2020年07月04日

卒業6530 TAO タオの国 俺530 漢川関 (壮強太陽):イカスミ柳


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6530京都船旅5430
古譜4430大原練習4330天の下4730 TAO タオの国 俺530 漢川関 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
漢川の関 見れば池がある畔 君が
おさげがみ 柳が植わる園 葉は枝垂れ
触れると 山羊が鳴いて来る だれ呼ぶか
山羊の声 遥かな国を思う 柳印の吟じ音

 狐の天気予報。〇r1999/03/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌解説】
 柳韻、花の柳のこと。柳韻花。ネコヤナギ類。
 柳印、柳の判子、柳で作った判子。柳印判。印刷の印字にも
    使う、柳の判印機。のち 、桜などの木を使う。 
 
 タオの国の歌。言葉が、ションを使う国である。
古いダラスである。
 韓国のような言葉がある国の言葉とぞう。ダラスの古い
言葉である。ドイツ語のような響きのダラスの邦の言葉とぞう、
タオハンラン山の麓という、ダラスの東の山である。
ここの言葉であるドイという、私のことである。
『ドイ、アーメ、ハンナム』という、『私はアメリカ人
です』という意味とぞう。古ダラスの町の言葉である。
 古ダラスの織物という、このお金を使って織る織物という、
貨幣織りという、織物である。ダラスの古い町にある織物
である。織物を、ファーブセという、ファブリックの語源
である。
 自分をドイと言い、トンという。
『私は行きます』という、『ウイ、シャッスム』という。
『ドイ、シャッスム』ともいう。
ここが、糸をシャル、シャロンという。シャロンの邦という。
糸をめでる邦という。ダラスの町が糸の町である。この糸の
数えをロードムという、ロードスともいう。
ロードス、オーという、糸の一斤である。今の、約、オンス
になる。糸のオンスである。これを、デロールという。今の
糸の数えである。
 輸出用に使われている、デロールである。また行くダラス、
私の故郷という、水が薄く張っていた私の覚えという。
30センチ位、水が張っていたダラスのタオの水という。
フラッペという、フラスの水という。水辺のダラスという。
ダラ山のお書きという。
 リンカーンの、オマハのリンカーンという、ここの織物に
同じ織り方がある、ダラスと同じ織り方である。数えも同じ
である。
 フォートワースの西にあるシュリーポートである、大きな池が
あった所である。シュリーが、その意味である、水の意である、
古ダラス語である。
 フォトワースのサンという、フォートワースで、サンという
水である意とぞう。古いフォートワースで残るサンの言いで
ある。フォーワース語のフォーが水である意という。
後、油田をサントムという、今の油田である。
略。正(やなぎ)。J03
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200703
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@631
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年07月03日

卒業6520 Korea  버드 나무 俺540 柳葉 A Willow Leaf (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6520京都船旅5420
古譜4420大原練習4320天の下4720 Korea  俺540 柳葉 A Willow Leaf  (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
桃を手 唐人傘被りゆく アリラン
峠の見れば 柳葉の浮かし茶し 韓国の
宮廷の味がする  頂には照る陽が
アリラン包み 遠く 君待つ
故郷目指し 歩進め

