2019年05月24日

卒業3734・FranceReolution passee 過去革命 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3734京都船旅2634
    古譜2504大原練習2124天の下1939FranceReolution passee 過去革命(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)



1989/04/20 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/23柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
    HArmony Assistant 自動作曲50%  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

過去変える 過ぎ行ったことごとを変える
思い方直し楽しいことにする 過ぎた日の
日記に柳と書き入れた 新たな気持ちが
沸いて 楽しい過去に変わり
今は良い過去と思える
  若い人 これからの人生を良きに変え
  明日に生きる 楽しく過ごす世に
  革命を起こし柳と書き入れた 未来の
  日記には 憂い心配なくて
  幸がおとずれそうな気がする
たくさんの過去がある年寄りは
思い改めて よりよい昔に直らして
革命に参加(参ず) 柳と書き入れた 今から
未来に過去が重なり良きに変わる時が
これからたくさん  

 狐の天気予報。〇r2022/11/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
過去未来 思えば奇しき 人生と
未来に幸を 一日の記に 柳書きあり
  プラキオザウルス卿 お詠み  
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
【日入れごっこ】
 ごっこという御所という意である。日入れ御所とも。

『革命事務局、過去を良くする会』と、看板に書いてある。
ここを訪れた人という。『あの忌まわしい過去がなければ
・・・今頃は、もっと・・・』と、どうしょうもなく、
胸を曇らせている。道へ歩いていて、ふと看板が目にとまり、
思いきって入ってみた。

受付『どうかなさいましたか。』
当人『過去は良くなるのでしょうか。』
受付『なりますとも。いつ頃のことですか。
   だいたいでいいですよ。』
当人『10年くらい前です。』
受付『簡単ですよ。日記をつけておられますか。』
当人『つけたり、つけなんだり。』
受付『少しお待ちください。』
  しばらくして、紙を手渡された。
  見れば、
  
2009/5/23 ・・・・・柳
2009/5/24 ・・・・・柳
2009/5/25 柳・・・・
2009/5/26 柳・・・・
2009/5/27 ・・・・・柳
2009/5/28 ・・・・・柳
2009/5/29 ・・・柳・・・・
・・・・  ・・・・・・・
と、書いてある。そして、

受付『10年前の日記一日一日に、柳と書き入れて
   ください。これでよくなります。日記が見あたら
   なければ、この紙のように、日付に柳と入れて
   ください。』
当人『本当によくなりますか。』
受付『本当です。』

 そして、もう一枚紙を渡された。見れば、
2022/5/23
2022/5/24
2022/5/25
2022/5/26
2022/5/27
・・・
・・・

と、日付だけがうってある。
受付『日付に柳と入れてください。
   これは未来の日記です。今のうちに、日記によって
   未来を良くしておくのです。』
当人『えっ、未来もよくなるのですか。』
受付『もちろんです。先に、未来に良いことを日記に予約
   して、良いことを呼びこむのです。この紙を差し
   上げますから、日記なりノートなりに張り付けて
   ください。これは一部ですが、日付を補ってこのように
   書けば、万事OKです。これで過去がよくなります。
   未来もよくなります。家へ帰ればもうよくなっています。』
当人『わかりました。やってみます。』

 意気揚々とひきあげた訪問者という。

【柳もうぜく】
『柳もうぜく』という、日入れ御所の人生の改革法である。
革命御座所これなるを。 

 若い人は、今も東陽を拝む。言に、『そうきょうは、よい
一日でありますように』と。柳ようもうの言葉である。                         柳


■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2504大原練習2124天の下1939FranceReolution passee 過去革命(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624947
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/12 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2476
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月23日

卒業3733・FranceLa revolution 革命 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3733京都船旅2633
    古譜2503大原練習2123天の下1938FranceLa revolution 革命(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)



1989/04/20 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/23柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
HArmony Assistant 自動作曲50%  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

革命の夜 馬走る夜 赤い火をあげて
火の山がともに謳歌する 闇抜け
未来はわが手の内にある あすなろうの
木は茂って 遠くの都から聞こえる声
勇まし声 時を得る私の明け
  遠く時 かえりみれば 花、私に
  語る 人は声に 世は新しくなり
  まちにまつ 今ここに夢はなる
  見よ 日の出 馬はいななく
  剣の手をあげて 世に告げる
  革命の朝 古着脱ぎ捨て 新しき世は
  今来たり 喜びの世 

