2019年10月19日

卒業4173Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4173京都船旅3073
古譜2073大原練習1973天の下2373 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/19、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
私に光あてては写す日の
微笑み見せて 小手立てては
用意! にこりと 木の影長い
赤染の楓小枝 今見る古写真に
懐かしい思い出 君の面影やさしさと

 狐の天気予報。〇r1960/07/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【Before USA, USA以前、ダラス国】
 
 『ダラス国 ありて原爆 落としたる
  リンカンしもの ゆきにたうとう』
  
 ダラスという大きな国という、地域という、直線空港国
ともいう、アラモからウィニペグ辺りまで。
 アメリカを三つにわった真ん中の国である。この英語が
ある。
 Light ライトという、 国を意味する。
 Roll  ロールという、 仮面を意味する。
 
White roll ホワイト・ロールという、白仮面のくみさば、
とぞる。これを、light mode ライト・モードという。

Rollを、『巻いて行く』意味に使い、ダラスの冠語を使う。
ローション・ロックという。これが、仮面のダラス国会と
いう。ダラスの国らむ、という、ダーレル・レーランという。
ダレス・ロックという、この『ダレス』が、雨にかかる、
アメリカを、『雨の国』という、古く、Rain Light レ
イン・ライトという、ダレールという、ダレスの意
という。『雨だれの世』という、ダラスの国である。
アメリカの、雨国の雨の意味である。ウーという、
フランス語のウーにかかることの意ともとぞる。ウーを
目という意とぞる。目の国という、これを、目雨の国と
いう、Rain Eye Light レイン・アイ・ライトという。
 この頃のアメリカという、スーフムのめゆれる、という。
【雨国】
 レインとアメリカをいう、うっ国という、うこくという。
雨国。この『う』が、フランス語のウになるひに、雨除けの
玉という、眼鏡をいう。この眼鏡の造りの話という。
全部、柳で作ってある眼鏡とぞふ。レンズを玉という、この
玉の造りという、光る玉という、柳の葉で作られている。
【柳の眼鏡】 
 柳葉玉という、柳の葉で作られた玉の眼鏡、とぞゆ。
やなぎをとるレンズという。目を、うがしま、という、麻生の
島の言いとぞる。これを、薫る言いという。後、香る言いとぞ
る。

 麻生の島という、麻生ごゆれの、麻の御所という、後とぞふ、
麻生御所という。この麻生御所の絵という、これが、江である
ひぃという。この『ひぃ』を、時という。日とも、分とも。
 行った日、行った分、行った時という。日時分の、時という、
意味である。
行った分という、行った時である。
行った日という、行った時である。
行った時という、行った時である。 皆、行った時という
意味であり、代表を、行った時という。時日分の時、と
いう。これが、麻生御所の出しである、麻生御所発である。
これの言いを、麻生大朗是(あそうたろうぜ)という、
大朗(だいろう、たろう)の言いという。大朗是。

 この言いが、『時を越えて』という言い、ともぜる。
一般に使う、行った時、という言い方である。行った日でも
あり、行った時分である。頃ともいう。時を越えた言いと
いう。太郎冠者が、これである。言いの話である。太郎
冠者の言いという。麻生冠者とも。麻生出のことをいう。

 これが、時を越えた、時代の改浜という、時代革命と
いう、健康安全を入れた、時代革命のことという。
時代革命宣告という、線国という、線を元にした国とす。

 この意味でせんごくという、宣言をいう、時代革命宣告
の、居間のことという。時代をいまという。これが、馨を
香にした時とぞふ。

 ライト・ローという、ライト・ロールのダラスの冠語の
タイムという、タイム・ロール・オールという、ライト・
ロールが掛かる言葉とぞふ。
【香光国】
 香光という、香光国という、チンタオという青島の
こみゆり、という、これを『巻いて行く』ロールの台原(
たいはら、だいげん)という。チンタオの巻きえき、という。
行きをえきという言葉とぞる。
【清国光緒帝母】
 チンタオという、青島の、さんずいという、清国のことを
巻きえき、という。中国の清(シン)のことをいう。光緒帝
という。

 これが、言葉の掛けである。
香港という、ホンというこうという言い方という、読みで
ある。Koh コーという、コーロワという読みという、香港。
ロワが帝である、ロワイの庭という。

