2018年11月19日

卒業3391京都船旅2291古譜1291大原練習1191天の下1591 キーボード御公 文だけ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3391京都船旅2291
古譜1291大原練習1191天の下1591 キーボード御公(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/19、柳晴
     創曲、Aguia Azul
     造詞、Gurisayama
     監修、岩里朋子
     訳  イルカ漁師(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AMagix 使用
  Bwaontukuri 駄作者製
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/08/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【勝山】
あすなろ道路、勝山市獺ケ口の奥から金沢へ行く道。
金沢をあすという、場所という。あすの山という。
 勝山奥の石崎という、いしわ山の麓という。ここを、あすみち、
という。あすなろうのやや、という。これが、かみ山のゆめ、という。
 せせやさのうた、という。いわせるややという。みゆやすの山と
 いう。みてはなともいう。福井のきみこまという。きそれともいう。
きすの山のお書きという。福井日記、いちひろゆお書き。
 いずれの山のはなゆ、ろるくるゆゆせ、とれるせた、とそ。
あくるゆ、め、そすゆ。ころれる(ころくる、ともいう)、けまはのゆゆ
せという。ゆるゆゆめゆ、せせるすれる、せむすかられ、かおらゆゆふ。
これなるを。いちひろゆ、みゆ浜おかれ、おかゆ、せせたる、るるす、
せるす、せろる、これをゆめゆという。
 いまゆわ、はなゆ、ころふせるれ、ころくゆゆす、ゆるゆ、ころるる、
はなみせとゆて、ふくるれれふ、これをろろという。
ろろす山のお書きという。
 かなゆ、はらゆ、けぶるすする、せめるすれふ、そよふれれす。
これを、めすゆ、という。いちひろらる、せむれる、れるほ、
ほてふ、ほてす。
 金沢もっく、これを、らろ、という。めすゆ、るるす、これを
ふめという。えすの山のふふゆれ、という。
 わがはなゆ、ほぬゆ、うるふ、ここれるるるほ、これたるを。
ななよのはな、これなり。
 お爺さんやありる。るみふる、おありる、せせるる、はなゆ、
 せむす。れれそ山、これを、おお、おおお、という。これの言いの場とそ。
勝山奥、わが故郷のはなれとそ。故郷ゆゆす、れれふ、すせそ。するす、
故郷ありよ、ありるる、あふたるすむす、これをみという。
【故郷】
 故郷、なつかしく、あるにや。あるれる、ふるれ、かなゆ、ありという。
かなれのさわ、という。金沢である。今の石川の金沢である。
 とみふられ、かなゆ、かなれるすむす、これをよどほめ、という。
金沢のゆゆ、という。京を発ちて、いくつど、離れる、谷やらありたり。
なつかしくあるにや。金沢ゆ、いきゆ。そみす。
 我が旅、ありてありる。なつかしきはなゆ、たかゆ、たかみ、たかみや、
ありすゆ。いきゆ。いくゆ、ゆゆれ、ほめるれ。
 勝山ゆ、おばらる、おばゆ、ゆおば、れれす。すするかゆ、いた山の
おつるありる。ありせせせす。るるふる山だれ、山穴入りたり、いきゆ、
いくゆ、我が旅ありてありす。ここゆ、金沢ゆっこし、すする、いきたし。
つきるく、るる足すすむをすするとそ。足、紐で結わえ、谷ゆ、越えゆ。
谷越え之き、歩き歩くゆ、おほんゆ、おほん年七つゆ。七つの時の金沢行である。
 山相(やまあい)傘ゆ、脚絆巻きをきつく結わえ、足ゆほどゆ、進む、
七つゆ、歩きゆ、歩きつ。ゆきゆきつ、るるす。山だれ、あまや(雨や)、
降りつ降りる。ふふる山の雨、きつゆ、きっきく、から山越え越え、
がゆ越ゆ。(がれのことをがゆとそ。)これゆ、我が花見ありゆ。
 七つ立ち、我が名なるを。七つゆ、男児七にして、越ゆ行く。はせらら、
ありてそ、るるす、ゆるゆ。足痛むをこらゆ。足、山、来たり来たり、
七ゆ、すすゆ。汗こられ、さむする。おじゆ、おむゆ、おるゆ、
おむせらせせる、これをろろふるという。ろろすの山という。七つ山、
ここなるを。(これなるを。)
 おじの話である。アッンレームルのおじとそ。おじいわ、ありてゆ、
おじるすむる。我が旅路とそ。あいたき、ありるありる。
 昔ゆ、せせら、しょいご、ありてそ。これゆ。これを、背負う子とそ。
 勝山越え、ありす、ふなゆ(ふねという)、ふなごえの旅路である。
【七つ子の旅】
 京都船旅ゆ、ありるゆ、ありせ、我が旅なり。勝山航路、奥飛騨ゆ、
 行きてし行くゆ。見てしふるゆ。だんそん山のお書きという。
 七つの旅である。ゆめゆ、これを、ゆるゆる、という。
ゆめゆめゆるゆ、ゆめゆるゆ、とそ。
 岩ゆ、はなられ、せせる、するっく、せくす、れれす、我がゆ、
 ありてるるる。いきるゆ、行きてし、着くる。頃、ほ山という。
 ほの山のことという。ここを、あるゆはるらる、という、
 ここを越えて、春が行くをいう。夏ゆ、ころる。夏ゆっこし、
 ありす。ありるありる、我がゆ、ゆみゆめ、これなるを。
 ゆめをうつれという。夢映りの花という。我が名、七つとそ。
 これを覚えという。中蜜という、憶えの一つである。忘れゆ、思い出すゆ。
これを、だんめる、という。だんそんめっく、ともいう。
中(ちゅうょらる書きゆ、かりすかりほ、我がゆ、わそゆ、れれほ、ゆゆれ。
ゆゆれる、谷瑠璃という、花ゆ、名ゆ。名ゆよ、名の世、これなるを。
 我が書き、ありてるるす、るるる、旅ゆ、足せ、せせるおるれる。
 これを、ぴっくす、という。後、えいはな、という。英語である。
ぴっくすという、古英語である。ピクニーの山という。これを、おろそ、
という。おろしあ、という。おろしあ書きである。
山ふのおとれ、名を劣るという。小林劣である。そがき、
これなるを。劣る人である。我が名のことをいう。駄作者の書きである。

