2014年02月11日

卒業29・緑影(西山讃歌)他2子:イカスミ柳

「卒業29緑影(西山讃歌)」
5/4 20140211創曲詩

緑影追われ追って通う
学びの場 春やわら
影をもてと教えの庭の
鈴掛け 腰をかける
 ざいしに寄る 影裏露
 朝今だ 咲く花 
 ここ匂う 明日の卒業
 楽しくと 行く

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
岩陰の 露は七色 おきたりて
学びきたりた 過去のここたれ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「岩陰春寄」
過去野 去来 画是
ざいし、大きな石のこと、岩ともいう。

=============================
「卒業30・紫水(西山讃歌)」
5/4 20140211創曲詩
春の水 紫 井戸の花匂う
泡吹き水のやり花
日昇る朝に出で 卒業の
日を数え 朝今だ打つ
校門を見上げている
水とおり過ぎる

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
春水を やりた花床(はなゆか) 通り行く
脇の門染め 終えと初めと
(見桜 将道) 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「未桜 先作」
近未来 今日 画時
泡吹き水、井戸汲出しの水。
================================
「卒業31・卆の川(西山讃歌)」
5/4 20140211創曲詩

藤倉井戸に 水満つる
汲み 岩鼻遣り うを見る
よき山 浮葉軽き
糸の柳垂れ 残すを
歌うと 明日見る
花かゆる かぬ(かに、蟹) 

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
井戸の水 蟹見る柳 糸の垂れ
花に歩みて たわれめでつつ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
春季特別展示
「蟹の歩み」
嫌井 ミミ 画村


卆の川を越す

******
 本ブログでの、個人名また団体名称などは
仮想の名前で、私が考えた名前です。
たとえ同一の名前があっても(ないと思いますが)、
何ら本記事とは関係はありません。
 書かなくても、読めばわかることですが、
念の為、ここに明記します。
======

posted by 秋残り at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87057306

この記事へのトラックバック