2020年02月13日

卒業4386-2e4ANGOLA Estrela 友ヶ島115星 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/11/07 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4386京都船旅3286
古譜2286大原練習2186天の下2586 ANGOLA Estrela 友ヶ島115星 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
月のその隣には台形の星がある頃
月の子供 大きな星 ドーンと空に
大座り 君が代の浜にも見えた 
友ヶ島の夜 天の下照らす大槌のよい夜

 狐の天気予報。〇r1998/11/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
 月の横には台形の大きな星。月の子供という。
箒星、喇叭状の星のある頃。突きが落ちて遊ぶ、星が飛ぶ
頃の地の自然。紫の雪降り、緑の雪降り、真夏に雪降り、
気が鳴く、一瞬の間の山の陥没、浮き上がり、地球の
自然である。北極には、氷なく、地があるという。
 ドロットン水域、水の盛り上がりとぞう。
 
【皇后発声、肩先発声】
 そうきょうよい時です。
 
 肩が斜めに下がっている日に、ここから声を発声す
る、一方法の服の造りとぞう。肩を、声さまに、とい
う、肩けわという、肩ゆたという、人の肩をいう。
これを、皇后とよふり、という。人体の声の発声である。
ソプラノを、天皇、天篁という、下を平成という、
ひょうじょうと読む平成の平声という、のち、平調という。
 人肩の斜めの先(埼、とも)、きさぎ、きさき、という。
これを、のつ、という、きさぎのつ、という。この『の
つ』を、后という、のちという。くうけら、という、
皇の后、これが、空である意という、肩先の先は、空
である。

 皇后を、空(くう)という、この空が、指揮者の、棒
を振る場という、これを、空場、棒空、棒場という。
 この空を、ぼんけという、ぼんけすともいう。後、
ぼんくら、という。これが、凡倉の言いである、盆
僧とも。ぼんを、よいという、この『よい』を宵と表記
することを、けっきょくという、結局の語源である。
良いと表記すれば、ぼんしょうという表記法になる。
梵鐘の語源である。盆良の言いとぞう。僧呂が使う、
梵語になる、盆良語という、盆宵語とぞ。同意とぞ。
============================= 挿入余

【皇暦(皇歴)】
 肩先用語の山ずき山、頭巾を被る人を皇暦(皇歴)という、
皇暦人の山という、頭巾が斜めになっているさまとい
う。これを、顔にすれば、すめら仮面という、仮面の
ことを、こうげ、という。皇華、香華。闇の釜ほき、
という、ローレルという。かっせば、という。かり
せらの山という。古い、栃江(とちえ)の言いという。
【栃木県】
 栃木県を、仮面ろき、という、ふってす言いという。
仮面ろきのお書きという。栃木県の古い言いであり、
呼びである。
 仮面前のこと、埼玉をろっこく、という。ろき言い
    という。ろきこく、とも。
 仮面後、顔めむという、いばつら、茨面、茨木と
    いう、ろきせまの言い。
 仮面横、いっすき、ふくぞえ、福島のこと。
 仮面横賦という、この『横』を『黄』という、黄譜
 という。福島、群馬を合わせて、黄譜という、黄賦
 とも。これを、譜賦という。それぞれの譜賦を、福島、
 群馬に充てることを、布譜(布賦ょという、これを、
 文べる、という、文通という、ぶんべるの言いという。
 ブンツ・ヤッキという。政治家の布陣の行動になる。
 これを、交合連別という、こうごうより出た言葉
 という。これを、かぞき文という、古い吉田連幕と
 いう、吉田学校の教えである。
 
 そうきょうろっこく、という、ろくせるの言いとぞず。
 面、能の面の分でもある。古い穂浦の風習である。
 
【仮面を被る御所の葬議】 
  後、葬儀に面を被る習わしという、御所の葬である。
 ダースベーダの面を被る指揮という。そうれむ山の
 お書きという。葬式に限らず、葬を伴わない式、
 式列に使うこととも、舞踏式という。発展して劇に
 なる。そうきょう列式、闇原のお書きという。
 
  そうきょうよい、やなぎ風である。やなぎ服に
 使う仮面という。これを、履談という、のち、段伯
 という、後、だんゆり、という、後、男爵という。
 宮中席次というのが、これでもある。皇后ばっ席、
 天皇ばっ席という、ばばんつのクロイツェルとい
 う。夜の御所の会議という、バーレルるう数のお言い
 という。ばばんつ、という。ばはん、ともいう。
 晩の席という、晩席の石の言いという、これを、
 いよ山という、いよ山席という、紫宸殿の前の場の
 言いである。交合ばばんつ、という。御所劣家の
 山という、御所を劣という、劣々のういふり、という。
 うい者という、平安朝の武者の言いとぞず。劣席者と
 いう、のち、列席者という。
 
  劣席者を、ねらすれという、ねりはらという、こ
 れが、柳原の名元である。柳をねりという、いねり
 という、いなるやな、いなる柳とぞそ。
【列石】 
  御所のことばには、やなぎがつく。これを、正
 (やなぎ)という。柳原正所という、御所のこと、
 劣さべという。劣辺みに山という、劣せる山という。
 自分を、劣雄(れつお)という、御所の人である。
 劣席人種という、御所外尊所の人である、後、
 スットンパーズという、ストン列石のこととぞう。
 石を並べる話である、縦に並べる、上をろみ闇(石)
 、下をレゴ(石)、中をチョ(石)という。
 レゴチョのレトロンという、石による癒しのことと
 いう。庭に石を重ねる景という。これを、軽という、
 軽景色という、石の景色である。軽石乱具の山とい
 う。ばばんつ列石の話という、劣れるらっすの山と
 いう。
 
  『そうらっす、そうらす』というのがこの言いで
 ある、『そうです』の意。劣雄チョこるく、これを、
 チョコレートという。チョコレートを石という見方
 をする言いとぞず。チョコレートが体によい話という。
  こうごうばばんつ、と言えば、チョコレートとい
 う、御所造りのチョコレートという、石焼きとも
 いう。焼きチョコレートというのが、これである。
  石という、チョコレート造りの一材料である、
 板焼きともいう、チョコレートである。
 
  板焼きをスレードという、スレードの板という、
 スレーダーのことである、古く板のことをいう。
 ギターの指板、スレーダーという、ギターをスレ
 ーダーという。月琴しっくという、月琴敷きである。
 これを、月琴こき、という、『し』と『ひ』の同意
 をいう。東京の言いという、しひのよいより、と
 いう、東宮の宮という、その言いでもある。
  板を『とう』という、とう宮の言いとそ。とぞとい
 山の、おすえ言いという。大お爺さんあられそわれ、
 東宮である。『ぐう』という宮である、寝ている人
 である。笹宮という、東宮の前の呼びである。
 笹宮サントスの言いである。このサントスが、ブラ
 ッセルのブラジリアという、ブラレル・ルックスという。
 ブラッセルラックの山という、ブラジルの地名の、
 古いポルトガル語という、ポルトン語である。
  ポレッセルの列石群ブラジルの町の列石様の造り
 とぞう。ポルトン・ラッセルという、アールランド・
 ラッセルという、ブラジルの古い地名である。
 Aarl land という綴りの書きとぞそ。streetと
 いう書きの綴り元である。 正(やなぎ)

【日記の効用】 

貝暦、我が輩は、おならをする会である。正(やなぎ)

 ある貝の日記、より。   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2286大原練習2186天の下2586 ANGOLA Estrela 友ヶ島115星 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou41368
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@130上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/11/07柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@130
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