2013年11月25日

夏夜風(未熟の花169)他5拍子2糸:イカスミ柳

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。


「夏夜風(未熟の花169)」
5/4 20131125詞曲
5拍3連符4連符

夏夜風吹き 肌気持ちよく吹き
うちわ手に持ち あおぐ夕づつぬ見る
熱き日終わりて夕来る 柳葉そようく
風目をほむすよ 段台座りた
浴衣着織りよく 夕風く(夕おりぬ)  

****
 夏夜風 内輪片手に 風を足す
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「浮き玉風世術」
床机台 風夕 画津(がつ)
画津といううちの絵のつけやまという
----------------------------------------------
「祖国の山(未熟の花156)」
5/4 20131125詞曲

琴弾き 風見の やの流れ
上より吹き下ろすや 力強く早く
落ちくる 地に落ち舞い上がれば
身が浮きそう 祖国山
風荒れる地 我有るをいう
風の言い 有体よろし 
****
 風は落つ 吹き落つ山に 我は有る
 落ちては上がる また落ち吹き来
 「風の上下降」
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「良格好上下風」
格好 良雄 画人
------------------------------------------------
「浮き玉(未熟の花168)」
5/4 20131125詞曲
水中浮いてる 丸い草
玉なり 身低く心は柔らかく
優しく 世渡る我長くいますように
丸玉 心において良く ひとひと草
水玉 いつも拝んで 
元気は出るよろし 浮き玉

****
 浮き玉よ ひとひと草よ 世渡りは
 丸い玉よく ころがり泳ぐ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「浮き玉風世術」
雪隠前 浮世 画蔵

posted by 秋残り at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81365821

この記事へのトラックバック