2021年04月15日

卒業9160 駒伊勢木倉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

腹を横に書く。  
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業9160京都船旅8060
古譜7060大原練習6960天の下7360 駒伊勢木倉(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


伴奏譜


    創曲、未来 良世・正(やなぎ) 俺 2021/04/13
    造詞、過去 優秀・正     俺 2021/04/13
    監修、雪柳理科夫・正     俺 2021/04/13
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷
道歩けば晴れ 交野軒体並ぶ
船着く港へ岩屋敷の壮観
加納闇 昼下がり 暗い濃い影
落としてる 軒下に人出で 笑み
話す ユーカリ語 聞くと楽しうれし
岩の都 町の屋の切る衣装
アイヌピリ衣装 駒伊勢の木倉


【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。20210413
【歌詞解説】
【交野】
【交野掩体、アイヌ】
 交野のアイヌ着、ピリヨンソウという。アイヌピリの
模様の衣装とぞそ。今のアイヌ着である。
 軒体という、家のことをいう。これが掩体である。
掩体という、大岩の住まいという。これが並んだ日の
交野の加納闇という場の行き、住まう日とぞそ。大きな
石をくりぬいた住まいの、あこすき、という。このこと
の意という、あこすきやり、という。交野の、ひまきる
はく、という。音の拍ともいう。色んな拍子を使う、
交野の音楽という。交野みゅんはく、という。りりんす、
ともいう。これが、交野の冠語である。靴語という。
口語である。交野冠白という言葉である。
 交野の山間の話という。この山の言いの、かんるれ、
という。かみせるれおん、とぞそ。かゆっせる、と
いう。交野のおっきす、という、皆、軒体のことである。
ここに暮らし、日をくるめ、という。くるめのやり、
という。交野の言いの言葉という。太陽をくるめという。
交野の言いである。おおゆまやり、という、交野の言葉
である。りおんせっかる、ともいう、言葉のことである。

 ここに暮らして、日中、歩き回り港へ行く、魚が
出てくる、ここの魚という、大きな魚で、口先が尖って
いる。その魚を釣る漁という、糸を一本垂らして釣る
漁法という。この漁法、京の御池の漁法でもある。
京都市役所前の大きな池の御池という、この池があった
頃の漁法でもある。若い人が住まっていた市役所である
、後のことという。

 交野の言いの、るる、という、言葉に『るる』と付
ける、『るる』を使う言葉という、交野の言葉とぞそ。
ヌールルという、魚ぬれくれ、という。
『大お婆さん、おらるるぬれるる』という、大お婆さ
んのお言葉の踏襲という。『おおやらや、浜せら』と
いう、るんすれの言いという。これの延伸がアイヌ語
である。
【北海道小樽】
 この日、北道という、今の北海道の小樽とりこい、
という、小樽のごっしょく、という、そこへ行く、
ピランズッ機という、空の飛行機のことという。
ピランという。この『ピラン』が、今の小樽の空港
のことの言いである。ピラン語という、空港の用語
である。交野軒体閣という、外郭の言いとぞそ。

 これが、外内遣り、という、ことの使いとぞそ。
ピラン語が空港の公語である。この公語を、けんすれ、
という、ピラン語のことである。

 当時のさりという、言葉をさりという。これが、
ピラン語である。軒体語ともいう。この軒体の家
から、タコロクという航路の使いという。この航路
、今の日本の自衛隊の航路の一つという。たこふきと
いう、航路という、タコロクのことである。

 交野を出て、京都へ向かう、当時西で、旋回して、
90度北へ行く、ここから小浜西へ出る、福井県小浜
という、ここから小樽へ向かう、これが、タコロク、
たこふきである。東方蘭録という航路である。

