2019年09月11日

卒業4107Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13<(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4107京都船旅3007
古譜2007大原練習1907天の下2307 Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
紅葉の麓道 紫に葉々の色 御所みやなぎ
ところどろ 陽は改まり 黄泉の世に
おらるらる おいそよま 指針あらふの
御学問 甕服着られ 麁服 あらため服
着歩かれ 尊さの坂本の像のそば 秋匂う

 狐の天気予報。〇r1960/06/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1998/12/3 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。
御政府すすよら、めゆてゆ、そそす。
国会正門、大きな門の前に柳を植える。
柳の安全をたっとぶ造りという。門の前に柳を植える
話という。
 真正面に柳を植える、この建築の造りを、柳造(りゅう
ぞう)という。桜等、松等。 
【紀見伊二白】
 紀見伊(紀見井)あらため、とそ。
紀見伊二白という、二黒さっくれ、という。これを、きそ
きわ、という。紀見伊の川ゆれ、という。

 自祖の山という。じみとる・ういすす、という。この『
うい』、英書語という。『ういはる』という、えいせまの
ゆみらま、という。これを、紀見伊おっきす、という。
おいきすの山という。

 ここのこうちを、小内という。小内連絡という。小内の
おさり、という。これを、おさめ、という。おさりを、
おさめ、という。おさめ山とっくす、という。

【麁服】
 この言いを、持論という。この『持論』の『持』(モツ)
という、これを、麁服(あらたえ)という。麁服(あら
たえ)に、えま弓がなる、という。

 この『弓』が、弓の音である。これが、男児の誕生の
時に、弓を奮う、という。弓の音を聞かす習慣という。
女児の誕生に、きぬそや、という、きぬの音を聞かすという、
衣擦れの音という。これを、麁煮(あらたに)、という、
この麁煮(あらたに)を、あらため、という。

 あらための食という、だんたくの山という。この御所を
あらたえ御所という。紀伊二白という。きみすりの
やみもる、という。あらたえの御所を、しじょききによる、
川葺きやり、という。この『やり』に、遣りという字を
充てることを、御維新の一角という。

 これを、いそぐ遣り、という。いそぐ遣りのうたすい、
という。これを、てんそ、という。あるらる弓はる、
という。この言いに、そせよれ、ということの打ちをする。
この打ちを、小内という。小内だいしま、という。

 川ゆら連る、という。けっせるむみすみ、という。けね
てせのこきふらず、という。けねの山の絵という、この
書きに、新た絵、という。麁服を新た絵という。
あらゆらのふり川という、ふり川のきみすみ、という。
小内論という。この『論』を、りませま、という。

 川ふりのや、という、これを、紀見伊に白、という。
紀見伊ふた白という。白せふらすれ、という。
ふりららの山という。ふってふられる、紀見伊損川という。

 きみ山のお絵という。衣浜(きぬはま)山のおはまる、と
いう。ぺべっせ、という、ぺい論の山という。これを、
ぴっしふ、という。この言いの、ぺいじん、という。
べいじんを、ほくたく、という。これが、おをさによむ、
せんべる、という。

 おうちという黄泉に、さうちという黄泉という。
おうちこうち、という。おうちこうちのみにしめ、という。
みとゆとのうちるち、という。この『るち』を、るい浜と
いう。るいせら、とも。るもせる山という。

【凡河内躬恒】
凡河内 躬恒(おおしこうち の みつね、おうち、とも)と
いう、まんぜるのよろずは、という。まんぜるの『まん』
という、後の、『かん』とそ。かんの冠という、これを、
まん、という。

 凡河内の名という、人名のおうちこうち、とそ。小内の
ことという。読みをどちらも使う、漢字の読みという。
おうちとも読み、こうちとも読むことという。これを、
さうち、というひに、里という、この里を凡里(おうしざと、
おうちざと)という。

 凡の河内(こうち)という、どちらもこうちという、
凡と河内とそ。小内が語源である。

 おうちこうちのみつ、という、おうちこうちのみつね、
という。これを、きみそや、という。男児誕生の時の
弓添いの矢という。これを、かぶらね、という。かぶらや、
という。かぶら大根という、麁煮の大根という。

【麁服御所】
 この紀見伊の山のお絵という。大根御所という、大根の
紋の御所である。麁服御所という話という。あみすま山の
お書きという。男児着服という、女児てい浜、という。

【初冠】
 男児も女児も、大根を背負い歩むをいう、これが、麁服の
意味である。凡御所(おうしごしょ)ともいう。これが男児と
女児の年に六十を充てる、しょかん、という、男児三つ、
女児三つという年を、初冠という。この初冠の年を六十と
いう、これを、初冠たみはる、という。むその連れという。
凡御所御所きん川、という。この皮がある所を、みつね、
という。みつね川せらぞるせ、という。

 これを、躬恒と書く、見の弓という、大根背負いの恰好
という。子供に大根を背負わせる御所である。この大根を
弓という、この弓の着を服という。着服という初冠である。

 子供の農作業という、むそ連れ農業という。六十をむそ
という。子供の町名を願う農業という、この習慣をいう。
麁服御所という、これを、新た芽という。農業の興しとそ。

 これを、二白二黒(じはくじこく)という、後、じかりこ、
という麁服御所の言いとそ。じかりこの、おつめまる、
という。みずちの古い言いという、じかりこ、とそ。

 みずち弓原山の、ごくゆらふ、という、こめた山の記と
いう。大根背負いのお立ち様ゆり、という。これを、むそ
いざよい、という。いざ、ヨイという。

 四十の年に充てる、いざよい大根という。人生の暦という。
年のお書きとそ。長命の暦という、いざよい大根のお書き
という。

 御所の畑という、大根背負いの若い人という、あらため
御所にいる人である。これを、革命という。年をめでる
新た芽御所という。あらためる人である。あらためるの
『める』が、ほめるという、三つ子の膝行という。

