2014年02月13日

卒業33(西山讃歌)他1子:イカスミ柳

「卒業33(西山讃歌)」
5/4 20140212創曲詩

卒業の日は目前に
学びきた教え
燦然とたつ学び舎
また来る日その日
 そうきょうを忘れぬ
 今ありてぞ明日ありて
 過去ありて今ある
 学びきたこと 開く

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
学び舎の 教えは開く 花と咲く
良き将来の 目前にあるを
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「燦然・緑の輝き」
輝 棟 画美

(かがやき とう)
=======================
「卒業34・ビル中の学び舎
 (西山讃歌)」
5/4 20140213創曲詩

ビルの中 教室が
二階には田と畑
三階に馬と牛 豚小鳥
小さいが山と川が
流れている 時は春と
明日見る 卒業

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
学び舎は ビル中にあり 農学ぶ
上に動物 時、自然あり
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「ビル中の学び」
田舎 教師 画然

=====================
秋残り大学総長訓話
 本学は、都会の中心地のビルの中にある
ことは、諸君らもご承知の通りてある。
 その中にある、ビル学棟である。
農業を志すあるいは、自然を学ぶ諸君に
は、我が秋残り市では、一等の地である。
 我が秋残り市の建築技術の豊かさが
余すところなく発揮されている。外来者にも
広く公開されている。絶賛の声を聞く昨今
である。小川サラサラ、牛馬徘徊、処々
啼鳥を聞く。魚、稲、ネギなど畑作物、
山あり、日もある。最高の学業の環境である。
環境工学の手本ともいわれている。
 上階には、電子工学、宇宙学、原子力は
もちろんのこと、総合大学の我が棟である。
 学問の塔ともいわれている。付属高校も
この棟を利用している。残すところ、わずかであるが
諸君らには、精一杯、学業に勤しんでいただきたい。

posted by 秋残り at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87124098

この記事へのトラックバック