2019年09月10日

卒業4105Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13(壮強太陽):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4105京都船旅3005
古譜2005大原練習1905天の下2305 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/10、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷

 狐の天気予報。〇r1960/06/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2001/7/7 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
 健康安全第一。
1950/1/1以前 毎日、そうきょうはよい時である。
2020/1/1以後 毎日、そうきょうはよい時である。
柳を植える。よいことです。
【五稜郭】
 若い人は、北海道にいる、五稜郭である。ネコヤナギが
植わっている地である。柳野城という。ここから、札幌へ
行くという。そういって、鉄車輪の車に乗る人という、
途中、大きな氷の山がある。

 目の前に、大きな氷の山が見えてきた。ここで、鉄製の
網を、車輪に被せ、車は、氷の山を登る。そんな行程で
ある。思い出が、脳裏をよぎる。

【高知土佐】
 ここは土佐の高知である。こう山しられる、くくせ
つつう、つつれる、おりゆ、せてよのやのふふ、という。

 若い人はいう、また、行くという北海道という。
土佐の軽山という、柳の滝という、滝下の柳のやという。
土佐の高知という、柳世船という、石製の船という、船が
見えた。

 ここ高知の石器時代という、石の船に座っている若い人
という、石製の槍という、これを、いわやすれ、という、
この前の言いという、いしやり、という。

 岩の槍という、大きな槍の山という、石鎚山という。
土佐もっこすという、槍の御地ともいう。鑓を持つのは、
四国である。この四国を、柳の戸、という、徒とも。

【山軽之国】
 あの岩が軽いという、山軽之国という、四国が浮いて
いるのは、黄泉のお蔭である。黄泉の影という。
黄泉映の影という、蔭という。この影は四国の影である。
どこに映るか、四国の下に映っているという。
上を、えいという、下をけという。えいけという。

 これを、えいなるや、という。はて、四国が浮いた話
という。あれは四国が浮いたという、丘であった時の地震と
いう。海の両際が上がったという、丘からの見という。
高知もっこす、という、おひらるえ、という。

 応法の歌という、この水が山のようになって出てきた
という丘上の桂浜見相という。これが槍を担ぐ姿の兵士
という。自由の女神の丘が見えた話という。

 アメリカ、ニューヨークの自由の女神のおなら、という。
大きなおならであった話である。このオナラの節が、
自由民権の維新の頃の歌である。

 ♪『自由民権おりをして、よりよるはーまのはたれより、
   豪気たるのめそゆられる』
 この山のお歌という。土佐みんべつ、という歌である。

 この歌が歌われたという、土佐の丘で聞こえたという、
頭に浮かんだのかもしれない、若い人である。

 これが山の歌であるという、自由の女神のおなららの
地震という。海に向かってされたという、これのことを、
おなられた、という、おなられという、おならをめでる
レデーゴーという。

【ピアニシモ】
 ピアノを弾く一発という、ブとやってピアノを弾く
ミスという、このおならの音を、ピアニシモという、
ニューヨーク・ロンドンの音という。自由の女神の
弾き手という。

 下品な話といわないのが、この槍の遣りという。
上品な話であるという、肥後みきし、という。
おならをひごという。これを、ひそれぎの言いという。

『おなら女』と言えば、『自由民権ですよ』という。
映画の遣りという。写せないのを、どう表現するか。
映画の観相という、映画のなられ、という。

 監督という人の采配である。おならの映画をいう。
なられのよみ、という。蘇る自信とそ。

 自身というオナラをいう、オナラの山のお蔭という。
四国石鎚山のお受けという。おならの匂う石樽の矢と
いう。四国四十ヶ所巡りという、お受けおならの旅と
いう。四国の、よそいわれ、という。

【坂本魂】
 このいわれが高知という、名の元という。高知県とそ。
自由民権という、坂本魂という。魂を込めてひるとという。
『こめひめの、おへをひく』という、『おへひく』という
京舞妓の言いという。これを、肥後やつ、という、土佐
ミスともいう。肥後みつ、とも。

 この鼬のだて、という、土佐みもらく、という。豪気
一発という。おならの習いという、土佐の塾のお書きとそ。

【石鎚山】
 土佐見のお映という。お映山という、石鎚山である。
えいざんという、えいざん山のお書きという。

 石鎚山のおならは、どこで匂うか、匂うの宮の語源と
いう。よく知っている話という、これを、しりて、という。

 知って話す、おっぴらげという、おひらきという。
ニューヨークの叔母という、女神の入浴という、入牢とも
いう。これを、脱藩、という坂本よまれぎ、という。
入浴中の風呂衣装である。

 浴衣でザブンという、ニューヨーク座という、民権音頭
という、おわら連るく、という。古い土佐の鼬だち、という。
これを、だて、という。だての土佐という。観劇の最後の
ほうをいう。劇、映画の最後のほうを、だて、という。
だて仕舞いとそ。おならがあれば、匂うにんの背、という。
人気でみよむ、とそ。人気でみよむの、くいさりぎ、という。

