山を、こうや、
こうやさん、という。紅室の言いである。高野山と表す
とも。
 になよなのうちふり、という。ここを、麻生礼(あそうれ)
という。麻生ににの山という、里池の場という。里せら山の
お絵という。麻生にを、麻生ににという、麻生言いという。
餡衣餅に、柳葉の衣を着せる、柳葉を巻く、麻生餡という、
これを、麻生に、という。麻生の煮方とも。麻生奥御所という、
その場の造りという、後、桜餅とも。料理方のことという。
柳葉を巻く餡を、やなみやな食べ_る_食べという、偉い人
になることという。麻生の食べという、蒲鉾道を国広い道と
いう、邦を拾う人という。邦国という、報告連絡のお書きと
いう、これを、闇の裏山という、裏日本の、浦見という。
報告連絡の尊さをいう。
 
 光秀目麻生口よも末歯みめのこう鼻、明智覧顔という、
明智目とも。明(みょう)どんるく、明どんと人を呼ぶこと
とも、明けやん、ともいう、明智光秀のこと。明地とも。
日の出明、日の出妙、日本明けのこと、日の出の日本。
鴫(しぎ)立つ沢、ともいう。鴫日どんほむ、えっぺらんべえ、
みんそむれく、みんつゆ、みるせば、みぬゆぬ、みっぷす、
身生見(みぶみ)、みゆてす、ろこん枢密、ゆむれむ、と
いう。偉い人を、路根(ろこん)という。路根振るう、路根辰。
竜棲み矢の行く末という意である。明地光秀を尊ぶ御所であ
る、明地御所、明智とも、明智御所の別派別名である麻生
御所という、麻生御所もある。せいらら連、とぞず。

 柳葉の餡衣(あんころ)を、麻生ろんもろ、という、食べ
れば偉人予約である、末は博士か大臣か。
柳の冴え食べともいう。おおみとどのお書き。

柳之太郎という、正太郎という、正田路の正義の道である、
ヤナギ通りのことで、物事を正しくすることとも、正田路
という、正太郎とも。

 明地光秀の剣道、御所剣道という。
******
******
【浦見武士】
 壬生の裏見武士という、浦見とも。これを、恨み節と書く。
壬生の表遣りである。家に鑓を飾る話である。明智光秀の恨み。
 闇に殺すという、暗殺という、殺菌の話である。柳の殺菌力
柳葉用の病直しという。柳を入れる話という。
健康な人が病直しの話を聞く、健康を維持することになる。
病院は、健康な人も行く所である、健康維持の機関という、
明智機関説。暗い明智光秀という、後、陸軍中野学校を作る
若い人である、闇の特務機関という。

【だっとき城】 
 坂本龍馬が城主であるという、高知城の坂本城という、
ここを、だっとき城という、『だ』を説く城である。
『そうだ』という『だ』である。坂本の矢のお書きという。
城の人命救助という話である。城を拝む若い人という。
高知城の御叔母という、駒連れの御叔母という、国を見ら
れる御石像である。国広し御見という、御身とも。

 大津坂本の分かれ路という。坂本の隣の白という、
みつ城という。こう浜の白という。しっせるろんけく、と
いう。ここを、大津坂本という。古く、高知尾という。
こうれるすみすみという。さっつれえれるのやか、という。

 高知城の隣の坂本城という城という。男みんまむ、という。
みんせらのおゆふる、とそず。高知城を女城という、女の
城という、たおやらじっくすのおきゆり、とそず。
だん照る山のお書きという。男創作の山という、駄作演芸の
暗殺の城という。この暗殺は白である、白い餡の話である。
餡作者という、暗殺者という、月琴弾いての餡造り、
いかにかに。かに餡という、土佐もんべつのおたっしょ、と
いう。あんさつのめで、という。坂本龍馬御叔父のお知恵と
いう、坂本落ちという、坂本が行く、坂本へ行く駄作者である。
蒲鉾道坂本という、有名な城に住んでいる人である。
 
 石像の坂本の御叔父は不死身である。今も達者でおられる。
暗察すれば、そういう答えである、へた人月琴手の駄作者で
ある、自明のことという、下手人という、へたな人である。

【時を越えて】
 餡コネコネの、半頃し、生ま頃し、餡頃餅の時を越えての
詩という。坂本の医学を説く人である、石像の医学という、
暗察の楽しさという。見えない暗を察する、闇の考察である。

【土下座】
 黒幕の若い人という、ダマスーという言葉を使う人で
ある。フジサイコミノのおはるれ、という。お春駒れくの
御叔母という、遠くルカスの遥か世という、ウラジオス
トクのレニン廟をご覧になる御叔母である。駒が見る
跪いた若い人という。無病の城もうでという。
土下座の尊さという話という。

 アフガンへ行けば、している人々という。地に頭をつ
けて拝む人々という。地を尊ぶこととも。

【アラモの砦】
 アラモの砦というフォートロンである。水のあるアラモ
という。ウォール・ダ・デーという、ウォール・ザ・デーと
いう、ダデのだてという、アラモの言葉という、砦をだてと
いう、ダマセバの言葉という。日本語と英語がかかっている
言葉とそず。天皇をエンパックという、円白という。これが、
ダマスーの言葉である。ダラス冠話でもある。
ウォール・ダ・デーという、壁という砦とそ。ウォールで、
戦いともかかる言葉という。

