2014年05月06日

5002・雨の目(歌の雨):イカスミ柳

『5002・雨の目
  (歌の雨)』
 5/8
 2014/05/05創曲詞 
 ポタンタン ポタンタン ポタン落ちる雨
   ヾ     ヾ     ヾ
 軒下宿りには ふな落つ落ちと
 黒い空から落ちる 黒い目
 雨の目は深くて黒い    


字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 ポタン落ち ふな落ち雨に 歌を聴く
 歌うふなぶり 雨の黒空
****
  秋残り市立美術館春期展示
 『愛雨』
  愛雨 江尾 画面
  
【解説】 ふな落ち、ふな降り、土砂降り雨のこと。
      雨の目、雨のこと。
 
***サメ  サメ サメ  サメ サメ  サメ サメ  サメ***


『卒業209・ 小鳥
 (西山讃歌)』
 1/4
 2014/05/05創曲詞
 花開けてぞ歌う
 五月 青空に
 小鳥飛ぶ
 飛びつ歌いつ  


字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 【解説】小鳥のことを、『津飛び』『津歌い』
      という。

posted by 秋残り at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95612095

この記事へのトラックバック