 交野のピリカはんくり、という、交野が、飛行
用語に使う言葉である。これを、交野口範録という、
後、交野交範という。ピリカ航路という。
【シャープ。ロットン】
 これが、交野軒体屋敷の飛行機という、その飛行
機の航路である。投表蘭という、らんせの言いという。
この飛行機、シャープ・ロットンという、たくさん
ある形の一形という。先が尖った飛行機という。
これで行く北海道の小樽である。速度が2000キロである。
高度1000メーター程である。2000の高度も使う、オール
・オートマチックという。手動と切り替えて使う気で
ある。いろんな離着陸をする。斜めきりふり、という、
空の中で、気を斜めにする、そのまま、はれやり、と
いう、ななめすうくう、という、大阪上空であるを
いう、阪大の域に使う航法である。一枚羽根、
二枚羽の、胴と並行の羽根である。大きいもので、
45人乗りである、超大型もある。これが、五条管制へ
飛来していたことという。五条管制が一部アイヌ語を
使う管制である。

 このころの服という、ピリカのえっぱすという、
えったくともいう、これの着のことという。ピリカ
ヨンという、ピリカヨンソウという。
【交野の音楽】
 四拍子と五拍子を一緒に合わせる律とぞそ。
シゴニジュウで合う律という。これを、音楽で
する、交野の音楽という。これの名残の歌とぞそ。
伴奏に四拍子で入っている、タンタンタタタタウンと
いう5拍子の中の四拍子である。ウンの休みを取り
省いて、続ければ今の四拍子である。五拍子の中に
ある四拍子という。交野軒体の拍子である。
他の伴奏にターンタ-ンタ-ンという伴奏が入っている
四拍子の五半四拍子である、すらす拍子である。
半拍ずらすひぃに、五半五という呼びをする、
交野交範律という、いろんな使い作る町という、
交野の音楽がこれである。軒体から生まれた律
という。交野みゅう拍という、交野の律の総称
である。ごんぱっくともいう。ぱっくすれえるうの
歌という、交野の歌である。めんたすともいう。
みゆっとの音楽という。古い日の阪大の律である。

 阪大の原子炉の律という、りんはる歌い律という。
交野通学という、阪大通学の飛行機のエンジンの
律ともぞ。これが、吹田がいう、高ゆりこう録と
いう、吹田の律の枚方目という、平片目とも。
律を混ぜて作る音楽のつくりという、3拍子から、
四拍子、五拍子という、曲になる。音楽の話
である。

 枚方の歌の造りがこれである、卒業6970
http://akinokori.sblo.jp/archives/20200816-1.html
の歌である、一曲である。

交野ジャンビアという歌が、一拍半と混ぜてある律
である、四拍子の中の三拍子をにおわせた五拍子を
におわせたという律である、交野の律である。
この律をごもすめという、ごのすいふりという。
よもすの律という。外国のような感じがする律と
いう。ジャンポスという、外国にある律とぞそ。

 古い日のカレードニアの律でもある。イギリス・
カレードニアである。スコットンロックという、
ロッコスの律とぞそ。三拍子を取り出すスコット
ランドの律とぞそ。歩みを四拍子でする、音楽を、
サンのゴでかけていく、ジャンギスの歩みという、
ういよえっぺぱ、という律である。この『ういよ
えっぺぱ』がアイヌ語である。スコットランド少
しかかる話という。論である、律の論である。
sotu8890
http://akinokori.sblo.jp/archives/20210312-1.html
駄作家の論である。歌は駄作である。そういうように
聞こえる話という、駄作隠しである。
レゾンレートルという、レゾンの意という、フランス
語のレゾンデートルである、駄作が存在するという
ことという。駄作者の説という。

 ジャンビアに二拍足して、六拍子にする、これが、
はちいつの音楽の一つである。論語のはちいつである。
孔子の音楽という、代表が越天楽である。酒池肉林の
楽という、越天楽のことである。坂道の木の実のなる
場の景とぞそ。酒池という坂道である、池阪光明とい
う、功名ケ辻野ことという、御所の辻である、そこの
木の実の楽である。酒池楽という別名である、越天楽
である。桃の宮の話である。

 諸葛孔明寮という、後 、孝明殿という、そこのこ
とである。功名が辻のところである。御所の小さな
一点である。中国のようなたくさんある御所という。
今の京都御所である。駄作者論である。

そうきょうよいお書き。A13.
***
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年04月14日

卒業9150 ボーンマスからモロッコ  (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

卒業9150 ボーンマスからモロッコ  (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳
腹を横に書く。  
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業9150京都船旅8050
古譜7050大原練習6950天の下7350 ボーンマスからモロッコ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 




