2014年02月23日

卒業45・子白(西山讃歌) 他1子:イカスミ柳

「卒業45・子白(西山讃歌)」
5/4 20140221創曲詩
子いわく 学成りぬ
蛍雪月光 ここに 
いずれの世にか
ありぬべき 駒かける後
君が手振り歩む ともに
学んだ 馬と人のこと
尊と 君はある

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
駒がこと ともに学べる 学び舎に
手振り歩める 右手足前
 惻音歩行、我が歩みである。
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「馬の山」
動物 主人 画楽
馬山(場山とも)灯火、
見て学ぶ、自然論
=============
"Theory on animals"
" Animal beings are eternaly,
    their existence  gives us influences
    on the earth.  The earth praises
    them usually. They have letters, songs,
    paints, etc.  They see the sky and make
    poems of cloud,   sing songs of ground.
     ........     All right.
                Graduated on Feb. 23rd, '14
      Akinokori university, animal science
        written by  Zoo Looker  "          
=====================
訳 「動物学 卒論」
 「・・・
   動物は、空を見れば、雲を歌い、 
    大地をも謳う。
              ・・・」
    秋残り大学動物学専攻
     ズー・ルッカー 論述         

卒業48・譜様歩き
(西山讃歌)
4/4 20140223創曲詞

歩きには 音譜を見
5歩あるき1小節
タン・タタ・タン・タン
この調子続けて歩く時
早足様 足を見る
中早歩みの
駆け足ほど早くなく
当遠近用

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
歩みては 心浮き浮き 早中〔はやなか〕で
足元を見る 音譜の思い
--5歩足4拍--
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「 相 行 」
5歩 4律 画良

「バレリーナ歩き」
 そう、今日は 秋残り市立バレリーナ高校の
卒業式ですね。私も一員です。

 タン・タタ・タン・タン、あるいは、タン・タン・タタ・タン
の律で歩く、5歩足4拍子という。5分歩きという。
中早〔なかはや〕ともいう。。
「 老いより歩み 」ともいう。老人歩行という。
若い人がする歩みでもある。昔よくした歩みです。

「 つま先出し 」、「 つまよき 」 ともいう。
歩みの颯爽華麗である。
颯爽文である。
「 秋残り家古文書 」 から、抜き書き

posted by 秋残り at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88195248

この記事へのトラックバック