복숭아와 복숭아와 복숭아와 복숭아와
고개 궁궐 맛을 본 다 머리에는
아 리 랑 을 태 양 이 포 장
멀 리 네가있 는 고-향- 목표
내 가 걷는-
 狐の天気予報。〇r1999/03/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200702
【US ワシントン】 
 アメリカにワシントン米西(べいぜい)という所がある。
このワシントン米西の場のお書きという。アメリカを長生き
という、アメリカは長生きの国である。
 この、ずみやりという、ズミックのれも、という。れも
を、るいはみ、という。このるいはみのゆいて、という。
これを、るみせまという。せまれるやのお言いという。
 ワシントンを、ダンデックという、ワシントンのよいかい
という。ワシントンを、るきるきという。ワシ山のお言いと
ぞず。ワシントンが町をいう、町に糸が出るという、糸を作
るワシンのやのお糸と言う。
 ワシントン米西のやおかり、やおかみ、という。
 ワシントンの御叔父という、遠く離れた山におられる叔父
である。この山を魔槍という。若い人がいう、御叔母がいつ
も話をされている、御叔父という。魔槍にすんでおられるの
である。叔母の建国という、一緒に建国をされた叔父である。
【自由の女神、ジョージ・ワシントン】 
 御名を、ジョージ・ワシントンという、、今も生きておら
れるのである。今も、アメリカの人々はいう、『ワシントン、
ワシントン』という、アメリカの人と言う。これを、ワシン
トンベッスという。一億年前のアメリカという意味である。
 ワシントンに恐竜がいたという、この恐竜を、人閣という。
人閣のワシという、アメリカの国旗のことを、ワシ図という。
ワシ図をつくられた、ジョージ・ワシントンという。
アメリカのワシという恐竜である。一億年前にアメリカはあった
という。一億の民とぞそ。
 若い人はいう、『ワシントンのようになるんだ』という。
これが、頭領のワシという、ワシのマークの国という。
 このワシがニューヨークへ行く、ニューヨークの町に舞い
降りたワシという。このニューヨークを米西屋という、後、
ニューヨークかっ国という、かく邦の国とぞう。これで、
双頭のワシという、ワシの名を、ワシ見る身むという。
 これが、ワシの見である。ワシントンとニューヨークを、
見ているワシという。このワシが、ピジョンという、鳩とい
う、近代の言いという。一億年前の鳩がワシである。
 これのあらわしという、若いあらわしという。若い人のお
書きという。
【ピジョン・スタンド、鳩立ちの御叔母】 
 アメリカにはワシがいる、鳩もいる、これが、世の移りを
いう、ニューヨークの人情という、ニューヨークの町のお
書きという。御叔母の御随という、ニューヨークの自由の
女神である。ピジョン・スタンドという、叔母のお立ちであ
る。御叔母を、字言うという、これが自の意味である。
字の由という。自由の意味である。御叔母がお立ちの場を、
ペチコートという、ペチコート・ガバナンという、御叔母の
宮廷である。御叔母を、天皇という、スカイ・ラブという、
この天皇を、すかめさ、という。御叔母の御子という、アメ
リカ人である。天皇をスカイという、スカイ・ラークともい
う。
【リインカネーション】 
 アメリカのニューヨークの祭りという、スカイ・カーネカ
という、これを、リインカーナルという、リインカネーショ
ンという。このリインカネーションのかこき、という、飛行
機を、かこき、という。これが、過去の意である。
 過去の飛行機という、スカイ・ミットという、スカイのやの
すみそみ、という。
【ロシア、南米ボリビア】 
 これで、ロシアがまた出る。ソ連後のロシアという、
ロシア・ランデブーという、アランデのランという、このロ
シアのやのひま、という。ロシアの赤いやのふるす、という。
ロシア・ミットという。ロシアのやの鳥という、鳥の黒白と
いう。ロシアを黒白の鳥という、これが、南米のボリゴアと
いう、ボリの山のよい穂という、南米ボリビアの稲である。
南米に稲があることという。この稲をくわえた鳥という、
鳩であり、ワシである。南米ボリビアの野相という、平の野
原という。平の家の山崎という、山の崎のかゆかりという。
大崎山のお書きという。大崎があるボリビアという。
 南米のガレという崖である。この崖へ行くという、雀の行き
という。雀が遠東をいう。これが、米西のことである。これを
ロシアの行きという、ロシアの行きのゆみ浜という。南米の
お書きという。

 これを見る叔父という、御叔父のジョージ・ワシントンで
ある。トランプを立てる人という、ジョージ・ワシントンが
立てるトランプという、ニューヨークの尖塔に、ワシントン・
ペンという、ペンのワシントンという、アメリカの国の造りの
ことという。これを、オシラルという。オシラル御国という。
オ・カントリーという、オン・コートという。宮廷の山と
いう。アメリカを宮廷という、宮廷の国という。
 ジョージ・ワシントンの目のやという、ジョージ・ワシン
トン山のお書きという。宮廷におられる、自由の女神である。
これが、ワシントン冠白である、冠黒ともいう。
【あわのニューヨーク、あわおこしの町】 
 ワシントンを、冠人という、冠の山のお書きという、アメ
リカの岩山の御叔父である。ワシントンの山という、ニュー
ヨークの4番という、5番の町の造りという、ニューヨーク・
ロックという、ニューヨークの町という。自由の女神の御叔
母が作られたのである。わらわという、わらわが、意味する
われらという。われらのニューヨークという、これを、あわと
いう、あわのニューヨークという、ニューヨークの町のあわ
おこしという、町の興しである。あわおこしの町という、
これが、ニューヨークの国閣である。