    創曲、未来 良世・正(やなぎ) 俺 2021/04/12
    造詞、過去 優秀・正     俺 2021/04/12
    監修、雪柳理科夫・正     俺 2021/04/12
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷
シャープ・フロントは、モロッコへ行く
細い川越えて ジブラルタル沖越えて行く
リスボン岩の屋へよって タンジール、
ラバト 青い土の砂漠 家も青く
緑土の後の青い大陸 後で別れる
モルデの大陸が青い時に行った


【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
20210412
【アフリカ】
 地中海沿岸が緑色の土であった頃、少し黒が混ざっ
ていた、リスボンの岩屋という。リスボンのハテの場
である。ポットという、ポルトンの浜の岩のある場と
いう。
 古いイギリスのボーンマスから行った、ロケットと
いう日のシャープ・フロントである。ビースという、
ビース・ポルッツという、ボーンマスの浜である。
 ここから北のカレードニアへ行き、アイルランド
上空越えて南下、ミラノ回りで、リスボンへ行く、
シャープロックという、しゃくそうのえるて、
という、一つの航路である。
 ミラノの周りが崖があった頃である。ミラノの南が
崖であった頃という。土が黒いという、緑のかかった
黒色という。川が地中海の一部の川である。ここの
ミラノの沖という、今の平野である、川の頃である。
ミラノが後、沼をよる、ベナスのまよはく、という。
この『はく』、白の色の意味である。ベニスに白が
ある、主として土である。ここを、白背屋という、
日本の言いである。
 この頃の白が、後、アフリカが白くなる、アフリカ
より少し早く白かった頃という。白い雪が降ったこと
ともいう。雪に白い色がある頃である。ここを、
ミルキー・パウダーという、ロンドンの赤い雪という。
これを、ロンドン紅白という。
 このベニスに英語の言葉が残る、英語をパウレルと
いう、はっての言葉という。
 イタリアの脳の言いが、ノッツェン・ブラットと
いう、脳洛の言いという、ノッツェンの森の言いと
ぞそ。これで、ノーツェが、野をいう、脳の部位の
名前である。イタリアを脳白世(のうはくよ、のう
はくせい)という、白い脳の国という。これが、
ビッツの一つの意味である。イタリアの脳という。
 主として趣向儀容に秀でる脳の使いという、この
使いをする、イタリアのミラノという、ベニスとも。
大地の影響という。
 アフリカの白い土という、この時のことを、アフ
サミ、という、アフリカの古名という。古い白い大
地である。南アメリカとアフリカが一緒の頃である。
 これが、後に、アフリカをパッキという、パキの
大地という、この言いのある、ミラノの町という。
これが、ミラノを、沼やり、という言いをする日本の
言いという。イギリスからミラノへ行く時に、
ビッツ・モッコクという、モッコクを経て、ミラノへ
行く。
 モッコクが、今のフランコの言いの国の名という、
スペインの古い名という、フランク王国という時の
行きという、このフランク王国がベルギーの国である。
大部分がベルギーである。白がある国の言いの、ベル
ギーという、ベルギーの英仏という。ベルギーの
フランク王国という、ここを、白亞閣という、白い
土がある、フランク王国という。
 後、この白を、ギリシャの代表にとる、パルテスと
いう、パルテスの頃に、白い国というギリシャを指す、
ギリシャのフランク王国という、ギリシャが代表に
なる時の、アテネのよりという、アテネへ寄って、
パルタスという、ソックロクの言葉を使う頃の、
ギリシャの滞在という、この時パルテノン神殿が
白かったという。

そうきょうよいお書き。A12.
***
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年04月11日

卒業9143 Sorrow

To Britain People,
my writing with deep sorrow.

