2019年08月17日

卒業4039Italia Milano montagnaみらの山(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4039京都船旅2939
古譜1939大原練習1839天の下2239 Italia Milano montagnaみらの山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/16、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
今日 ミラノの見学する 崖の町
切り立つ土の巌 地中の谷 下も
見えぬ程の高山 ミラノ原 硬い土の
地 となり 傘の屋根は茶色 土造りの
家 立ち並ぶ

 狐の天気予報。〇r1960/05/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/6/16 柳。
 日本府任那、韓国にある。日本府任那、ここを柳府と
いう。柳の通りがあるミュンというミョンドンの町という。
柳を、ボードゥーという、ミョンホンともいう。
 膠着落街の世、まむらるやなふみ、とそ。
そうきょうの町、ボードゥーホンクキとそ。
街きわめて穏やか、柳たよ花、手に歌う、
観覧の湊家、アリラン山のお絵とそ。
朝鮮髪結い、カナダ・ランデブとそ。
 柳をたっとぶ国民という。朝鮮髪がその柳の形の
髪型である。
 柳髪たよよの国、ミョンランドンという、若い人の
柳の手、五柳手という。いとしとの、みやなぎ、
これを、とそ。正髪の髪という。朝鮮の国民である。
柳の木の上の建ち家という。ミョンドン・ホッチョム、
ミョンドン・ホッテムという。明堂柳という、村の家の
柳山の瀬戸という。京城の傍である。
若い人がいる家である。柳。
 カレードニー札賦という書きのことである。
カレードニアの絵とそ。韓国の柳植える人である、
ボードゥーダ・チャッキョンという。
キョンハー鉄宅とそ。
 韓国の冠語である、キョッピンとそ。キョンヒーとも
とそ。冠をメックァンという。
キョンハセラーという、韓国冠語の新しい言いとそ。
いかすみ料理の出た所である。韓国民食という。
いかのきょっぺという。  
【女衒】
 物を鑑定すること。
 女衒という、これを、是言とそ。世間のことをいう。
この、女衒を、勘亭語という、冠語で、ウォール・ファー、
ウォール・カンファーという。戦方、戦法という。

 戦いの方面、戦いの方法という、たた・め、たた・み、
という、冠語とそ。

【世渡り】
 これを、世間方面という、世間方面攻略という。
世渡りの場という、世渡りの法という。人生の一つ
でもある。戦う人生という表現という、軍政の人と
いう。勇む人である。

 普通の人の人生をいう、一つの表現方法でもある。
戦う人という。革命の人という。皆、健康と安全を手に
入れる言葉である。

 戦争という、戦争に健康と安全を入れる人とそ。
この戦争を、人生の闘いという。戦争と平和という
表しになる。

【虹】
 第虹大戦、第虹対戦という、虹を見て健康を祈る
人である。この虹を、商法という、西の見方と言う。
 あきない見方という。
 
 これらの言葉の解釈に、誤りはないことという。
戦争という話という。本来の戦争という、どんな
ものであるか、健康を手に入れることである。

 この戦争の言いに、社会が向かいつつあることをいう。
カレドニアン・スタイルという、カレドニアの、たたの手
という。良い社会が来つつあることを表す、素振り
手振りである。社会が、よいという量を増してきている
証左とそ。これを、復古の手という、上の意味の
戦争の復古という。
 健康安全を得た戦争という、これが、戦争と平和の
論を解く、アンナ・カレードニアという。アンナ・
カレーニナという人という、アンナカレーの作者
という、御所の、カレードニル戦法という。

【土を煮る】
 土を煮て使用する、土の使用という。壁に使う土
という。カレーニア壁という、土が煮てある壁とそ。

 鶯の壁という。若い人が、かべに向かい、鶯の鳴き
真似をする壁である。鶯が好む壁という。れれれ壁
ともいう。

 この壁が、嘆きの壁を出すという、万理の長城の
一部という、この御所を、万理平尚という、万理の
平のなおたい、という。ロボタン・ウォールという。
ロボスクという、ロボが好む壁という。

