2019年06月17日

卒業3801・ItaliaPassaggio チェコレグ :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3801京都船旅2701
    古譜2571大原練習2191天の下2006ItaliaPassaggio チェコレグ(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/05/14 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/06/17柳晴、少寒
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】34/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Mixture
    Music Score   
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
空に回る陽が山照らし
天の下急ぐ夕暮れに
火山噴火 スミミルのスミソ山
遠く花一匁 駒駆ける日
パリ離る よりよる夜 こう二本の江戸

 狐の天気予報。〇r2022/12/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
駒ととも 訪ねいくこは よみよるかて
かゆれふるく スミスそすれず
『こ』、日のこと
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
 『天命、之、革まる』という。これを、革命という。
天命とは、寿命のことをいう。体を大切にという、安全健康を
手にすることである。これが、天の声であり民の声である。
『革命はわが手にあり』という人である。

 東京都いう、そうきょうの都という。オリンピックが開か
れるという。クーベルタン街道へ行く人である。ここを、
ファーリーラーという、後、ファーリ、巴里、パリという。

 ファーリッパという人である。クーベルタンという人である。
オーベルニューという、古フランク王国という、ここの
こくべえという。ペッセラッテのゆゆふす、という。クシャラ
ローゼンという、メッペラッペの山のという。火山の見える
丘という、ここのゆきれる、という。ユミッス山のお書き
という。

 黒ずくめの若い人という。クローゼビッツの山という。
こくとす山のお書きという。これを、きゅうさん、という。
インペラロックの山ともいう。いばれるれんずる、と。

 バラカンのえっぱまの呼びとそ。ぜぜたるむゆすむ、という。
おっきす山のお書きという。うたれたたみの山の世とそ。
るきくるるそ、あつれつ、ゆとす、めっすゆのおゆれゆ、という。

 ここの山魔のおて、という。山手山のお書きという。うれし
の山のおち、とそ。ゆゆてすやおるめす、というるこれを、
ろんてのえくれく、という。れとのむんびす、という。
山の世のお書きという。

 蒲鉾山に毎日あがっている人である。高さ、約20〜30センチ
である。山には登らない人である。山へ行くといえば、蒲鉾道
である。ここの見という、世は花の世である、健康をかこつ
ことという。良山泊の人である。山々のお歩きという。

 ふと見た人とそ。『あれがお山である』、そういう山の見と。

 ある晴れた日のファーリラーという、一山超えて行く、
はるばるの、ぱりばるという。ぱりっとした背広の人である。
ファーリッパという、フランス社交人である。

 『パリの灯は美しきかな』 あれ山のおあゆふれるるせ、と。
これを、ヨーロッパと、先の世の後の世がいう。パリの灯と
いう。ファインという、語源である。ファリスラーという、
しんこうの山という。

 立派な人をファイビという。ファーレルのゆんまく、という。
オーベルニュー論発の、メテビという。ヒットラーの人とそ。
馬を引く人である。小さな馬を引く、子馬の連れという。

 この子馬をファブキ、、ハブキという。ハッピの語源である。
ありせる晴れ場という。このファブキ、ハブキという町に
テントを張った人という。火山見の丘の中腹である。
ここを、いばらのバラ川という。フーレルロンズという、
いまその山という。ばらの木の植わる場所という。

 綾なしの木という、ばらの木のことという。綾部の山魔の
お書きという。ここを、世界会議場という。世界会議の京都
アヤフレという。

 ばらの木造りの建物という。やとせらろんずの山という。
やっとこしょ、という。やっとこ場の場所という。歌うたいの
蓑という、蓑やらふるるく、れれせ、ろめる、すぽ、とそ。
これを、スポツという。世界会議のスポの津である。

 みまゆよっととそう、という。ようばるえてゆて、という。
ふれゆり山のお書きという。うれしい山である。とかせみの
歌という。とうつの山という。おるるくれてよての、ふくけく、
という。また歌を歌うとそ。ふくけくを、復(また)という、
先の世のあの世のこの世である。後の世ともいう。

 復来る山のお書きという。あやふるれもろく、という。
これを、れと、という。れと山数復のまたゆた、という。

かっちゃんの山という、中橋のかかる山とそ。勝山の歌という。
こしまのかた山という。小山歌の家という。うちのいとの家と
いう。中橋たもとの話である。たもと港の山 という。
そこを、蒲鉾という。まての山のお書きという。れてその山と
いう。

 ビクトリー連山の岩という。こし山の歌である。オーベル
ニューの井戸である。これを、いと、という。井戸の歌という。
かっちゃんという、かたよてのおゆれる、という。

 かっちゃんという井戸のはる車である。井戸の滑車のことを
いう。かっちゃん井戸という。ここを、こしまよま、という。
井戸回りをこしま、という。そこへ行く渡し道を、中橋という。
中橋場という、井戸回りの通じ用語である。かっちゃんともいう。
かっちゃん井戸の周りの言葉である。井戸回りをこしまという、
どこにでもあることである。