O'Highness would went To alive, realive place.
O'He O'went To far place, O'went To Reincarnation
Land, Eternal Land.
People to remain are with sorrow.
The style of O'His O'Highness O'Philip
of The Mirror Country would be always
reflected in the mind mirror.
I would pray that O'relative around O'Him O'Philip and
Britain O'people would be without power down.
With sorrow, with deep sorrow, I would be.

from boyz in Meeban cock
I would hope that there is not rudeness
in the sentence.
===
Olden English, words of Mirror Country
in my memory.
Would went, old saying, in my memory.
O' is polite, respected word, Japanese o, お。

I would not understand English,
difficult, English.
Sokyo. translated by Google.
しばらく音楽、休みます。
posted by 秋残り at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年04月10日

卒業9130 流れ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

腹を横に書く。  
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業9130京都船旅8030
古譜7030大原練習6930天の下7330 涙流れ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 





伴奏譜


    創曲、未来 良世・正(やなぎ) 俺 2021/04/09
    造詞、過去 優秀・正     俺 2021/04/09
    監修、雪柳理科夫・正     俺 2021/04/09
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷
おれの裏切りの坂、立ち見上げる桜坂
腰にサーベルを下げ 拳銃、手に仁王立ち
恨みはらす丘(うらみはらすかが) 暗い暗いい
(闇に暗い) 反逆の道 月だけが 照らして
くれた 波棚がれをきる日 故郷は変わり
変わる 指さして打つ 明日

  棚に並ぶ大砲打つ波棚がれ ねらう山は
  崩れ落つ 玉に倒れ 高い山拝して打つ
  なみだながれ、的は向かい 俺は手握る
  暗い夜、浦見に行く 山高き
  
なみだながれ 打ち打つ 土煙の上がり見る
俺は山を拝して頭垂れて打ちに打つ 手を
上げた山は崩れ落ちる 半客の道 花崎の
おれ立つ峠 今、思い出せば 過ぎゆきた
日の ここより高い山 大きな山






【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
20210408
【歌詞解説】
【反逆の里】
これを、ふれざらすらるり、という、反逆の里という。
的は向かい、これを、てき、という。
【山を崩御という】
 山を崩御という言いをする、崩れ落ちを、ほうすめ、
という。ほうれる、ともいう。ほれる、という。
これが、山の言いの、山をおろがむ言葉である。
山拝という。参拝の山という。山を尊ぶことという。
崇めるという、やまそう、という、これを、そうきょう
という。山を崇める意である、一意である。山の宗と
いう。山づる闇やる、という。山背の言いの、はらぜき
遣り、という。『せき』の付く所の方言の元である。
【山をきという】
 山を『き』という。『なみだながれて、きは向かい』
という、この『き』が山の意である。せきの方言である。
山ぜきの、かんさき、という。冠語をかんさきという。
かんめすともいう。かんれるの言いという。
みゆってすのお書きという。『みゆ』が山の麓である。
『せき』のことを言う、『みゆ』という。
【せき、せり、みゆ】
 みゆらる言いのせきげ、という。これを、せきの
言葉という。京都の古いせき、という、みゆという。

 『みゆらる・さませれ』という。さまがせる場所と
いう。『せる』の言葉の出という。今の『せり』という、
昔の『せりす』である、せりの一意である。
 山に関するせりという、山ぜりの、せりすり、という。
崖っぷちの意である。なだらかな所を、がっぺく、と
いう、がりるりという、がりせるという。この『せる』
が、『せり』である。
【尾根をもねという】
 後、山の谷間のような景の所をいう。これを、
れうてる、という、みばんふ、という、みよてる、
という。ややもねの言いという。『もね』という、
山の尾根である。
【ガレ】
 るおせの山の言い。るおるという、おりらる山の
ひやり、とぞ。山を尊ぶことの言いとぞそ。山をおろ
がむ日の歌、るおるれんせる、という。れったふった
の言いという。場所が崖のある所である。ガレという。

 波棚がれ、という、棚が崖のことである。京都の
下之棚、上之棚、通り名に残る崖のことという。京都
に崖があった頃の言いという。るおれるさんぶ、という。
山部という山の辺りの言いという。やまっしょ、とも
いう。山所、山っ所。これを、まかせま、という。
 『そら、よいとよいやまっか』という、この『やまっ
か』の意という、山の部という、山辺のことである。
一意という。

 波棚がれ、波で水の意が添う場である。崖っぷちの
川流れという。波棚という、一般名詞である。

 魚の棚のことを、なみどころという、なみしょという。
これが、水屋(みずや)という、台所の食べ物を置く所で
ある。棚という。戸のついすた棚という、戸棚という。

 食べ物のおくやり、という、戸棚のことである。
しもれる場の言いという。これを、おいるり、という。
おいせ、ともいう。いせの戸棚という、『い』が水の
ことである。『せ』が置き場である。

