2014年01月16日

雪景色・未熟の花820:イカスミ柳

雪景色・未熟の花820
4/4 20140116創曲詞

雪降の 静かな日 朝起きて
白一色 遠く山冠雪の美しさ
木々は傘いただき 雲白く
地の上をおおう
緑白の日 姿こそみえね
みどり雪
ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
   そうきょうの よい花雪は 降り積もる

****
秋残り市冬季特別展示
「冠雪」
香臨 草高 画工

**みどり雪、白雪のこと。
**緑白、白いこと。

歌手、歌足 : アンナ 晴ユ
          Ann Hack-U
         秋残り市立公共職員
楽団 : O-Che 曲楽団
      おちえ 曲楽団
      後に、オ−ケストラになる。
指揮 : 手 体 棒
作曲 : ははは
作詞 : わっは
 後ろの壁の絵は、香臨 草高 画工 の
御力作。(共労会館)
運動場くらいの壁の大きさで、遠くからでも
よく見え、音も反響する、音壁である。
音を当てるように指揮がされる。
内外兼用音楽用建物である。
壁が大きく出ている建築用法である。
建築家 縦々 横々 建築士
0級ライターである。

posted by 秋残り at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85488023

この記事へのトラックバック