 清(シン)にフランスが掛かり、古い北京という、北祥と
いう、北祥邦という、北京の周辺のことという。ここの、
コーを、ダブゼという、ダフネという、ダレセともいう。
コーが国である。
【美国】
 これが、雨国という、ウークーという、うこくという、
あまくにという。アメラッゼという、国をいう。
アメリカが掛かり、アメリカを、みっかく、という、時代
という。時代の美という、後、美国(ミークー)という、
中国語のアメリカである。

 これが、時代を掛けた雨という、言葉のことをいう。
雨の日の眼鏡という、ロール・アイという、ダラス冠話で
ある。

 このダラス冠話が、冠をロールということに、日をとる
という意がある、太陽のことである。この日をとることを、
アンビラーという、これが雨平という表しをする、ダラス
国の雨平という表記という、この漢字(雨平)が、このまま
アメリカにある、アメリカの地という、レイン・レベルと
いう。ロール・オンの発進の、雨日発進という、古く、
突風雨日の発進とぞる。

 フォートワース・レイン網という、エドワード空軍基地の
巻きという、同じ地域という、東にアトランタを巻きいれる
ダラス国という。直線の、逆T字になる。

 北のボイジー、スーフォールズ、ボストンという、直線を
入れて、ダフネルという、ダラス冠話である、ダブルの語源
である。キの字をまっすぐ書く表記という、ダフネル・スト
ラットンという、ダブル・ストレートのスーフォーという、
スーフォールズ航空である。後、リンカーン・ロックという
航路である。
【清手国、ダラス国】
 このダラスの雨という、これが、光をとるアンビラーの
雨傘という、雨傘を冠という、ヘッド・レイン・コックという
頭雨国と表すダラス冠という、雨傘を冠という、雨傘ダラスと
いう、これを、清光取という清雨手という、ダラスの清い頭手
という。清手国というダラスである。ダブル・ダラスの国という。

 これが、清酒を掛けたよい香りである。
 
 これで、香港という場所に、
清国(中国)、光緒帝
ダラス(雨国、アメリカ)
日本、時代
韓国、光宗、光徳 が、掛かる駄作者のお解という。
旭日旗という時代の旗である。
【雨傘革命、時代革命】
 これらが掛かる、雨傘革命、時代革命という。眼鏡をかけた
光緒という、光の矢、光線を遮る役目の眼鏡という、傘を持つ、
アンブレラの光緒という像という。若い人の御母上の像である、
尊く拝む人である。三日呼という像である。

 黒い旗が、日を白くという、黒光の讃日旗である。時代革命
という日本語でもある。

 ライト、ロールという、ダラス英語、ダラス冠話がある
香港ロールという。ロール・オールのことという。皆巻いて
行く光録の山のことである。

 イギリスのことをウェンという、黒いウィンチェスターという、
ブラック網という。黒いイギリスという、スチュアートという、
あっか山の黒包装という、黒い包装紙を使う、良国包装という。
これを、いん、という。陰。陰のめでという。ブラックのめでで
ある。黒い旗ともいう。

 後、黒紙廟という、黒い建物のことである。スチュアートの
意味という。須中暗の意味である。図案という、黒い紙の白線の
図面とも。スチューという、すなか黒という、暗黒の黒である。
暗黒を須中という。
【ノキア】
 これで、イギリスが掛かった香港という。古く、青島
(チンタオ)を、須中島という、香港を須中ノク、という。
韓国がノキアという、古い韓国の香港呼びである。

 言葉の掛かりである。香港に、古いダラス英語がある
ことという、タイム・ライト港という、香港港国という、
これを、香港港復という、香港光復である。香光国という、
タイム・ライト・ダブれるという。
【キ】
 ダブル・ライトを、ダブル・ストレート・ライトという、
キの字をまっすぐに書いた国の記という。ダラスのこととも。
古い地図記号の空港の印である。『キ』をまっすぐに書く、
縦棒のこと。