 狐の天気予報。〇r2022/11/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
秋篠の 宮立つ黒竹の(立つ宮黒く) うらはブーメの
ゆゆすとくれす とんもの山見ゆ
  プロメラルーザウルスの詠み
  プロメラ竜のこと。えりまきとかげである。
  大きいとかげである。
【京都会議】
【ムー大陸】
【饗宴ごぜ(御所)】

【黄色い日の丸】
 若い人は見る、我が家に立ってひらめく日の丸を。
和歌人の好きな我が家の成りである。ごぜ(御所)という我が家の
なりである。

 立ってしばらく家を見ている。黄色い日の丸が、へんぽんと
風に翻る若い人の家の前である。大砲がずらりと並んでいる。
こういった光景が好きな若い人である。大砲をこよなく好む
人である。

 以前行った饗宴殿という、そこへ向かってこの大砲を打つ
という。今日は、その日である。弾はボーリングの玉である。
この日の若い人の御所を、きょうはな、という、きょうれま
という、狂乱の御所という。後、狂花(きょうか)御所という。

 黄色い日の丸をたなびかせて、こともなく、うれしがる
人である。小さな手持ちの、黄色の日の丸を持ち、『やっと
なっとせぇ』という。やっと旗という。若い人の楽しい一時
である。

 家へ入り、着物を着て、バンドをしめた人である。そして、
また、玄関へ出で、手にした黄色い旗を、バンドの腰にさした。
すぐに、着火した人という。砲は火を吹き、飛び出す弾という。
ボーリングの玉より大きな球もある。重たい玉である。

【朕】
 大砲を打って、自分の思うた所へ玉を落とすという、こんな
ことをこよなく楽しみにする人である。撃った玉が自分の思うた
所へ落ちているか、これを見るのが楽しみである。後、これを玉
弾という。今日は、この楽しみに、落ちる場所の検証もかねて、
饗宴殿へ行くという乗り物を朕という。丸い球体の乗り物で
ある。乗れば、外が回る、そんな乗り物である。場所は秋楢と
いう場所である。後、楢場上(ならばじょう)という。後、篠竹
を植えて、楢篠竹寄り、という。朕が寄っていった玉の落ちた
場という。これを、朕玉という。朕の撃ち落とした玉である。
朕に乗った若い人という。朕々のぎょくはれという、玉晴れとそ。
たま晴れの楢越しゆりという。『けふは、たま晴れて』という、
みそ行きという。

【ならしの】
 若い血潮の予科練という、後、習篠(ならしの)の練兵という。
これで、後、楢志野へ行く、まべの浜らく、という。これを、
マーレルユースーという。まぶった山のお絵という。楢志野へ
行く恰好という、着物にバンドという恰好である。若い人の
好きな風である。これを、双ぶそけという。ソーレルという文
という。ソミテラの遣りという。ソミテスとも。

 さて、楢志野の前の、秋楢の場へ着いた朕の乗りとそ。朕
から降りて、饗宴殿という、大きな木造の建物である。
その前の帝に、きれいに双んだ玉という。等間隔に帝に双んで
いる。玉を一つ一つ見て回り、これを演習という。後とそ、
習志野の演習という、楢秋の秋篠という、黒すす竹の植わった
篠山(しのやま)という、ここを、後大上る(こうだいじょうる)
という。篠奴(しのやつ)の、習志野の秋(とき)という。

 この秋を、篠あれ(しのあれ)という。しのせる山のお絵と
いう。後、秋篠のならゆらという。せっくすという場とそ。
せるれるれんこく、という。れめっそのゆてさら、という。
しのつく山のお絵という。

【海道】
 これを、しょうめま、という。後とそ、しょうす、しょう
る、しょうせ、しょうわす、しょうわら、しょう、しょうわ
という。一般に昭和という。昭和の秋楢闇という。ならしの場
という。後、楢市の場、楢場という。楢の木を植えた場所とそ。
朕が通った後とそ、道を作る、朕行造りという、楢道という、
楢海という、楢が植わったとこ、とそ。所をとこという、楢
道の言いである。床ともとそ。後、海道という、朕の大きな
乗り物という、その乗り物の場という、地名の海道である。
これを、こけはな、という、はなれまのお磯という言いという。

