2023年02月07日

出発6590辞書作り : いかすみ柳

出発6590辞書作り : いかすみ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file
You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発6590 辞書作り


    創曲、理科柳雪広   2023/02/06
    造詞、冴柳小夜    2023/02/06
    監修、そうきょう連    2023/02/06
挿絵、香 淳時     2023/02/06
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
辞書作り 球形の時には おにぎりを
食べる お婆さんお作り物 しばれずみ
おにぎり 食べると 寝なくとも仕事が
続けてできる みんなおにぎりを食べては
寝ずに仕事をした そんな日の歌々

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】2023/02/06
【歌詞解説】
【】

 お婆さんのお造りのおにぎりを食べる。
体が元気になり、夜に寝なくても仕事を
続けてできる。そんなおにぎりである。
 外国人も、おにぎりを食べて仕事をした
日という。桂のそうきょうご辞書の造りの日々
のことです。
 おにぎりのことを、しばれずみという、桂の
そうきょう語です。

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前柳、小林壱裕柳。
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳
『天照大御神、そうきょう、よいよい』
御私がいらっしゃる柳。応楊合点、柳ましょう。綾椥貴人書。


大変な名刺だな、めちゃくちゃよいネ。

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2023年02月06日

出発6580おつぼ : いかすみ柳

出発6580おつぼ : いかすみ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file
You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発6580 おつぼ


    創曲、理科柳雪広   2023/02/06
    造詞、冴柳小夜    2023/02/06
    監修、そうきょう連    2023/02/06
挿絵、香 淳時     2023/02/06
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】2023/02/06
【歌詞解説】
【】

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前柳、小林壱裕柳。
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳
『天照大御神、そうきょう、よいよい』
御私がいらっしゃる柳。応楊合点、柳ましょう。綾椥貴人書。


大変な名刺だな、めちゃくちゃよいネ。

posted by 秋残り at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発6562 首相(チョーセラ) : いかすみ柳

出発6562 首相(チョーセラ) : いかすみ柳
【曲名】 出発6562 首相(チョーセラ)
【今常】
そうきょうよい時です、柳ましょう。健康安全。
【解説】
【首相】
16:21 2023/01/16

そうきょう語、『はなみゆき、はなみ、はな
わせ、はなせ』四段。四段のことを、はなみ
ゆき、はなみ、はなわせ、はなせ、という。
階段の四段目のこととも、短い階段のこととも、
そうきょうれす、という、階段のこととも。

 そうしび、小池のいのやり、という、そう
きょう語のことという。明家語ともいう。
やんそべのおこと、という。そうきょう語
を使う所という、やんそべ、という。
 チョンラザ、チョウラザという、チョン浜
、チョウ浜という、チョットスという。

 首相をチョウセラ、チョンセラという、
国会のそうきょう語という。要衝語という。
 桜井要衝のことの意。これをチョウカラと
いう、『カラ』が言葉である。かんからの・
いおしらる、という。からけしの・ついろみ、
とぞ。この言いのチョウケという、こいとれ
のいよしよ、という。これの名をとる、いとると、
という。

 いとのかみくす、という。これをチョウラム
という。首相のことの意という。チョウセラの
首相という。チョウセラをいう。チョウホウの
山のおえ、という。チョウキョウロクという。
チョウキョウのちよ浜という、これを、チョウ
キョウという。首相をチョウキョウという。
チョウセラのいよれ、という、首相をチョウ
セラという。桜井要衝のおきやりのいとめ、と
いう。これの言いのチョウカラという、首相の
チョウセラのチョンホウという、チョウホウと
いう。

 首相のチョウホウをみばせ、という。みばせ
ちょうろう、という。長老という首相のみよられ、
という。これの言いに、みそん、という言いの、
しのばれがでる。首相のしのばれ、という。
 これが、要衝の首相の呼びである。
【トーキス】
 首相をしのずれ、という。しのばれの首相を、
りよるれ、という。これのいとのの・いちふち、
という。首相をトーキスという。トーキス・
チョウセラという。まよすたる言いという。
【自衛隊の首相】
 自衛隊の言いの一つという。チョウセラを、
チョンナノという、首相を呼ぶ自衛隊という。
チョウナという、自衛隊のいとめの・いその、
という。いそめゆらぶ、という、首相のことと
いう。いそめゆらぶの・おいしる、という。
首相を、ちよらず、という。おいるれの・
いそる、という。
【自衛隊の長】
 自衛隊の長を、めゆれ、という。この『め
ゆれ』、はおの・ちよふち、という。自衛隊の
長を、めのぶ、という。これが、かいさきの自
衛隊という。かいれるおちゆち、という。自衛
隊のあとゆみ、という。あとのいよれる・おい
そい、という。自衛隊を、よどふみ、という。
自衛隊の要衝語という。要衝の自衛隊という。

 この自衛隊のことの、いよるれら、という。
自衛隊を興した時の言葉という。自衛隊の長の
言葉という。
【米軍基地の周りの自衛隊の興し】
 アメリカの基地の周りの自衛隊という。これを
興すという、自衛隊のよきふき、という。自衛隊
のいとすめる・といきし、という。これがね自衛
隊のよよらみ、という。よよの自衛隊という。

 政府要衝の興しという。アメリカ基地のよこ
はむる、という。アメリカ基地の自衛隊という。
自衛隊の興しの一つである。

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前・柳、小林壱裕柳。
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳

