2013年11月04日

かたつむりの歌30(くゆれず・未熟の花88):イカスミ柳

「かたつむりの歌30
 (くゆれず・未熟の花88)
9/8
20131104詞
20130517曲
槙の木にいてる かたつむりの虫
角を出している 近づけば角をすぼめて
私を見ると知らせる いつもの笑顔を
 見せてうれしそう 花春になれば
 顔を出し来る 期をたのしむ姿
 音をきいてる 期の枝の日々を
 わたり生きる くゆれずかな
 君と生きてる かたつむりかな
 喜びとも生きる勇姿

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 くゆれずは ゆたりゆくりに あゆみゆる
 まゆまきふれず たけるさもらる
 (かたっつむり ゆたりとゆくり 歩みいく
  まきのはうえを 字をかきながら) 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
秋季特別展示
「かたつむり礼賛 」
虫枝 幼虫 画木
(むしえだ ようちゅう)

posted by 秋残り at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79901223

この記事へのトラックバック