2013年12月03日

田(未熟の花213):イカスミ柳

「田(未熟の花213)」
4/4 20131202創曲詩

稲が出る 稲の田の
稲穂ゆる 稲という
道作 外の 二期作の
稲穂なる 三期の作も
なっている おりやはる
ふるゆあこ みれば
かつおあき なり

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 我が田には 二期三期あり 稲穂のわ
 田の世にあたる 歌の山々  
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「二期毛」
田 咲雪(タ サクユキ) 画唱 
========================
========================
「黒の船出」
(未熟の花214)
5/4 20131202創詩
   20131202創曲

舟に乗り行く 
おおつみとう まだき
朝黒く ふなの帆の先ゆらる
我が度を開くという日
肌さむ 我が家前 港
帆を上げては旅立ち
たつる日の 待ち思う

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
  帆を上げて たびゆき思う 我の世に
  舟を漕ぎいづ ようよう渡る(を)
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「黒田」
ヨキ 船見 画棟

posted by 秋残り at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81856875

この記事へのトラックバック