 港がダブった青島(チンタオ)朗島である。どちらも、
香港という。古い青島(チンタオ)である。薫りの島とも。

薫を香と書き、港を光と書き、光の復光、復港という。
光復香港、時代革命という、呼んで字の如く、
幸福本根である、時代革命の、健康幸福である。

 麻生御所を、復黒白ごぜ、ともいう、復黒復白の
麻植わる朝の御所とぞる。麻生え(朝映え)の黒闇という。
闇の香を光という、言葉の使いである。

 百万ドルの夜景という。その百万である。
『今沸いた』という紅茶の入れを、ウォーツという、
百万を、いまと読む、読まない今である。

 古い日本の旗という、旭日旗の薫島という。薫島旗で
ある。もとから香港の島の旗である。どこの国にでもある、
旭日旗、八光旗という。日は太陽のことでもある。
古いインカの旗、イギリスの旗ににていることという。
ロンドン・ウォーツという旭日旗のことをいう。
これを、カレードンれつ、という。カレーリアらんるくの
旗である。
【ダラスにある漢字】
香を、ホンと読む
港を、コンと読む
ダラス国の漢字の読みでもある。
足樽国という漢字の表記とも。
【光復町】 
 光復町というダラスのリンカンしもの町である。
リンカンにダラス省がある、そこの章である。キの真っすぐ
字である、旗である。真ん中日の丸の日章旗も使う。
キの真っすぐ字に逆V字を添える木の字の旗、章も使う、
リンカーン南の省である、ダラス・リンカーン章である。
リインカネーションという、ダラスの国の名前である。
転成輪廻の御国という、ダフネル・ネーションという。
寝る所のネルソンである。寝る子をたっとぶ国という、
【ネルソン】
寝〜所ん、という。古い丹波の黒生(くろう)の園生という、
そこの寝間であることという、言葉でもある。ネルソン提督
物語という。寝る村、寝る孫という、老尊の話という。
ネルソン楼の山という、リンカーンを祭る祭りという。
林間学校のことでもある。山小屋の尊びとも。
【立秋の民】
 立つ民衆という、立秋の民とも、アンブレ・セーラーズと
いう、尊い象である。香港の像という。光の効き目という、
サングラスをかけた目という、さんめがねのお書きという。
さんめがねという、『キ』の真っすぐ字であることとも。
【飛行機、空港の国】
 ソー・ダブル・ライトという三曲地という。これを、
六台という、六台地という、USA以前である。空港の
立国という。アメリカを飛行機の国という話である。
真ん中を芯という、ダラスの意味である。ダラス芯、
蝋燭の芯である。光の国という、ライトン国という。
ライト・オンである。USA以前の呼びである。
【香港冠話】
 香港を、ビーライトという、スチュアート期のイギリスの
呼びとも。香港をカーレクという、れみんその民国という。
民国の呼びという、青島入れた呼びである。
カンツァーレン・ファールレルという、香港冠語である、
ダラス冠話でもある。麻生御所の冠語である、カンツァー
という冠語のことである。

【蛍の光、原爆落とし】
Should auld aqeintance の歌。
『ひみこみ、かわれる、カンツァーレ、おうぎ、そみよる
りはべの、くみひこる、さみよる、あれる、おしこしの、
ふみやむつきひ、ひばよらの』
 古い日の国際連盟の、ダラス省の歌である。
 シュッド・オール ダクエイン タンツ、というアイル
ランドの歌の歌われという、ダラスの古いオールダックと
いう歌ともいう。タンツ、ビー、ファガッ(ト)、アン(ド)
、ネバー、ツルー、オブ、マインドという、原爆落としの
歌である。『〜マインド』の時に発射ボタンを押す、ソング・
スタッツの発射である。
 船舶、電車の古い日の見送りとも、歌を歌う見送り。
炊いた肉持って船送る人である。ダイタニック日和という、
手に拍子木の和船送りとも。

駄作者参考:
http://akinokori.sblo.jp/archives/20160120-1.html
卒業・試験・答案24船浦 (西山讃歌)

【たいたにく】
 遠足を、たいたにく、という、麻生御所の言葉である。
たいたという、よそという、他所のことである。
にくという、にべいき、という、これを、にくにべという、
にべら、にべる、にべそ、という三段活用という、ことの
楽器の琴をかけた、弾くことをにべという。
紅頬のにべ
こうかくのはるらく、という。
はるっせらんずうのお言いという。
たいたにくという、遠足、琴きき、という、琴を弾くこと
とも。この両の意味の、たいたにく、である。肉の炊いた
ものを持って歩くことという。弁当をたいたにく、という
言いである。遠足とも。

 たいたにく郷(ごう)の相南という、南面の天子という。
相対する南を、日当たり身という、見とも。麻生御所を
たいたにく郷という。おんごうという、御郷、炊き肉タニ
シのお持ちという、お餅とも、タニシを持って遠出する
ことという。旅にはタニシという。天子とは子供のこと
である。遠足の子供を、尼子、尼御子という。

