2020年05月31日

卒業6120 ANGOLA Porta 俺120 港 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6120京都船旅5020
古譜4020大原練習3920天の下4320 ANGOLA Porta 俺120 港 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
船旅巡り行く 港には、船が、鏡石の
港 細い川下り 亀岡の吉富の港まで
大きな崖がある 飛行機が飛び立ち
船織り登り行く 階段は急傾斜に

 狐の天気予報。〇r1999/02/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【京都船旅航路】
20200530
 福井県小浜より、熊川宿、大原、京都船津へ行き、かよで
ら、北へ回り、花世浜、京福寄り、今の京北町(当時、京浜)
、北かまよ(今の、平岡辺り)へ出で、平岡から再び、北西へ
出て、進路を西へ回す、今の亀岡の北の、湖のある所、天若
の北を回る、大向山の麓へ出る、八木から葦矢目(おおやめ、
おおやみ、という)そこから、吉富の港。この航路のことを、
きゅうはるという、きゅうはる航路の行きとぞう。とじせま
のお書きという。船が和船様の小さい船である。細い川を、
回り回っていく航路の適した造りとぞう。これを、内陸航路
という、外海の航路の続きという。
【吉富港】
 福井から逆に丹波へ行く、園部で丹波行きに二手に別れる、
この別れ際の歌とぞう。上が、飛行機場である。ここで、上
へ上がる日の、階段という、大杭を打った急傾斜に階段がつ
けてある。人一人が通れるくらいの巾という。ここを、上が
っていく、周りは、土の壁前と後ろが細い空きである。
【大井川川切り】
 この別れ際のもう少し園部の向こうという、ここの工事の
前のことである。後、工事をする園部渓谷のことという。
明智掛かりの大工事である。上に園部城があった日という。
崖ぎりぎりに立ててある園部城という。ここを、ひよ、とい
う。日吉(ひよしのいやり、という。後、ひみすみという。
【天若】
 ひみよのあうすという。はっせらのゆきふりという、こ
この雪という、黄色、青、赤である。三色混ざった色の雪と
ぞう。じじせるおいそ、という。ここの見のうちとぞい、そ
みそみそ。後に川を切る話である。天若のいいせむ、という。
この夜のお書きという。

 律が船の進みである。船の律という。船長谷(ふなはぜ)の
お律という、2拍目の後半分が、ガジャガシャという感じの
船のあたりという、船の進具合の形容である。穂を立てた
和船船(わせんぶね)もある。(駄作歌)

 この和船船という、ろろという名という、ろろ号のお行き
という。船航路である。
【上鯖、下せる】
 オバマから大原までを、上鯖(かみさば)という、下を、下
せる(しもせる)という。今の鯖街道という、その船の道とい
う、和楽という、和楽船道という。今のき八鹿署にある廻船
問屋である、それの内陸版という、西国(さいごく)の船の廻
しである。
【城東日置】
 後、園部から北周り南回りに別れる。北周りをとるこの日
という。北周りで、日置へ行き(今の城東の日置という、こ
の日の北航路である。)、後、篠山へ行く、(今の篠山城の
ある所である。)そこから、兵庫県今田(こんだ)へ行く、兵
庫県今田から、加東町、西の西わま(今の、こうじょという)
、そこの泊で、ここで夜を明かす、ここから西脇へ行く。
この間(かん)、間無里という、間無里という、この言いの
『あの間無里だ』という、『俺が行く』という、おれる川と
いう、川が少し大きく、波が出る。この波、川世波(かわよ
なみ)という、今の谷川という、深い大きな川である。
【谷川】
 この皮の深さで、約、当時50メーターである。大きな岩が、
所々ある日のことという。大きな掛けで、高砂が水面より
20メーター程である。巾は、今の川の倍程である。

 風がヒューという音をたてて、落ちてくる場所という。
西から来た風が半分が、川へ落ちて向かってくる所という。
小さい船で、上がり下がりの大きな所である。前から風、
横から斜面伝いに降りて来た斜め風、崖上は、風邪が吹い
ている。エレベーターに乗っているような感じである。
そこへ行く話という。
加東山お書きという、今も、西脇近辺という、山が
尖ったような所がある。三角山という言いで、今より大き
な山である。

 ここから航路を、南、西、北、という三つに分かれる
所という。西あぜ山お書きという、これである。
京都船旅お書きとも。この歌の拾遺である。古今歌駄作世と
いう。いまわのお絵、これなるを。

名画伯挿絵 sotu6076 の 『港』
  http://akinokori.sblo.jp/archives/20200522-1.html
急旋回で、船をわっていく、半分以上傾く。

 正(やなぎ)。M30

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/23 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@439
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