 四十、六十の人の膝行でもある。安全歩行という。
風呂あらためをいう、風呂改革、風呂革命という、
風呂場に安全に歩むという、かえって、健康歩行と
いう。老人におすすめする、風呂場の滑りのなくし、
という、すめらなくしという、すべらなくしの麁服歩行
という。これを、あらためる、お改という。

【大改】
 大改の海という、風呂場のことである。水ついた、船水
という。風呂場の湯船という、これを大改という。
大改御所という御所である。あらためるすめりという、
すべりという。すめりやのお言いという。風呂屋を、
すめら屋という、すめり屋ともいう。すめらの義という、
風呂の義でもある。

 あらための記という、この文である。あらたえを、
あらためという。大改の勝山言いとい。後、大きな風呂
である。今の世の話という。

 麁煮、新た煮、新谷・・・・という。

 きくれござ、という。坂本の山の内のござ、という。
山内一豊の馬の像という、馬に乗らずに蓆の上の像拝み
という。馬に乗らない意という、馬には乗らない意味の
像である。

 鉄車輪の若い人という、鉄網かけの鉄車輪で、氷の山を
登る知恵とそ。馬に乗らない人の知恵である。
つるつるの氷だけの山という、そこを乗り越える車の若い
人である。山内一豊の馬という、目がピカッと光ったと
いう、そういう銅像の見方という、若い人の見方である。

 山内一豊医学という、土佐の医学である。古医法という、
健康の銅像という、

 『氷の山に登れるよ』というた銅像という。山内一豊の
銅像を土下座で見る若い人である、大きな氷の山を越えて
いる最中である。鉄車輪の車である。

 伊達(いたち)のプスリという、土佐のピカリという、薬の
ことである。銅像の馬の目が光ったという、薬が効いた話と
いう、薬造りの像でもある。
 すめらあらため路という、その銅像の周辺の道である。
滑らないようにいきなされ、といういざって行ってもよい
のである。

 体大切の衣という、これを凡河内衣という、着とも。
麁服御所の周辺をいざる路という。いざり道という。
三つの子に大根背負わせる週刊という、よつばの駒歩き、
という。大根御所のあらため、という。三つ子のかい浜
という、黄泉の御所の隣である。だっきせれるおる、と
いう、小崎御所の言いである。

【やないざ】
 御所のやないざの話という。やなぎ膝という、膝の言い
をする、やなぎ御門という。大根御所の門である。
御所の門をやなぎ門という、やなぎ大根という、大根をいう
農をたっとぶ、ありろる山という。冠の意味である。
大根冠という、大根の形に似せた冠とそ、四十、六十の人
ともいう、三つ子ともいう。

 この人生暦を使うあらため御所である。かいせや、という。

【植柳門】
 城の門の植柳門という、柳の植わる門という、これを、
正門という、正(やなぎ)門とそ。城に限らず、正門という
意味とそ。

 宮中御正門という、御誓文という、五か条の御誓文の
の文の意味である。紀見伊二白言いという。五か条を
ペンるり、という、瑠璃の御誓という、これが五稜郭と
いう、五つ子の山という。

 山内一豊御像の教えである。像の教えである。
 
 若い人解釈という、馬や動物に乗らない、乗り物に乗る
常識人という。氷の大山を自動車で登るという知恵も出て
くることという。

 駄作者注: 氷の山へ自動車で登るという真似はしない
  ようにお願します。


【会教】 
 氷の道行く、いざり着、麁服御所の服でもある。
紀見伊論れく、これを、いざる冠語という。躄冠語とも。
浜山のお磯着ともいう。
 麁服を改め服という。甕服という服もある。改めの
所という。会教の御所という、後、改京、海峡という。
会教は、古い日の表記である、海峡のこととも、べつの
意もある。

 そうきようのよいお書き、安全健康、老人思いとそ。
老人忖度、そんてす数用とそ。体の不自由な人という、
忖度要の用いという。川れる連、これなるを。
川の教えとも。

 木を、やなぎ、という言いとも、麁服御所発である。
木一般を、やなぎという。
三つ子やなぎ、やなぎみつ、という、年を、やなぎ、
という。これを、やないら、という。やなぎいり、
という。

【やなぎかっくす】
 体の不自由な人にやなぎをつける言いという、
やなぎしょくという、やなぎ色という。不自由な人をいう。
普通の人をやなぎ様という、これを色様レかという、逆にも
使う、人をやなぎつき、という言いである。
流儀がこれである。流れや・はれす、という。やなぎ発列
とそ。正常をやなぎという。

【坂本御所】
 御所の坂本龍馬という、尼崎の尼船という、麁服のふき
ゆみという、月琴の暗察をいう。その御所を
坂本という、龍馬是という。坂本御所のことを、麁服とも
いう。これが維新になる言いとそ。二千船ともとそ。

添え、麁服、新た絵という外環状のことである。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2007大原練習1907天の下2307 Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38578
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@155上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@155
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