 ゆちゆたせという朕が通った道とそ、海道の朕という、
めれてゆん、という、めれてゆんたせ、ともいう。習志野の
演習という、昭和の目という、この秋(とき)の夏(とき)という。
夏をときという、黒い夏という、若い人の黒夏である。黒篠
竹の双ぶあれすれという。あれらるよんらく、という。
春夏秋冬をそれぞれ、とき、という。これを、よん、という。
秋だけ、とき、という読みを残した人という。駄作家が、
これを盗む、秋残りと称す、ブロガーという、竹ブローの
竹風呂である。ここを、饗宴殿という、駄作家より取り返す
若い人である。秋残りの作に現れた若い人である。朕という
人である。

 東海道という西海道という日本街道の道とそ。朕が通った
道である、丸い球体の乗り物という、朕という乗り物である。
このお書きという、あっという間の、よみのよ、という。あと
という、あとに歴史という書きという、歴史の造りという。

 これで、街道へ行くのを、晴れの街道という、日本街道
晴れの行きという。城が旅行をする海道でもある。
 東海道という、朕が通り、城が通った道である。これを、
奠という、てんと分かる文である。終点という、終奠という、
これが語源である。

 振り出しへ戻った黒い夏という、駄作家の山という。夢るる
お書きとそ。夢れまのおるくれ、という。今日が書初めの日とそ。
饗宴場の行きの日である。

 『今日ここのえに、においぬるかな』とそ。すぎれる川のお
書きという。すぎらく日は落ち入る、すぎの陽という、すぎと
いう東経の場という、東経の意味である。すぎという場とそ。
そこを、過落ゆり、という。城のゆった場所とそ。古くの、
ゆりすく、という、すくばまちである。朕が通ったまちである。

 まちをまつという、松を植えた場所という。ゆりすくまち、
という。ゆりを百合とそ。ひゃくごうすくば、という。
すくばのまち、という、後、宿場町とそ。道の歴史という、
朕城の歴とそ。これを、述べるという、この『のべ』を、陳と
いう、のぶれば陳、という。陳者と書く人とそ、書く日である。
日と人とを、沈という。沈者山の絵という。

 陳者(のぶれば)、城の伴をし、朕を労り、沈々といっていた
あの頃である。地球におしっこをしたという、おんなの大地と
いう、おんな山お書きという。沈というおんなのそこという。
大切な場所である。

 城を動かす人という、城を守る人という、子守という、城守と
とそ。城をこという、言いの言いという。これを、言い言いという。
これを、いいの城という。げんじょうの、ごんじょう、という。
言上の城という。言中大納言という、言下の電設状という。城を
動かす電気設備という。これを、殿下という。電化という。電化
製品の城という。

【饗宴】
 電気と城を合わせた書きという、これを、饗宴という。狂宴
ともいう。ウーラスーラということの意味である。城の行く
とこを、ウーラスーという。後、くらすという。暮らす城とそ。

【宴盤】
 城に暮らす若い人である。城に乗って日本を駆け巡る、朕に
のって世界を駆け巡る人である。宴盤という、球体の乗り
物である。大きいもので、大きな街道が交差する地点の大きさ
である。ここを、工作れっく、という、レクテーションラック
という。レクテスとも、黒い街道という、オーベルニュー・
ラッコンという。オーベルをベルという、ベルを言いという、
後とそ、良いという。いいを、よいという。これを、よい言い
という、言いよい言葉のお書きという。

【ベル】
 ベルファンという、ベルレルという、ベルモアという、もっ
ての言いとそ。おう、良い言いという、いいを入るという、
これをにゅうという、オーベルニューの黒い口という。
お歯黒のフランスもっこく、という。フランス口という。
歯派の黒い人とそ。黒歯数用という。お歯黒の意味である。
一意味とそ。

 オーベルニューを通る道という、オーベルニュー経過の、
経て過ぐゆら、という。ユンムラーという、ユンビルともいう。
ここの地の井とそ。ユンベマの山という。ユンセルラックの
ゆりまま、という。一連の歌である。