『天照大御神、そうきょう、よいよい』
柳私がいらっしゃる。応楊合点、柳ます。


大変な名刺だな、
めちゃくちゃ、よいネ。御私柳私。

posted by 秋残り at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発6560保田中区 : いかすみ柳  2023/02/03作

出発6560保田中区 : いかすみ柳  2023/02/03作


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file
You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発6560 保田中区


    創曲、理科柳雪広   2023/02/03
    造詞、冴柳小夜    2023/02/03
    監修、そうきょう連    2023/02/03
挿絵、香 淳時     2023/02/03
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
保田中の城 白い壁 馬をみる
きれいに並ぶ 金式鉄馬の並び優雅
駒が座しこちらをみてる いょっと
声かけ 厩のばせるりすめる 皇の馬の
雄々しき姿を よかくれりひろき あなさむ
中区の城 いとじそぬ
いとじ: その頃の京都のこと。
大おじいさんおられる話である。

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】2023/02/03
【歌詞解説】
【保田】
 きょっという、きょっそんのかけいとじ、という。
京都のできる前という。後に、京都ができる
話という。この京都を、いとじそ、いとじ、いと
みれ、いとそむ、いとゆ、という。この京都の
言い、いまるれ、という、かっつれい、という。
かっつれいの京都という。いとじす山のある
京都という。みばるれ、という、やもすの御京
(おきょう)という。これを、いとじそ、という。
【京都凱旋城】
 古い、いとじその歌という。保田中区という、
保田の城の中である。ここの白い建物という。
城のことという。保田中ゆまふま、という。後、
京都凱旋城という。二条城の辺りまである
いとじそ、である。
 いとじそぬ、という、保田の中の城の、その
ふみ、という。そのというそぬである。
 白い土があった頃という。木も白く、そぬと
いう、ふいぬいの城という。保田城の中の城
である。めっつるふりるり、という。
【白の地】
 白を、るば、という言葉という。るばしろ、と
いう、鯉山の言いという。きっきらすう、とも
いう。これを、すめるれ、という、今の天皇と
いう、人をいう。天皇の人を、すいふい、という。
これが、保田の城の中の城の言いという。
【馬の共をする天皇】
 古い保田の中区という。すいふいのつれ、
という。鉄の駒である。目が光る闇夜の
きかれり、という、闇夜に目を利かす造り
という。いつも連れて歩いていた人である。
 天皇という人である。すいふいの人という。
ばせるりすめる、という、ばせの家という。
保田中城である。よかくれりひらき、という、
夜に散歩を連れという、散歩の連れという。
馬が散歩をする、その連れである。すめら
ひる、という。天皇が散歩の連れをすると
いう、保田城のことという。馬に連れる散歩
という。馬の散歩のお共である、天皇という、
すいふい、という。馬を休ませ乍ら散歩を
する人という。くれしぬそら、という、くれぐれ
のあうれす、という。馬を尊ぶ人である。
その頃の書きである。すいふいのお書きという。
【じい】
 すいふい、という、後、じいっぱれ、という。
みのやのお言いという。みとすとの言いという。
じいせらの言いのゆいおい、という。ゆいせら
の言いという。ゆおみ、という。じとすとの言い
という。天皇の言いである。じいっぱす、とい
う。おたてのてんつめ、という。これを、みよる
ろ、という。そうきょうの言いという。天皇を、
そうきょう語というひぃの、あるられる、という。
これが、天皇を言う人の言葉である。そう
きょうすう、という、そうきょう語のことという。
【ギリシャ】 
 天皇と言えば、そうふうをいうという、そう
きょうそうめる、という。そうきょうのふたゆれ、
という。まませむよわ、という。これを、せっか
り、という。じっぱすの言いという。みるれん
てすの・おいっすり、という。りりたす言いと
いう。後、グリークスという、、キセリシャの
言いという。ギリッタッキスという、ぎりくる
よわ、という。今世(いまよ)の言いという。
そっこすれんてす、という。ギリシャ語になる
ゴリコリという、ギリーランという。この頃、
ギリシャ人がいたという。パルテノン神殿の
あるギリシャという。くらっしくという、くみゆぎの
かおひく、という。ギリシャを、松れる、という、
保田の言いという。オールレ・パッソーという
ギリシャ語の話という。今のギリシャの掛かりと
いう。
【この頃の桂離宮、パレルという】
 この頃の桂離宮という、パレルという、パー
シブともいう、ギリシャのことである。これを、
ギリーケスという、ギリッシャンという、グリーク
の言いという。パーシブれおるれ、という。
ギリックラーソンという、ギリシャの古い呼びと
いう。ソクラテスという、祖蔵があった頃という。
ソクラテスの血という、ギリシャの地という。ギリ
ックラーソンという、ギリシャのあまつれ、という。
馬をひく天皇という。天皇が馬を尊ぶ話という
。あまつめ、という、天皇にひかれた馬という。
これを、天篁という、天をひぶれという、天ひ
ぶ、という。この頃のことである。
天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前柳、小林壱裕柳。
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳

『天照大御神、そうきょう、よいよい』
御私がいらっしゃる柳。応楊合点、柳ましょう。綾椥貴人書。


大変な名刺だな、めちゃくちゃよいネ。

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