2014年02月18日

卒業41・紅艶(西山讃歌):イカスミ柳

「卒業41・紅艶(西山讃歌)」
5/4 20140218創曲詩
春霞おぼろ 卒業の日
間近に迫る時 紅頬染め
君が近寄る 薄化粧して
手を差し出して 細い声で
 告げる 再会の言葉 「あう」
 日が指した本、置き 君を見る
 微笑んだ清楚な顔立ち
 新しい気持ちでまた会える
 
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
そめぞめ ぞむ染め くれない頬
うつつ君花 蝶の我飛ぶ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「約束」
人生学 口実 画生


====================
「あの歩き、やった?
 4歩歩んで、1歩休む。
 右足前、右手前の、あれだよ」
「なかなか難しいよ。
 右手も左手も同時に前にして歩いてみたんだ。
 変化形だよ。1分~2分くらいだな」
「足を一歩休めるというところだね。
 けっこうむつかしいよ。一歩休まずに
 右手前、右足前をやったよ。既成観念が
 出てきて、手足交互になってしまう。」
「華麗な歩き方だってね。学校が薦めている
 んだって。 『何をしているの?』
 と声をかけられたよ。
 いいかもしれないね。
 華麗に見えたのかもね。」
「僕もそうだよ。立ち止まって見ているのだよ。」
「しばらく続けるよ。仕事の帰り道にね。」

注意: 混雑している場所では、1歩休むを控えてください。
    後ろの人が、追突することがありますので。

  改良形: 1歩休むときに、後ろを見る。


 
posted by 秋残り at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87529263

この記事へのトラックバック