 この道を黒い道という、古フランク王国という、10〜11世紀の
ふらんく国の、黒い奴道とそ。黒やつ道という、後とそ、17〜
18世紀に復活した、フランク国の、クーベッパ道という、クー
ベルロックという、黒い鉄馬の機械馬で旅をする若い人とそ。

【秋篠】
 黒の饗宴という、狂宴という、黒い造りの饗宴殿である。
秋楢忍ぶ、篠竹の宮という、ミーレルランルゥのくいずる、と
いう。中脳の書きとそ、この書きを出す脳を、黒脳という。
こくせるらく、という、脳をもる、守るうつ浜という、うつれつ
という、後、鬱積という。鬱積列のうつゆつ、という。憂鬱の
山という。黒脳より出る鬱という、脳の一状態とそ。
後、心理状態という。うってきの山という。れるふるらむ、とそ。
らんれるるうくの山という。秋篠宮の花という、秋篠宮の浦と
いう。篠竹を植えた家を、秋篠という、この『秋』の意味が、
時を入れた脳の状態という。鬱という時を秋という、この秋を
時とそ。ときしのともいう、あきときの山という。この時の
篠を秋篠という、習志野の時の篠竹を、秋篠という。秋篠の一
意味である。篠竹を植えた所を秋篠という、町に天在する
秋篠林である。これを、雑木林という、秋篠の一意味でもある。

 秋篠殿下という、雑木林の電設工事である。電車が通る電化
工事であることという。古く、秋篠工事と言うたことという。
電化製品という、電気店を秋篠店という、古い昔のことという。

 この頃の言葉という、電化製品を秋篠製品という、電気店と
いう秋篠店という言いもあった頃という。この頃の秋篠の宮で
ある。黒い竹がたくさん植わっていた大道小道である。その小
道の黒竹林を浦という。海道という場所のことを浦ともいう。

 若い人が通った道である。城に乗って東海道西海道を旅する
若い人とそ。動く城という話とそ。饗宴殿お書き、これなるを。

【しのゆつ御所】
ここの御所を、しのゆつ、という。しのゆつ御所という。
饗宴殿がある所である。秋篠亭は、黒竹山にある。楢街道にも
ある話という。街道みむれくという、街道筋である。
クロレツという、クロレラという、オーベルニューランルの
こととも。クロワゼという、ブラック・オータムである。
これを、黒い時という、黒秋という、あっかくれーれ、という。
かくれるらくの言いという。れむすれえてのそゆれる語とそ。
黒い時という、フランスの、ブボレラという、ぶもんそともいう。
ふらぜるらくの山という。ブーメムウックやっかく、という。
球体をブームという、後とそ、ブーメマーという、後一時期、
ブーメランとそ、ブーミュウという、ブーザルのめゆっす、
という。球体の乗り物である。海中海上空中陸上の乗り物である。
一人用から、大きなものは上述である。イージスにも積んでいる
物である。若い人はいう、『旅の記は、1024ビットのコン
ピューターにある』と。球体の中でこのコンピューターを操作
する若い人である。

 若い人は、今も東陽を拝む。言に、『そうきょうは、よい
一日でありますように』と。
                           柳
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2503大原練習2123天の下1938FranceLa revolution 革命(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624937
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/12 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2475
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月21日

卒業3732・FrancePhrase 文 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3732京都船旅2632
    古譜2502大原練習2122天の下1937FrancePhrase 文(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/04/18 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/21柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

とうとういとこを所という れれれんれれれ
れれ春地 とも連なり 降る雪黒 黒降りはるる
れれ浜ゆかれる 浜ゆからに ほねよれ はくれる
すみそゆるゆる ふみきからす  なきゆかれ
らるるられ

 狐の天気予報。〇r2022/11/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
文を読む 我が横に犬 立ち上がり
書をみせとや ふむふむと鳴く
  御所の犬、ふむふむと文を読む
  これを、犬解という、後、見解という。
犬が手をする
【京都会議】
【ムー大陸】
【賀茂寄席御所】