 『せっせっせ』という、戸棚を意味する言葉とも。
 『せっせっせ、すちゃらか、すちゃらか、
 すちゃらか、ほい』という、大お爺さんお下げ下さる
食べ物のことである。

 すっとんぶ、という石の食器である、石器食という、
石器を使う人の言葉である。石器以外にも使う言葉
である。
【秋田ドンパン】
 『ドンパン裏打ち浦田辺、よいほらやっきの、くしょ
  はずれ、ろいそむはんみの、くそゆかれ』という、
  秋田ドンパンの冠語の歌である。歌語という。
  
  くそくめるみのくみ、という、『くそ』が『山ぐ
 そ』という、山のガレである、崖である。山の高い
 所の、くしょの歌である。その場の歌の歌詞の一部で
 ある。
 
 『ドンパン、たなそみ、ゆき、はなる、れんそる
  かっけの、おりしょめら、るおるるかんさの、
  けけ、はめす』 山の景の歌である。
  
  いろいろ歌詞ががあるドンパン節の一部である。
  
 Kekehamesu、これを、Kekewamesu という。
どちらも同じ意味で使う、よりす遣りという。言葉の
ことである。

 大お爺さん御教え、ありてはなせむ、ててはる、
そみすよ。何事も大お爺さんの仰る通り、若い人の
行動である。そうきょうの人である。操京。操今日。
そうきょうに、場と時がある。

 反逆の道とは、坂道のこと。

そうきょうよいお書き。A08.
***
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年04月09日

卒業9120 灰色の日(駄作者に捧げる歌) (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

腹を横に書く。  
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業9120京都船旅8020
古譜7020大原練習6920天の下7320 灰色の日(駄作者に捧げる歌)(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 




    創曲、未来 良世・正(やなぎ) 俺 2021/04/08
    造詞、過去 優秀・正     俺 2021/04/08
    監修、雪柳理科夫・正     俺 2021/04/08
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷
君が見た空は 灰色の雲 大きく
勢いの暗い 雨もよおしの日隠れ
曇り空 日は見えず 暗い景色
明日も続くのだろう そう思う
夢なり宮拝み帰る 灰色雲仰ぎ
拝む 暗い色の日


【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
20210408
芸プロ見習い。
『君っ、君ね、これね、駄作者に捧げる歌だ、
 暗い、恨み続け・・、裏切りが実現する、・・
 君の本文でしょう? 『シリーズ暗い』でしょう?』

   『暗く書けば、泣かせるかもしれないと
    ・・思って、・・・』
『君、これで、売れるでしょうかって、暗黒の町、
 どこにあるんだね?・・・これが行進曲?、・・
 三角の目とか・・・えっ、五拍子の行進曲なの?』

   『これは、行進曲です。』

『下向いて歩くのかね?』
   『世の中には、暗い人だっていますヨ』
『世の中?、一寸先は闇?』
   『ベートーベン、シューベルトをめざして
    ・・・・運命だってそうです。・・・・
    重苦しい雰囲気で始まり・・』
『君、君の曲と、ベートーベンの曲とを比べよと
 言うの?・・君ね、こういう歌を捧げられてい
 るのだよ。』

   『これから、ひょっとすれば、歌が世間に
    受け入れられるかもしれない?・・泣かせる
    ところもいるのだと・・・・』

『君ねぇ、浦霧・・と、裏、見晴らしがよい、・・
 君の曲解だ、曲解説だよ・・・子の刻参りとか・
 そうじゃないのかね』

   『俺という人がおられまして、俺はあくま
    で暗いのだ・・・こういっておられるのです、
    この辺で、その人のテーマでいこうかと、
    コネクションとか、ハード・ボイルド、
    まあ、その辺です。よい・・
    でしょうか。』
『えっ。三角の目、音楽用語なの。暗い日の行進なの?
 誰が駄作者なの?』

   『私じゃないですよ』

 名曲家らしいです。

そうきょうよいお書き。A08.
***
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