 ニューヨークの叔母のナイト・ゲイという、芸とそ。自由
民権ひとこぶし、という。土佐が浮いたという、うかず・
とめがら、という。とういるせも、とそ。とむせめっきく、
という。これを、芸道という。おならを出すゲイという。
げいろげ、という。月足山のお書きという。

【芸道】
 おならを一発するという、さて、この周りとそ、『芸に
ひっとらえる』話という、『芸道の親しみ』という。
おならをした人にそういうのである。おならをする話とそ。

【肥後】
 さたれ、という。おならを、さ、という。この言いが、
肥後の言いとそ。肥後れ山という、おならをした人をいう。
おならをした人を褒める言いとそ。
リバティー・ミッシヨン・ラールという、肥後れくの言い
という。ミス・スメルティーという。冠語の言いのえい花
という。ミス・バックスという。ばくせるよっくす、という。
これを、はなめる、という。ハップス・レーレという。
礼々花のお書きという。肥後モックス・バンブ-、ともいう。
もっくすを、もっこすという。肥後を褒める土佐とそ。

 おならを、肥後という、こえの後という。こえる肥料の
案の元である。案元という、この元を贋という。案贋(あん
がん)という、玩具のがんをいう、玩具の玩の字の元の造り
という。字源列という、字元とそ。

【コットウ】
 おならのじ、という、じみ山のお書きという。勇気を
出しておならをする、という。コットという、コットウ
ともいう。悪がつかないという、オナラである。
悪臭の話で、この『悪』が強いという意味である。
悪に強い話という。

 『生きて虜囚の辱めを受けず』という。おならをプっとする
人を虜囚という、反の意味に使う諺という、このことを、
良臭という、良臭のこと遣りという、槍とも。

 これが、石鎚の意味である。オナラをする人を、
石鎚遣り人という、佐賀肥後という、この『肥後』を、
されるけ、という。地名とおならの話である。

【奈良のうただれ】
 おなら元の奈良(楢、・・)という、奈良のうただれ、
という。歌手を、きたみよや、という。北面の歌手と
いう。歌手の動作の、マイクを持って下を見た時の
こととそ、黄泉が下にあるという。よよ花のえいがや、
という。映画の中の歌、歌手とそ。芸能の話である。

 下を見て歌う、このマイクを口上蘭という、こうげみ、
という。黄泉のかつらという、桂が浜を、黄泉の浜という。
生きている話の読みである。

 これが映る映山という、叡山という比叡山の映りとそ。
浮いた土佐槍という、比叡山のことでもある。土佐に
映ったという比叡山麓である。ここを、土佐見里という、
古い地名である。山麓を土佐ともいう古い地名の呼び
とそ。現今、使わない用語である。

 過去に元をとるお書きとそ。
 
 ♪『土佐の高知の・・・』という、はりま王という、
針の術の治しの歌とも。目の不具合の人の得意とも、針、
按摩の話ともいう。盲人という、土佐の医術をいう、
これを、盲目的肝生検という、肝臓の病の治しの歌でも
ある。坂本医学という、脳を見る意楽でもある。
脳の映りという、視野の話という、景色をたっとぶ言葉
でもある。

【語う】
 『語る』を、『かたう』という言葉の意味でもある。
かたいたますみ、という、言霊の冠語である。
かたるという、いざる意味ともいう。カタルという
病気の言葉である。これをいざるという、いて・去る
という。掛言葉のかたりの治しという。
病気が治るようにという意味とも。〜カタ、とそ。
いざりのやまげ、という。『おたたせみせます』と
いう、坂本のおたたせ、ともとそ。山麓の一軒家を
藪という見立てをする藪医の医者という。
土佐藪坂本という、名医の見立てとそ。病院を
尊ぶ話である。

 生命保険という、保険学のこととも、保険学の一部
である、生命保険の項とそ。家政学の一部でもある。

【会覧、躄方御所】
 保険を健康保険に絞れば、政府の名案である。国民の
義務という、全員加入という案の出とそ。えらい人である。
若い人の会う人である。土佐会覧という、土佐高知の古い
会議という。会議を会覧という、土佐の地の言葉という。
高知覧ともいう、会議のこととそ。たくさんの偉い人が
おられる高知という若い人がいう。駄作中の劇作人物
であるとも。若い人偉人伝という、伊人ミケランターナの
御おばあさんのお教えである。ミケランジェロのお連れと
いう。ミケランターナ先生である。土佐異人という御方
である。御学問所の両先生とそ、勉学に励む若い人である。
いざよう宮のお書きという。躄方御所という。
風呂場のことでもある、入浴方御勉学という、扁額の
造りでもある。

 そうきようよい時、健康談義よきよき。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2005大原練習1905天の下2305 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38558
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@552上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@552
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