2014年06月14日

卒業182・糸:イカスミ柳

 『卒業182・糸
  (西山讃歌)』
 4/4
 2014/06/14創曲詞 
 縦に糸かかり 色の綾出しと
 横の糸 様々の流れ綾見る
 人の絆をとおもうひの成す
 学び胸にあり 卒業の日のかかり
  
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
 縦横の 糸綾様々に 織り成す 
****
  秋残り市立美術館緑夏期展示
 『組』
  縫 小糸〔ぬいこいと〕 画ユ 
 
***サメ  サメ サメ  サメ サメ  サメ サメ  サメ***

等分 
 4拍子を2等分すれば、2拍と2拍になりますが、
数学のような、中心を出す。そんな等分です。
4  333  4 で、
333の真ん中で2つ折れになる。
中心のある音楽?、そんな等分をしてみようと、
上の楽譜です。 駄作です。

4タイ3  3  3タイ4  これで4拍。
これ、新リズムになるやろか。
私は秋残り大学の一聴講生ですが、
音楽教授に尋ねてみます。
(333は、3連符です。)
posted by 秋残り at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99752688

この記事へのトラックバック