【空前絶後】
 空前絶後の空想である。楽しき書きという。勝山から金沢へ
歩いて 行ったという、作者の空の想いである。空を見ていて、
雲になった話という。
 山越え谷越えの雲行きである。そういう蒲鉾道である。これを、
質運の書という。七雲という。七つ立ちの雲である。山に雲が立つ
立ちとそ。七本の刃の剣である。七つの山があったという、
七つの雲があった話という。
 ぼうっと空を見ていたら、ぼうとという、船のことやったと
いう。船で越えたという、山登りの船という。京都からそう
してやって来たという。金山信山児である。むなの山のお書きと
いう。 雲が船であった話という。空山の空山児という、駄作家の
作話元である。空想作家にもならない話という。何のために書く
のであろうか。えらいことを始めた人という。浅はか頭脳の
丸出しという。
【名谷坂】

有名作家を超えるという、名谷坂の越えという。キーボード山お書き、
これなるを。 有名な獺ケ口という所である。
 獺ケ口手元、キーボード・オン公である。
【嘘が口】
 嘘が口という、名乗りたい名前である。キーボード・オン公と
いう人である。手元不十分という。難しいキーボードである。
ワープロという、プロが廃ったという、いわずもがなである。
駄作家お書き、これという。
 コンピューターという、いずれもキーボード・オン公である。
ゆきゆく旅路は、キーボードの手である。雲流れながら書き給う、
お書きという。キーボード・オン公とそ。キーボード御公と書く
人とそ。我が世ありてゆ、という、キーボード御公の言葉で
ある。キーボード用の言葉という一種の解である。
【七つ立ち】
 七つ立ちという、七年程前という、えらいことを始めたもの
である。駄作の連続である。世に反映するという、夢々ゆるゆ、
である。
【江戸時代】
 お江戸日本橋という、勝ち高山瀑布である。江戸時代からの
瀑裏である。滝裏壺お書きという、幕府航海文書である、
公開文という。
 ビル高山、沢山ある、沢山詣でという、江戸時代の旅を
脚絆という。
秋残り国品館蔵である絵による。手元乱れ乱れ、心にやあらん、
キーボード難民お書き、これなるを。

【難民、ヒトラー】
打てども、打てども、やってくる間違いという、敵という。
最後の一字たりともまでという、戦陣訓に有名である。
ヒトラー訓である。『間違い打ちはならん』という、鋭い人で
ある。最後の一字という、戦場である。これを、戦争という、
戦争がよいという。
 乱れ打ちを慎むという。間違い打ちだらけである。
『最後の一字まで!』、そういう人等の教えという、
ヒットラー訓である。
大和本陣では、『うちてしやまむん』という。戦争という、
難民も出てくる話である。
我が戦い、尊きという、御公という、戦構えの文である。
キーボード御行、秋花の乱れ散るを良しとそ。紅葉軍艦奉行、
山麓の紅葉軍艦より見参、見るを楽しむ人である。
【キーボード山麓御幸】
 秋紅葉の乱れ散り、日記などしてみむとす、乱れ打ち混じりて、
あなかしこ、ああ弟よ、君を泣く、手元乱れの打ち、いさおしを
立てんとす、心して打ち給え。最後の一字まで、ヒットラー訓添え
てぞ、間違いなきよう、手元狂わさぬよう、打ち給え。
戦場の花、紅葉の旅路、君が打ちによる、後、いさおしとそ。
 キーボード打ち、よきによきに。
Mr. Atom Lucky Ager, "Keyboard report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1291大原練習1191天の下1591 キーボード御公(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3918
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年11月18日