 賀茂寄席という。賀茂のやのおよれる、という。べべ
むすのはお、という。これを、かもれま、とそ。れれその
ふるれる、という。
 
 とゆれれんすべ、という。後、あかんという、あかんべ、
という。べという言葉の出という。今の方言のべである。
とうふる山のお書きという。

 いくべという。どこそこの行きの場とそ。そこへ達する言葉
という。それを、べ、とそ。行く所という。これを、行くほみ、
という、ほみの山の絵という。しから山の絵とそ。

 べてふれのえと、という。めるれるゆみそ、という。これを、
あかふりき、という。あかふりのや、という。この『き』を、
それ、という。あかふりそれ、という。赤い振袖という。
これを、れでの山という。でよるぱっぺ、という。れむでるの
山という。

 これを賀茂にふる、賀茂振り寄席という。この『寄席』を
せるて、という。せれせるのろろふる、という。寄席の意味
という。寄席山のお書きという。

 賀茂の寄席の絵という。ぺてぺてのかみゆり、という。
めてゆてれもる、おりゆき、とそ。賀茂山こっくき、という。
賀茂の山の東という、御所東の蚊も山という、ここを、春日(
かすが)という、後とそ、春山ら、という。はるれるすくの山
という。春やら山る、せっこく、という。せつれつ山それれす、
ててふ、とそ。

 賀茂山のあった頃という。賀茂を、こくれく、という。これを、
くすべす、という。べーれるのかそふそ、という。のべる山の
お書きという。のち 、めたゆて、という。賀茂の前の言葉をいう。
賀茂をめたゆて、という。かもすれ、という。これを、ごせ言葉
という。古くの御所をごせ、という。ごぞ、ともいう。
ここの言いである。もっと古く、かもせら、という。

 この山の西の方という。西を、けんくれ、という。たいせま山
の絵という。これを、とみれか、という。とみそむの山という。

 かみそれご、という。御所という言葉の出とそ。れを、
こんくり、という。こるけるせめそ、という。こっきすの山と
いう。ごしょめの歌という。しょめ山ともいう。ふし山々の
お書きという。

 ここにいたオームという、孔雀もいた話という。後、印東と
いう。印東含(いんとうごん)という。後に、印行きという、
印べの山という。これを、インタック、という。いんてるの
しみそゆ、という。ここを、いんのみ、という。いまそのれ
れそ、みつべつの山という。印東のお書きとそ。

 後、院という。院当という。これが、東院の話である。後、
東訓、東君という。今の、東球という。東球ごもれ、という。
後とそ。東宮という。御所の東の建物をいう。ここを、東宮
御所という、これを、そうける、という。そける山のお書きと
いう。後、そうきゅう、という、そうきょう、ともいう。
きゅうきようの山という。東宮そうきょうという、の『そう
きょう』を、そうきゅうとも、そうきょうともいう。西球と
いう、後、西院とそ。二つを、そういん、という。双院、双
球、双宮、双きょう、という。そうきょう御所という。これを、
双方の山という。双方宮という、双方球、とそ。

 御所を、そうきょう、という話である。そうきょうの
ある場所を、きょう、という。みやこという。これを、
そうきようょう双方という。後、そうるく、という。
そうきよう双方を、れむてす、という。れむれむのうれる
という。れむれむを双方という意という。れむという、そう
きょうを、れむという。れむれむ、ともいう。

 そうきょうという御所住まいという。ここを、そうきょう
という。そうきょうみやこの山という。これを、そう
きょうとという。きょうの山のお書きという。いんみるやっき、
という。いんを、そうきょうという。判子である。これを、
そうきょう判という。御所の印を、そうきょう判という。
これを、みやこの説き、という。とうれる、という言葉とそ。
とうれるとうはん、という。とうばん、とも。とうばんの
山という。後、東判とそ。後とそ、東藩とも。東判を使う
東藩である。後、とう、とも。この『とう』を、一のとき、
という。とうの意味を表すこととそ、言葉である。

【東院君】
 東印君、東院君の古い言葉である。どちらも同時期に使った
言葉である。東院君という、これを、春、という。この場を
東院という、れを、春日辺(かすがべ)という。春日辺の山と
いう、賀茂の山という。賀茂山すうれる、という。後、
賀茂山連という、賀茂山連山である。御所の東の方である。