 あわおこしという、今日の日のおこしという。セブン・ツ
ーの山という。アメリカをセブンという、セブンの国という。
これが、エイトの吊りという、絵糸という、かいとともいう。
アメリカ・リンカーンのオー・コーナーという、アメリカの
リンカーン町である、オマハ近という。ここの算盤である。
算盤町という、リンカーンの町の造りという、リンカーン・
アバカスという。アメリカの算盤という。
【アメリカの算盤】 
 この算盤の糸という、糸の木のことという。糸木という、
算盤の玉吊りである。アメリカのオー・コーナーの算盤と
いう、アメリカに算盤がある、町が算盤の造りである。
御叔父の丘尾である、リンカーンにサンダーという場所と
いう、サンダー・アバカスという、アバカスの山のお書き
という。柿の木があることとも。アバカス柿という、アメ
リカの柿である。リンカーンのトム柿という。吊るし柿の
ことという。柿を吊るして並べれば、算盤の恰好である。
【ダラスの算盤】 
 ダラスの算盤ともいう。ダラス算盤の友という、リンカ
ーンの算盤という。アメリカ人の算盤である。算盤興しの
町という、ダラスの矢という、ダラスの算盤という、斜めの
造りという。算盤玉が斜めにつけてある、ダラス算盤という。
アメリカのダラス・アラモ冠という、算盤冠という、算盤を
めでる言葉である。縦型の長い冠という、上に長くかぶる冠
という、ダラス冠という、アラモ冠ともいう。算盤縦冠とい
う。古いアメリカのダラスの町、柳の実という、柳の実で
作る算盤とぞそ。

 ここの町である、ダラスのベビーという、恐竜をベビーと
いうダラスである。ベビー冠という、子供の冠という。冠赤子
という、赤い冠のこととも。長生きの印である。アメリカの
長生きという、ベビーという一意味である。ユーエスという、
ベビーのことをいう。ベビー・マター・ライフという、レッ
ド・メインという、レッドの意とぞそ。

 オバマ山がここにある、ダラスのオバマという、オバマ山の
お柿という、オバマの柿の吊るしともいう。BLTサンドイッチ
という。オバマの柿を入れるサンドイッチである。オバマ山と
いうダラスの山という。ここの崖が続くアラモの崖という。
大崖の山という。切り立った崖である。ダラスの山ある日と
いう。山の崖という、山々連ねの町という、ダラスである。

 ブラック・マター・ライフという一瞬の出来事という。
柳山の算盤という、算盤の勘定をいう、黒い手という、算盤の
黒い算盤である。これを、や、という。アロー・アバカスと
いう、ブラック・ハンドという。黒い手の勘定という。
算盤の町でもあるダラスである、リンカーン町ともいう。

 アメリカを算盤の国という見立ての論である。リンカーン
語という、算盤のアバカスである。リンカーン語があるアメ
リカである。だらすの町の数数えという、リンガロ、ユンガロ
・・・という、算盤の数えである。
【暗算のリンカーン】 
 暗算のあるリンカーンという、ダラスという、アラモとぞ
そ。リンカーン語が、暗算用の言葉である。アメリカの暗記
用語である。リンカーンの町にある、このリンカーンという、
たくさんある町名である。アメリカ・リンカーンの造りという、
ワシントンの造りである。ワシントン市であることという。
ワシントン・デーシーのお書きという。
【算盤の玉をはじく】 
 アメリカの玉打ちという、算盤の玉弾きである。アメリカ
の銃砲犯罪という、リンカーン語を使えばなくなることとい
う。算盤の言葉を出す、安全の呼びという。算盤の玉という、
リンカーン語にたくさんあることという。算盤勘定による
安全、経済の安全という。差し出す黒い手という、これを、
アフリカの経算という、アフリカの勘定という、アフリカの
こく山という、黒い山の話という。アフリカの頭脳の一つで
ある。黒い山という、アフリカの霧の山という、アジス・
アベという、アジス・アベバの山とぞそ。算盤がある町であ
る。縦型算盤という、言葉がリンカーン語である。
【経済の中の安全】 
 この言葉を使う、安全が経済より出てくることという。
アバカスの言葉である。ダラスという町という、アフリカ
のダラスである。リンカーン語という、アメリカ・ダラスの
古い数えの言葉とぞそ。経済より安全を引く言葉である。
リンカーンの町の造りという、算盤の町という。算盤数えの
復活である。ブラック・マター・ライフ、長生きの計算とい
う。ベビー・マター・ライフという、長生きの話である。
安全と健康のことである。トランプの言いという、カードの
国のお書きとちいう。『算盤の玉を弾け』という、スピン・
アウトの言いである。
【ダラス織物】 
ダラス織物のこととも。拳銃は織物に
使うものである。ダラスの安全という。