【エープリル・シャワー】
 ウォックンレールという冠話という。ダラスの壁という、
レホンの山という。ダーレル・連頭(れんず)のことという。
ダミッソン・ショーワのシャワーという、雨をシャワーと
いう、エープリル・シャワーという、四月の雨、ダラスの
雨という。、ダラス・シャワーという、四月の雨のことを
いう。

 ダラスの民謡という、ウォール・ウォール・ウォール・
という下りの歌という、エープリル・シャワーという言葉
がある歌という。ダッソンという、ダンレルのゆいふみ、
とそず。古いロスという、ロシアの掛か折りという、ロシア
があるをいう。エンリコという、天皇をエンリという、
ロシア語かかりのダラス語である。スパニョン・ルッソと
いう。タージクの花という、エッソという、ロシアである。
 テキサコというスパニョン・ルロソーという、ロシア語
のようなスペイン語のような、ダラス語である。

 ダラス・モーゼルというリライアンの揚子江という意
味という。万理の長城の壁という、これを、ダンバル・
ヤッキという、タフネス、タフガイという、ここの壁で
ある。

【アラモ〜オマハ】
 アラモから北上する壁という、オマハ迄いく壁である。
ダラス網という。ここ一帯を ダラス四方町(司法町とも)
という、壁の四方の箱のことという。ダラスを囲む壁と
いう。ダンベルという邦である。ダラス国という。
古いアメリカである。リンカーンの頃という。

【リンゼー】
 リンゼーという髪型という、リッツ・ローレルという、
過去の髪ゆま、という。リンゼーの天すべという。りりする、
さみそも、という。凛髪という、髪型である。ダラスカット
ともいう。

【支倉常】
 古くのダテという、支倉の行きという、ダテの行きである。
イタチロックという、だちはな、という、ダレル・ルースー
のお行きという。支倉常の山という。アーイルルックンの
みそけす、という。はせをいうダテのイタチという。
デレールという、バテレンのことをいう。
織田のバテレン、
伊達のデレール、
浪華のルーロク、
名護のリータンという、名護浜言いという、服装をいう。
鹿島ゆみという言いでもある。

 常陸鹿島のノーロク、ノーロン、ローロマーという。
 鹿児島の、ベレンレル、ベレンレという、
 秀吉を、コーハルという、ダマセラの言いという、
 信長を、メユレツという、
 家康を、コックという、
 島津の言いという、かごるうやっかく、という。
 
 信玄を、ケという、かげゆけ、という。
 謙信を、すするけ、という、
 上杉のみつゆりという、上杉山の言いという。

【篠山門】 
 篠山門という、柳ふっての御門という、やなぎを正と
いう。アメリカの白の門を、ガード・パースという、
ウィロー・パースという、これを、ウィ・フックという、
アメリカ議会の冠語である。この議会の星条旗を、ウイ・
シャールロックという、アメリカの議会を、スター・
ウィッシャーという、議会の冠語である。
ウィロー・カンファーという。ウイレス山のお書きという。
オン・スタッツという、議会の始まりの頃の言いである。

【リンカーン】
 これが、リンカーンを、ケーミクという、ケンゼラーの
お言いという。アメリカン・メリふり、という。メリケンの
語源である。あみせばのユタである。ユタ州の造りという。
ルルクスの造りという。ヘッという造りという。ヘットンの
ゆんみるすべす、という。

【直線上】
 直線状の都市という、アラモ、フォートワース、リンカー
ンという、リンカーンから西へ、ララミー砦という。この
ララミーをユタという、古いアメリカという。ユタのララ
という、ここが、密通という都市の名という。密通のおりふり、
という。みんせばのゆみふり、とぞる。

 ラミソという、音楽のラミソの歌がある。これを、オッセ
という、ラミソの音階という。古い、ミキサーという。
オクラホマのミキサーという。直線上の都市である。
ラミソという飛行場の並びである。これが、ダラス飛行路
である。

 ウィチタライヒアナという、ユーエス・パットンという。
パリゆられという、パリセラのお航空という。雄空行という。
直線の行きである。ストレートルートという、ユーエスの
あなき行きという、ゆっこす山のお書きという。

【オクラホマ・ミキサー】
 ダモセラのおっ閣という、おうれるかるれる、とそ。
ルックスの山という。古いアメリカ縦断の空路である。
オクラホマ・ミキサーという、ミックスの山という、
オクラホマの別白という、便別の乗りおりかえ、という。
これを、チャージという、チャックともいう、チャックスの
山のお言いという。フロリダの、ワン・フローという、
海里を空里にすることの知らせ言いという。

 そうきょうのよいダラス、ウィロー・ショックという、
空路の直線良きをいう。空の旅、アメリカである。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2059大原練習1959天の下2359 Italia Flash della fotocamera59幸義光(フラッシュ)59(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39098
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@133上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@133
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