 東院君という、山の一部である。賀茂山東院という。東春
の山という、これを、春日辺教(かすがべきょう)という。後、
春日辺卿という、後とそ、春日という。春日辺とも。

【賀茂背】
 今の賀茂川の辺りである。ここを、賀茂けみ、という、西を
せけるれ、という、せるす、とも。西を、せ、という。
これを、賀茂背という。賀茂背の御所という。

 カーレルルークという。カレスレーという。めるれるの
おゆれゆ、という。賀茂背山御名(おんな)さんれる、という。
『カールレ・レッセ』という。この『セ』を、今の言葉の語尾
という、『そうでっセ』とそ。セの一意義である。

 れてそせの山の言いという。山々のおゆれるせま、とそ。
いんてるもっき、という。めるせるゆっての山という。めて
るてのおや、という。東院君のお書きという。

 内の住まいという。内という御所内である。後、という。
若い人の京都御所という。京都御所の以前の書きである。
これを東院君御所という。幸の井、菅井である。菅の井である。
井戸である。賀茂れらすっく、という。賀茂せまの言い浜と
いう。浜言葉である。

【陽落御所】
 ゆいれくえた山という。ゆいれるさと、という。里のこと
である。言い浜の歌という、よい浜という。とも、いう。
よいいいのくゆする、という。ようよういいいい、という。
ようらく山のお書きという。ここを、陽落御所という。
日出る場という、日落ちる場ともいう。

【日出落ち場】
 御所から、賀茂連山東へ行くことの言いという。
賀茂山を、日出落ち場(ひでおちば)という。陽印の山
という、印照る山という。いんしょうざんの山という。
これを、印象という、後、印章という。判子の押しあと、
である。陽印判という、ハンコ造りの話とそ。

 ヤーセルレンズラーという、花山の山という。ひやせ
の歌という。トリケラトプスのいた頃である。1億年前の
話である。東印君お書きである。

【水素自動車】
 この頃の自動車である。ナンバープレートのなかった頃
でもある、あった頃でもある。木の車輪という、四輪車で
ある。水素自動車という、H2Oの分解という、これを、化合
する自動車である。この頃の化合である。これを、かごめく、
という、かごれら、という、かごせ、ともいう。これを、
大勢のかご、という、後、大勢の化合という。これを、駕籠
という、東印君御所の駕籠である。木製自動車である。
原始時代以前から自動車に乗っている若い人である。1億年
前の怪獣である。トリケラトプスの形の自動車という。
1億年前の自動車という人である。水素自動車という自動
車である。

 トリケラトプスという怪獣の自動車でもある。トリケ
ラトプスも乗っていた乗員という。若い人と一緒に乗って
いた怪獣である、恐竜である。今様の檻付自動車という。
動物運搬車である。大きな車である。 
                           柳
   御名 秋残り 璽
   
 これを、墓字書き文書という。
一番最初の『正』を、前花、前花押、という。
最後の『柳』を、後花、後花押、という。
璽がハンコである。あと月日を入れることとも。
東印君形式という。一御所の文書形式である。
花押字を使うこともある。墨字のこととも。

 墓を丸という、丸墓形という、花押を丸墓字、丸墓書とも
いう。ペールレーという、ペンセの山のお書きとそ。

 一つの文書の形式である。前略草々の類である。

 丸墓書
 ハンコをはれくるという。はれくるれいて、という、丸墓書
である。一名、春書きともいう。春書草という。草が、文で
ある意とそ。意を補うて草文という。つれづれ草という、
文書である意とも。

 つれづれが、吉田語である。つよめたという、つよふるの
おるれ、という、秋残り解である。
トリケラトプスの頃の頭である解である。つうつう、と
いう、電文山のお書きという。古代通信法という、つうつう、
という木製自動車の電文である。つうつうが通る、という
木製自動車の通行の形容とそ。
 木板之介という、木製キーボードである。短波器搭載車とそ。
ぬたちつ搭載機である。この頃の機車である、木車とも。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2502大原練習2122天の下1937FrancePhrase 文(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624927
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/10 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2474
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月20日

卒業3731・FranceOiseauPerroquet 令造(オーム鳥) :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3731京都船旅2631
    古譜2501大原練習2121天の下1936FranceOiseauPerroquet 令造(オーム鳥)(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/04/17 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/20柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