 東へ行く時にも、先に西へ行って東へ行くという、歩き
のこととも、門出のこととも、歌が、シュッド・オールド
という出の意とぞる。蛍の光の、まがより光という、間を
とる門出という。古くの公卿の外出の時の作法という。
西へ少し行き、それから、南、東、北方面へ行く作法と
いう。とりあえず、西へ歩むという、西向きの太陽の現し
とぞず。太陽とともに生きる人という意味の歩みという。
麻生御所外浜歩き、という。
【しゃねく】
 麻生外朗三という、タイタニック外人という、しゃねく
の歩きという歩みである。しゃりという、炊いた肉のタ
ニシのご飯とも。タニシ肉をしゃれ、という。
しゃれみの歌ともいう、タイタニック・ソングである。
蛍楼という話である。

 便所で歌を歌い大便をする人ともいう、歌の切りで落とす
落とし方という、運落落としという。楽々の便という。
ジトンバ、ウントンベのことという、便所のことである。
黒御所という、麻生御所の隣の、相府御所という、そこの
言葉でもある。
 ジットン・ほうぜるの、ほうぎき、という。
原爆の音はくさかったという、音百歳(おとはくさい)
のことという。音年寄りの老尊ごくれくの言いという。
御所を尊所(そんじょ)という、御尊所(ごそんしょ)という
言いである。みなまれゆりの言いとも。
まれまらゆられ、おいる、おおお、という。
原爆を、みなまれ、という、元帥の語源という。
元帥を原水という、原水を元帥という、みなまれの言いと
いう。
【唱和源、げみこる】
 唱和源という、雅楽の唱和のこととも。演奏前の音合わせ
という、越天楽の
『ぼういつ〜』という、笙の唱和という、
『トラロ〜』という、笛の唱和という
・・・
・・・
 これをする雅楽という、麻生御所をしょうの御所という、
唱、笙。笙将の笛吹き大朗という、これを、闘唱という、
歌謡歌合い、歌合よき、という。よき御所という、鉞
(まさかり)を、よきという、麻生歌謡(麻生賀陽)ともいう。
歌のことを、麻生という、歌ごた、麻生樽(あそうたる、
あそたる)、という。雅楽を、げみこる、という。
麻生御所の言いである。これを、麻生芸るぎ、という、
後、芸子の言いになる。御町(おまち)芸者というのが、
これである、麻生芸者ともいう、歌手をもいう。

 駄作者の芸所見分である。原爆芸者という、幸多運者で
ある。偉い人の運という、黒壁便所の黒幕の人である
若い人である。
【くびあい、首相】
 芸者が、七条祇園の藤将を天篁という、おさげよきくく、
という。麻生天皇の芸者という、歌八番という、十八番の
麻生番という、得意のことである。天皇四番という、天皇と
呼ばれる藤の将という、大夫(たいふ)という、なっせ言い
という。来なっせ、行きなっせ、という言いの出とぞ。
粋な背の麻生大夫という、これを、首にろく、という、
後、くびあい、という、歌舞伎のこせよら、という、
歌舞伎に出てくる笛吹きを天皇連という、暖簾の語源である。
鳳輦(ほうれん)ともいう。藤将の乗り物という。
空気が乗っている乗り方である、鳳の屋根飾りが乗っている
物である、鳳輦者という、人は乗らないものである。
【鳳輦】
 鳳が乗者である、これを定者という、天皇の乗り物と
いう、鳳を天当渡者という、これを、かぶせ、という、
古くの歌舞伎の言いであることである。
歌舞伎をかぶせという七条祇園の定言という。かぶせ芸るぎ
の鳳輦送という、ホウレンソウが豊作の謂れという。
農作物をかぶせという、かぶせ豊作という、ジョック・ハッ
クスという、はくせらるうのお言いという。

 ホウレンソウの芳香という、大根島の縞模様という。
大根のせっ国という。大根の紋のとめるる、とそず、
謂れともとぞ。

 大根を乗せる鳳輦という。昔の、荷車という、引き
手をゴーカラという、クーリーともいう。荷車引きの
ことである。
【ドメイン】
 ダラスをドメイン発という、ダラスの鳳輦という、鳳輦
初国という、後、ドメインを国という。人が乗る鳳輦大根
人という、黒塗りのお召し列車である。ダラス天公という、
黒羽根のジェット機である、ドメインお召しという、
半月機左翼の乗り物である。 

冠を傘にする、アンブレラ・ハットン・ラークーのダラス
という、香港チャイニーのこととも。後、華蓋(かがい)、
天蓋(てんがい)とも。はながさ、きぬがさ。

 はながさ星、天皇大帝(北極星)を、はながさのように
飾るカシオペア星、五十番星などを含む十六星。
精選版日本国語大辞典より。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2073大原練習1973天の下2373 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39238
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@13上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@13
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