2014年01月25日

地球真っ二つ(未熟の花828)他2曲:イカスミ柳

「地球真っ二つ(未熟の花828)」
4/4 20140124創曲詩

今を去ること、その昔
大きなお星のこのお月
丸いお星が突然に
我が家の前から真っ二つ
 向こうの御地は、ぐるぐると
 我が家はこのまま止まってる
 家から手を振り 回る地に
 いつものお顔が笑ってる

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 おん昔 丸いこの月 真っ二つ
 わかれて回り 止まって、日、出た 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「太陽がない日」
 非日 画地

秋残りテレビ中継
 「地球がまっぷたつに切られたところです。
秋残り市颯爽家門前です。ちょっと離れた
向かい側の地ですが、回ってます、
回ってます。こちらは以前として
止まったままです。1日たったところですが、
向かいの景色がドンドンかわっています。
素晴らしいことです。いやあ、この技術には
びっくりしました。しばらくの間、地球を
このままにしておくということらしいです。
あと、ひっつけるということです。
 颯爽家の技術はたいしたものです。
地球ね、真っ二つにするヨと、一言です。
その言葉通りに実現しております。」
「アナウンサー、こちらがまわっている
のでしょうか。むこうがとまっているの
でしょうか。」
「こちらはとまっています。
 片方逆回転、両方同時回転、いろんな
 回転をしていくということです。」
「ここのお屋敷ですが、裏には水素飛行機が
 おいてあります。ちょっと見せてもらいましょう。
  歌手 颯爽 歩さんが乗っておられます。
 真っ赤な機体ですね。」
・・・・
・・・・
--------------------------------------------
「原子力自動車(我が家の道具35)」
4/4 D調3半音 20140124創曲詩

大きな車体の六輪車の輪が回る
原子の力、六輪回って進む
原子の光が照らせばグングングン
明るい道行き 颯爽車は走る

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 原子力 我はめでたる 我がつくり
 グングングンと 走る六輪
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「6輪車」
原子力 好き蔵 画行
----------------------------------------
「うぬぼれの月(未熟の花829)」
4/4 20140125創曲詩
そうきょうは、うぬぼれて
よい日のお月様
雲波に乗り浮かぶ
 卯の山のお月様
 隅々の果てまでと
 照らしつつ宵過ごす
 相連れは唐傘の
 肩あいのお伴なる

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 相連れて 唐傘中の 肩はあう
 良い宵月の ほうぼう歩み 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「月うぬぼ」
 良月 地干 画油


雲が傘のようになっていたという。

posted by 秋残り at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85992025

この記事へのトラックバック