 拳銃を織物に使う一使用法である。
【アメリカの芸術、ロング・アート】 
 アメリカのラシュモア山、自由の女神の光という、御叔父
御叔母の御国という、自由の女神の光を語る山という、遥か
遠くを照らす光を御覧の御叔父という。これが、アメリカの
芸術という、ロング・アートという、バイタ・ブリービスと
いう、簡潔な人生という、人生をめでて、長生きを尊ぶこと
とぞ。ラテンの知恵という、ラテン語の使いという。
古いアメリカのニューヨークの町である。
正(やなぎ)、J02.
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/03/28 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@388
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
続きを読む
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年07月02日

卒業6510 俺510 朝鮮 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6510京都船旅5410
古譜4410大原練習4310天の下4710  俺510 朝鮮 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
朝は鮮やかに明けていく 鶏 時を告げ
よい日 到来の始まり 誕生日 私が
生まれたよい日 朝鮮の日に出で
この世を渡る 幸あれと祈れば
頭上によい陽

 狐の天気予報。〇r1999/03/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌解説】
 京都、鶏鉾の歌。
 みこを天皇という。祇園祭りの天皇である。七月の山明け
の日の朝を、ちょうという、ちょう日という。天皇の日とい
う。この日に、みこを、やかみという。やかみの天皇という。
 矢を射るという、旭のことをいう。旭の光がさす状のこと
をいう。これを、朝鮮という。朝鮮やかな世の始まりという。
鶏の時を告げる意という。
鶏鉾
 鶏鉾の日の世という。京都の祇園祭りの鶏鉾である。祭りの
とみやりという。祭りを、とめ浜という。とめ浜のおんせきと
いう。祭る陽の、陽祭という、陽祭日の到来という、朝の陽を
たっとぶことの言いという、陽祭誕生という、鶏の頭の飾りと
いう。鶏のかしらという、鶏の尊ぶ日という。これを、山明け
という。鶏を山明け鳥という。後、フランスの国の尊びという、
 鶏が陽を見ることを、鶏陽浜の世という。鶏陽のせいかくと
いう。鴻鵠の陽のことを、正確という。鶏鉾の山のお書きとい
う。鴻鵠の志という、鶏のことを、鴻鵠という。
 燕雀安んぞの家という。これを、浜家という。御所の呼びで
ある。御所が鶏鉾を呼ぶ、こうけという、これを、みこやとい
う、みこを尊ぶ御所という。御所の出という。みこを、御所出
という、この御所を、けいこくという、鶏の告げという、鶏告
山の言いとぞう。鶏鉾の家(や)という。鶏鉾の矢という。矢家
(やや)のやという。鶏鉾の言いという、太陽の光を矢という。
朝鮮の家という。これが、天皇家の話である。
矢様
 鶏鉾のみこの矢の話という。祇園祭りという。これを、興し
た俺である。俺を、矢様という。矢のようの人という。
 『俺っつぁ、いんそら』という、これを、天皇の言いという。
御所の冠語である。鶏鉾の矢のお書きという。矢を家という。
 『俺、れんつぁ、やってさ』という、やっとの言いという。
岸和田だんじりの言いともいう。岸和田を鶏という。御所の
中の言いである。この日、紫宸殿を指針という。指針殿という。
古い京都の言いという。指針殿町という、鶏鉾の町をいう。
これを、むろたみという、室町の言いという。御所の言いの
むろ、という。室町を御所という。
七条祇園
 これを、七条がいう、七条を祇園という、七条祇園のいやめ
む、という、これを、じょぐそくという。じょぐの言いという、
 『祇園よってそ、じょぐって、れとそ』という、七条の大門
の言いである。七条祇園の、よれはっぱ、という。
 じょぐという、じょっくすという、七条くすの言いという。
『れっつぉ、れって、ゆゆて、ろってそ』という、『俺っつぁ、
れって』という、れっての言いという。七条の、ごゆほら、と
いう。
これを、ごゆぜ、という。あめ山の言いという。山を鉾という。
七条の大門ゆってま、という。この大門を、もよゆみ、という。
むいせるお_言い、という。
 これが言えて、天皇である話という、御所住まいの冠話とい
う、この冠話を、七条靴冠という、冠を正すという、自分の靴
を頭に乗せることをいう。
 癲癇は、靴を頭に乗せろという、癲癇の話という。
 癲癇を転換という、靴を頭に乗せる、これを、はなゆま、
という、はなゆまのお書きという。自分の靴を頭に乗せ、足を
めでるをいう。癲癇は治る話という、靴を頭に乗せれば治る
話という。
 パン屋の靴型冠という、パン屋の山々という、七条のパン屋
という。うたの山のやのお書きという。ぱんせば、という。
宇多野山のお書きという。祇園ゆってす、これなる。
シューズ・ハット
 『恰好だけでもしとこうか』という、靴を頭に乗せる人で
ある。シューズ・ハットという冠を着る人という。
シューズ・ランゲージという、靴語をしゃべる人である、
俺である。
キュイッコス、アフリカ頭
 アフリカの民謡にこの話がある。アフリカの町である。
キュイッコスという、フアリカの町のことという。アフリカの
鶏という。にんべす、という。にんという、アフリカの頭脳と
いう、アフリカをめでる言いという、ブージャンボの家のお書
きという。アフリカのロゼ町という、霧山の町という、この家
のことという、鶏の鉾の絵か描かれている、鶏の絵とぞず。
また行くアフリカである。この日のことという、七月1日という。
東大からアフリカへ行った日とぞず。アフリカを、質一という、
一を質す人という、七一のあふます、という。升秤のことと
いう。アフリカのやのお書きという。東大講義の陽である。
奈良藤堂
 この東大、藤堂藩の東大である。奈良の藤堂である。質一
(しちいつ、しちいち)という、東大の教授である。和辻飛行
場の飛行機という、後、五条飛行場という、奈良晴寺へ行った
人である。東大住まいの人である。今の天理市である。
藤堂藩の住人である。四条〆張という、四条の城という、
晴寺城という。そこの、かっきす、である。
城主を『か』という、四条の城の言いとぞう。江戸当時山
という。奈良のやの言いとぞう。郡山城のことである。
奈良郡山城
郡山では、城を『七、質、しち』という、奈良郡山の里、
ゆゆありてす、山の城という。俺の故郷である。郡山城
という、ここのやの言いという。我が家を質一という。
質一城の言いとぞう。
 鶏鉾の由来という、奈良の祭りのことともいう。
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200531
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/03/28 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-317
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年07月01日