 このかっちゃん井戸をフアックという、ファック井戸という。
うれしい井戸の山という。お井戸山のお書きである。
蒲鉾数復の歌という。

 ばらの木の植わっていた井戸という。茨木の井戸という。
かっちゃんということをいう、井戸端会議のことをいう。
こしま山ともいう、中橋数用という、蒲鉾通りの言葉である。
蒲鉾道をかっちゃん道という。世界中至る所にある話という。

 こをオーベルニューという、ベルケルという、かみそまの
おてゆて、という、井戸のことをいう。井戸をゆばという、
おてゆばという、おてゆてという、井戸方言である。
お井戸言葉という。お井戸の歌という。

 オーベルニューの井戸という、クーベルタン・リンクツと
いう。アッホマックの山という、火山である。火をあげた、
あっこくま、という。あつれつの山という。蒲鉾道の火とも
いう。これを、平地奨という。平地の火山である。

 蒲鉾道にあがる火である。この火をファイヤーという、
ふぁいとの火という。ファ井戸の火という。後にイギリスへ
行く、ハイドさんである。ファッこくレーブーという。
ファルセの山のお書きという。円盤数用という井戸の円盤で
ある。滑車周りの丸い木の板、鉄の板という、円盤である。
ここを円盤御所という。この円盤をファーベルという、
後という、カーベルという。円盤の造りである。天高い
ところにある円盤である。

 この円盤のある場所を、イーという糸宮の板井戸という。
木で造った桶という。木桶さんの井戸という。井戸を木桶
という木桶井戸の山という。大切な円盤という、水汲みの
必需品である。

 オーファイビーという、立派な井戸という意という。これを、
イワイコールという。いわいこの山という。岩の井戸をイーユキ
という。イワユキ、イワイキともいう。後という、井戸をイキ、
ユキという。これを、イユの同意という言葉の音のことをいう。
これを、イー、イコール、二のイキ、という。イワイコールの
意味である。

 クーベルタン街道を行くロボットの馬という。小さい馬の
ことという。ロボットの犬のような馬である。蒲鉾道の
お散歩である。これを、豪傑御所という。

 歌に歌われた、『右手に血刀、弓手に手綱、馬場豊かな、
 〜』という歌である、民の歌である。
 
 血刀という、地が棚になったという、手綱という、棚の
吊りをいう、吊り棚の飾り馬という。天高くこえる馬である。

 ここで井戸の水を飲むという馬場の人という。これを、
馬場の天下という。名将の言いという。地が棚になったという、
革命の人という、名井をはせた人で、『この井戸の水は革命
的な味がする』というた人である、健康によい名井という。
これを、おう、という、後という、王と書く、名声の井戸で
ある。王井復古の文という。コンビニで売ってる水の話である。
名声をなす水である。オーベルニューという、火山のあった
場所の井戸である。

 フレンチ・コネクションの歌である。今の話という、後の人
という。みった山のお書きという。かおするれれそ、とそ。
フレンチをかって、という。かって井戸という。

 『かってくるぞと、勇ましく‥』という有名な歌の一解説で
ある。井戸水を、かってくる、という。井戸水を買うともいう
意味である。コンビミのコネクツという。コネクションの
古語である。

 フランクツという、フランクションのバッハマーという。
ば浜という、馬のいる浜という、馬の浜という。先ほどの名
馬と歩いた蒲鉾道である。この歩きをクッションという。

 『泉に水汲みにきて・・』という、ボヘミアの話という。
語るのも、名の井戸である。歌の井という。幸の井の玉の井の、
歌の井である。これがボヘミア民国の造りである。

 歌い木はばらである。歌い際という。名歌の解説である。
ボヘンミア民国というフランク王国の古い国である。
きょうの国、遥かよう、という春歌謡でもある。賀陽御所という
京都の御所である。歌謡御所ともいう。回る舞台の円盤がある
場所という。たくさんある話である。

 『若者がここへ来たら』という、後の歌詞という、民の意を
充分くんだ意という井という、言い意という井戸の井である。
いいいの文という、天下のい、ともいう。

 これを天下井(てんげしょう)という、半夏生(はんげしょう)の
いである。半天夏下(はんてんかげ)という、半夏生の次の
日である。この暦を、井戸の暦とそ。6月15、16をいう。
ハントンれっと、という、賀陽御所の暦である。今風の暦
である。二週間ほど遅れがあるという、季節が遅れたをいう、
れんろすうのみゆよって、とそ。よみゆりの話という。
可変の暦をいう、不定日暦とそ。半夏生という、賀陽御所の
言いである。半天下奨(はんてんげしょう)、半天夏奨(はん
てんかしょう)という、奨を商とも。

 中国の夏の商であるとも。万理の長城という場所である。

                     柳
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2571大原練習2191天の下2006ItaliaPassaggio チェコレグ(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-625617
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/12/07 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2543
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