すげの編みかぶり歌う トリケラが立ち舞うた
花令和御殿みかど プルプルと 振尾振り
そうきょうよい舞台に オーム鳥 駒鳥
歌う夜 三味(ごったん)と シンセサイザーの
合わせ歌 京都会議あと たのし

 狐の天気予報。〇r2019/05/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
我オーム 世を鳴き渡る 人の声
真似る我を めでる若人
オームよしの詠む
【京都会議】
【ムー大陸】
【すがよき】
正(やなぎ)
 若い人はいう、『オームを呼んで詠まれた』と。
小さな洋間の一夜という。オームがたくさんいた頃である。

 鳥留所のそばの、すがよきという場とそ。のすがよきに
オームが来たその日の夜のこととそ。トリケラトプスの子供が
歩き、オームと歌う歌に合わせて、立って舞う。すがよきの夜
という。

 ここの御所のすがよき屋という、後とそ、大宮御所という。
大宮御所のまえの地である。すがよきという、すげの編みを被り
きとえを、とめという。きとえま山のお書きという。

 オームとともに過ごした夜という。古い頃の御所前という。
御所の前の地である場という。鳥留派ともいう、場である。

 きそれる山のお絵という。後、ひってという。ひぴすり
という。ひめよまのおられるそみ、とそ。すてをいう花の屋の
歌という。れそてのゆゆす、れてす、とそ。

 これを、御所まれ、という、ことのほのゆい、という、言い
とそ。ゆうれるゆうるのお書きという。御所山の背、これなるを。

 オームと一緒に寝るトリケラのお連れという。お連れやら、
ろろす、くすけるや、という。これを、やと、という。若い人
のやとである。宿ともいう。

 すがよきこきらくの歌とそ。御所を、みんぱ、という、
ちょうはなの御所という。ちょうを鳥という。鳥花の山、
これを、よるえる、とそ、よるえて、ともいう。
鳥寄りの夜である。10羽程のオームがいた話という。花山の
おごふり山という。おごを、こうるげ、という。こうるげ
山のお書き、という。

 オームが詠んだ歌であるという、我オームという、短歌の
こととそ。若い人が詠まれた人である。オームの詠んだ短歌
という。吉野というオームである。みよしのの山、これなるを。

若い人をいう、オームの歌を覚える人という、オームのお教
えという。御学問所の校長である。***先生という若い人である。
甲鳥ともいう、オームのことである。甲の鳥の絵、これなるを。

 懐かしき屋、若い人の歌う歌、オームとの合わせである。他の
鳥も来た夜である。我が花の夜、これなるを、若い人がいう、
花の世である。夜とも。

 後、おり山という、おり山夜の屋、これを、すがれま、と
いう、オームの御学という。オームの真似をするという人の
山のうるれる、という。めすゆすのお絵という。オームの歌う
歌、たくさんある歌である。***校長お書き、これなるを。

後、大学者になったひとという。うちの****という人である。
この日の校長である。オームの****先生のお教えである。歌とも。
ファーおじさん、という、オームである。

 オームを、そうきょう鳥という、すがよきの屋のおこと、
とそ。人の山のお絵、オームを人という、オームの巳という。
若い人の頭脳のことという。オーム頭という、オーレル
ラームのおゆっそ、という。オームの真似でできた頭という。
オーム返しという話である。

 今日を、よきび、という若い人の詠みという。よき日の山と
いう。5月の19日という。よきびのおち屋の夜、京都会議の夜の
御所とそ。水爆のおかれたおち屋という、御所の屋の歌である。

 ごっかるかっきの屋とそ。ごってるるくすれれふ、これとそ。
歌やたの絵、よみふるろくす、という。京都会議の夜の泊り屋
である。

 大きな水爆である。これを使う若い人である。1メートルほど
の水爆である。御所落、これである。水爆の山のお書き、
これとそ。

 水爆ドンドン、花山花火のお絵である。『きれいやった』と
いう話である。

オームよしのという、葦之ヶ原のオームである。 
                           柳

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2501大原練習2121天の下1936FranceOiseauPerroquet 令造(オーム鳥)(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624917
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1989/04/17 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2473
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月19日