卒業6500 Korea  俺500 逢引 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6500京都船旅5400
古譜4400大原練習4300天の下4700 Korea  俺500 逢引 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
君を待つ 町灯り ガス灯の光 揺らぐ夕
霧がかかる灯に なつかしさ ほのぼのと
行き交う我が心中 今、君が私に会いに
来る姿 まに浮かべて一時待つ 楽しさに
ほのかな恋心 おさげ髪の紀見が霧に映る
   手を上げ声上げて君は知らせるか 君が
   みえた 可憐な姿と そう感じる 霧の影
   霧の浮き絵 ぼんぼりの灯の下 声にうれしさ
   微笑みに若い君と私の時 夕方の 逢引仲
   漂う霧影に握る 柔らかな手
歩合わせ歩む君私の靴音 刻む音に楽しい
リズムが切りにこもる 逢引の霧の浮世
君私 共渡り 姿隠すか人知らず 小さな川
さす足元 流れ髪 手をやる君 いとおしさが
こみあげくれば 更ける夜霧


 狐の天気予報。〇r1999/03/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【歌解説】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200701
【音楽】


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/03/25 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@605
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月30日

卒業6490 Korea 노래 俺490 歌 Fa (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/03/25 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6490京都船旅5390
古譜4390大原練習4290天の下4690 Korea 노래 俺490 歌 Fa (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
階名で歌う。


 狐の天気予報。〇r1999/03/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【歌解説】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200630
【音楽】
 歌をドレミで歌う。
 曲を作る時に、ファの音を少し多く使う、この曲より、
健康、病気治癒が早くなるように思います。どんな音にもあります
が、ファに特に多くあるみたいです。
Wisdom
You would sing a song, in scale name. do re mi......
Scale name, fa, is very good for health.
You would compose music, would use "sound fa"
much for winning virus and you would sing that song.
Perhaps good effect of anti-virus, this is my thinking.
Man's voice " fa " is especially good for health.
ex., father, fine, ...... .
When I say , "yes", then I would sometimes say "fa".
To win illness, against invisible virus by music, sound.

Let's get at virus, and Let's maintain Health.
To win virus, Musician win virus by music.
Painter win virus by paint.
Atrtist win virus by art.
Politician win virus by politics.
Economist win virus by economoy.
Old and young people, other, same.

The purpose of study, art, work......... is
having health, winning illness.
Let's, together, draw out wisdom to win virus
by each man's part, against invisible enemy.
Good future waits for us.
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
**コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@401
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