卒業3390京都船旅2290古譜1290大原練習1190天の下1590 NoiteVermelha 赤夜(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3390京都船旅2290
古譜1290大原練習1190天の下1590 NoiteVermelha 赤夜(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/18、柳晴
     創曲、Aguia Azul
     造詞、Gurisayama
     監修、岩里朋子
     訳  イルカ漁師(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AMagix 使用
  Bwaontukuri 駄作者製
【歌詞】創郷 
赤い虹 赤い柳 赤い岩 赤い山
村人は赤い服 花飾り 赤の山
見上げた 花赤岩の頂に家は立つ
虹の下 天の下 赤世界 陽はなくて
赤い夜の日 我見たり 赤い夜はありるる

 狐の天気予報。〇r1918/08/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【Magix】
 Magixの自動作曲機能を使いました。コードが出てきますので
このコードを、waontukuriにいれます。あうような形式を選びます。
これでOKです。少し手を入れ、旋律にしました。ほとんど
でてきたままです。
Magixはそのままで、手を付けずです。
簡単にできます。
 waontukuriのお影です。
 
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1290大原練習1190天の下1590 NoiteVermelha 赤夜(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3908
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/13柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年11月17日

卒業3389京都船旅2289古譜1289大原練習1189天の下1589 PortugalAguia 鷲(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3389京都船旅2289
古譜1289大原練習1189天の下1589 PortugalAguia 鷲(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/17、柳晴
     創曲、Aguia Azul
     造詞、Gurisayama
     監修、岩里朋子
     訳  イルカ漁師(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AMagix 使用
  Bwaontukuri 駄作者製
【歌詞】創郷 
鷲がくる花の岸の丘 岩山 海の
橋から見てた 我が故国 世界に
聳える花の山 岩の山 港に着いた
船から見てた 字は人笑んでる
ようこそと迎えては方には荒鷲
  日てる都鼻 指指して あの岩
  目をやると 共の鷲 嘴に白花
  岩にも花が咲き肩合いのその人
  案内に先んずる荒鷲の飛ぶ先
  四つん這い登る家 下には荒海


 狐の天気予報。〇r1918/08/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【Magix】
 Magixの自動作曲機能を使いました。コードが出てきますので
このコードを、waontukuriにいれます。あうような形式を選びます。
これでOKです。少し手を入れ、旋律にしました。ほとんど
でてきたままです。
Magixはそのままで、手を付けずです。
簡単にできます。
 waontukuriのお影です。
 
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1289大原練習1189天の下1589 PortugalAguia 鷲(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3898
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3388京都船旅2288古譜1288大原練習1188天の下1588 PortugalVermelho 鮫(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3388京都船旅2288
古譜1288大原練習1188天の下1588 PortugalVermelho 鮫(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/17、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AMagix 使用
  Bwaontukuri 駄作者製
【歌詞】創郷 
波巻く 海見て行く向こう岸の字
海に架かる橋の下 現れてきた鮫
飛んだり跳ねたり集うかのよう回る
赤い鮫 こちらを窺えば 手を振る
挨拶にしばらく 共する旅路
  花鮫 世渡る 世界広 人の世
  荒海に向かうよ 時を得て我が見る
  うつつの地至り 花鮫は海中
  我が世とし 絵を描きあちこちの
  こと知る人会いに元気な鮫行く友路


 狐の天気予報。〇r1918/08/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【Magix】
 Magixの自動作曲機能を使いました。コードが出てきますので
このコードを、waontukuriにいれます。あうような形式を選びます。
これでOKです。少し手を入れ、旋律にしました。ほとんど
でてきたままです。
Magixはそのままで、手を付けずです。
簡単にできます。
 waontukuriのお影です。
 
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
Mr. Atom Lucky Ager, "A.A. report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1288大原練習1188天の下1588 PortugalVermelho 鮫(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3888
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年11月16日

卒業3387京都船旅2287古譜1287大原練習1187天の下1587 PortugalRainbow 虹橋 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3387京都船旅2287
古譜1287大原練習1187天の下1587 PortugalRainbow 虹橋 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/16、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AMagix 使用
  Bwaontukuri 駄作者製
【歌詞】創郷 
渡る世間に鬼がいる 隔てる
海を前 見渡す 橋架かり 行くぞと
決める 波は音たて 渦をまいてる
虹が出で行く方に 幸福があると
鬼になり虹渡る 鐘馗の姿


 狐の天気予報。〇r1918/08/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【Magix】
 Magixの自動作曲機能を使いました。コードが出てきますので
このコードを、waontukuriにいれます。あいそうな形式を選びます。
これでOKです。少し手を入れ、旋律にしました。ほとんど
でてきたままです。
Magixはそのままで、手を付けずです。
簡単にできます。
 waontukuriのお影です。
 
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
Mr. Atom Lucky Ager, "A.A. report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1287大原練習1187天の下1587 PortugalRainbow 虹橋 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3878
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