卒業3729・FranceSalle haute 高殿 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3729京都船旅2629
    古譜2499大原練習2119天の下1934FranceSalle haute 高殿(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/18 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/18柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

揺れる高屋 始祖鳥が止まり来れば ゆらゆら
歌を歌う 小鳥ととも しばし休み 始祖鳥に
おはいりと歌に誘う クワッキー うれしそうに
答えて羽を広げ見せる ゆらりゆれる 高殿
雲も上に下に動き なごやか

 狐の天気予報。〇r2019/05/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
歌を聞き 来る始祖鳥は 羽、明示
ぐらりとゆれる 止まる高殿
 プテラノドン、合唱の高殿に止まる
【京都会議】
【ムー大陸】
【レーナ】
正(やなぎ)
 レーナレーナというナレーションという、ナーレルレーレの
家屋とそ。レーナの高屋を二つ合わせた造りとそ。ナレーシ
ョンのレボンスという。メーリラともいう。ブイ山の田かおり、
ともいう。

 れてゆらのろんくれ、という。めるれるろそんと、という。
めてのやよゆく、とそ。これを、レーゾンカクという。
レーゾンの山という。レーゾンカクの山ふれ、という。リー
ミルのおふ、という。これの造りのよよ山のおす、という。

 これを、レーゾンデートルという。レゾンのあゆふる、と
いう。年山をよるおしいしねという。石山のふゆれる、という。
ふすむ山のおてこる、ともとそ。これを、為行の歌という。

 行を池とそ。行玉屋という。いきたまのおく、とそ。
れぞめの山という。れいてるそそむの、すすめる、という。
すゆすゆの山という。

 でそめという、でみそめのや、ともとそ。れるれるのゆせゆ、
れろほ、ほめむ、すすむるれぞ、とそ。この歌の意味である。
レーテルロークという、めゆてすのおろる、という。おろろの
山のお書きという。

 おろたせら、くくす、という。やゆやゆのめるゆ、せてる、
よめるけ(よめるこ)、とも。やての山のお書きという。
うちだ山の家のお書きという。うちだという、他のある山とそ。
丘である。御所の中の田である。

 プロン鳥という、鳥の来る田の中のこととそ。プロメ
ともいう。プロメ鳥のうれふれ、という。はばたく鳥の声の
聞こえとそ。

 レーナをいう、令和のことという。
 
 三ッ沢のナレという。歌にナレーションを入れる、ナミレナと
いう。レナナビのゆゆろく、という。れむてのあゆする、とも。
レナをナレという、ナミレナのおんびく、という。言葉のくり、
とそ。

 令和御前の歌である。御学問所の前にもあった令和片びな、
である。ここが、御学問所の音楽教室である。れいなろん、
という家屋である。

 レーゾンデートルという、歌を合す意味である。
一曲の中に、ナレを入れることとも。レーゾンのワレスケ
という。存在の輪という、レーの意味である。いるという、
あるとそ。あることをレーという、令とそ。これを、メルケル
という。令和が、あるをいう、いるをいう、いるやるという、
めて山の絵という。レーゾンムッテとも。
 わた山のお絵ともいう。
 
 古い世の歌である。ひっくり返した塔の、レーララという。
その党の中の歌ともとそ。レットンククという。メルセル
ラックのゆむゆ、ともいう。むれするの歌である。

 後、歌合わせという、合唱のことという。メルセラルー山と
いう。せいらくのおくれら、とそ。おくゆきの山という。
古い御所の歌である。
sotu3194 http://akinokori.sblo.jp/archives/20180603-1.html
                           柳

未来の安全確保、健康維持、プレゼント
2031/5/18 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/19 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/20 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/21 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/22 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/23 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/24 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/25 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/26 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/27 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/28 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/29 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/30 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/5/31 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/1 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/2 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/3 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/4 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/5 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/6 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/7 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/8 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/9 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/10 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/11 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/12 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/13 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/14 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/15 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/16 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/17 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/18 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/19 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。
2031/6/20 読者御方々正(やなぎ)、健康柳、安全柳、良い日です。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2499大原練習2119天の下1934FranceSalle haute 高殿(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624897
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/18 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2471
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