 万里の長城を、平坦な壁という。これが、カレド
ニアの期の造りである。この期は、旗の意味でもある。
六輪の旗のカレドニア旗とそ。

【万理の長城】
 この時の万理の長城、まっすぐな壁であったという。
板状の地球の頃とそ。これがぐにゃっと曲がったという。
これが、万理の長城の一つの造作の意義である。
丸くなって、どれくらい曲がるか、丸くなった曲率を
考える道標という。曲がったように丸くなった地球と
いう。壁の大切さという。ヨーロッパへも延びている
長城という。始皇帝という人という。

【板状の地球】
 地球の板状態の頃の人である。板地を知った人という。
秦始皇の慧眼という。

【戦争】
 それで、若い人はいう、この頃の戦争はいかがなものか
と、歴史に、健康と安全をいれてみよういう。この頃の
戦争がどういうものであるかの、一考察の方法となる。
 
 早速、いれてみた人である。
BC259年〜BC210年、毎年、毎日、柳の日である。
     世々、柳に問うを、机下という。
     机の勉学によると、書き入れた人である。
     健康安全を旨とする、机上勉学の目的。
     柳。
     という、日記を作った人とも。
     新思考という歴史論という。
     新思考の人である。
     そうきょうは、良い日々である。

【造作】
 これが結論である。戦争は、万理の長城を作ることを
表した言葉である、壁の建造の目的は、健康安全であった
ことという。
 秦始皇の戦いはこういう戦いであったという、健康と
安全を手に入れるものであったという。
 この秦始皇を柳という。柳王という。柳主王という。
竜樹という、インドの聖人という。柳樹という表記
もある人という。柳樹王という。

 これを、ルイ樹という、ルイ王という。フランスの
ルイ王がこの人である。歴史同一紀元説という。
年代順に並べられた歴史に、人名を、地名を曲解して
皆、同一の年代であるという見解をいう、新思考の
歴史という。

 この秦始皇が、復活して新思考になったという。
健康安全を主にした解釈とそ。これが、今の歴史の
教科書の歴史である。学校で教わる歴史
という。

 新思考を経由した、歴史である。健康と安全が
既に歴史に入っていることという。再び、この
歴史から健康を取り出す方法が、この曲解である。

 この曲解は、正しい話という。間違わない曲解
である。この脳の働き、言葉の働きである。
 秦始皇という人名に、すでに新思考がはいっている
という。これの延長である。柳の城という、万理の
長城の呼びとそ。

 柳城という、後、柳宮城という。竜宮城という一般の
言いである。竜の形になった話という。

【滔天】
 竜宮城は天にあるという。これを、滔天という。
宮崎滔天という有名な作家の名前に、宮とあり、滔天と
出て、辛亥革命の関係があるという、やはり、革命の
関系人である。健康をめざした人である。

 そういう歴史の解釈をする人である。『過去を
よくする』人である若い人である。国の過去をも
考える人である。

 竜王的解釈という新思考の人である。

【ひょっとこ】 
 ひょっとこの面という、滔天面という。竜が昇る
天である。やはり、竜がかかるのである。竜宮城は
御所のことであるという、ファーロン・キールン
という籠城という、竜がいる城である。蜥蜴と
いう影がその影である。

【プロントザウルス】
 プロントザウルスという竜がいる、竜宮城と
いう御所である。
 竜芯丸、六神丸、イリュウシンという、六を
リュウと読む、滔天読みという、やはり、六がつく、
薬による健康である。

 新思考による歴史健康注入という人である。
歴史から健康を取り出す思考法とも。

 女衒という是言の話である。勘亭語である。
物の鑑定に使う言葉とそ。

 戦争を上の文の意味で使うには、注釈を添える
ことである。

 一般常識では、戦争という言葉をこういう使い方
をしない。

 そうきょうのよい反戦という、戦争反対という、
現代の普通の使い方である。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1939大原練習1839天の下2239 Italia Milano montagnaみらの山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou37898
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@402上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@402
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