2013年10月27日

白浜:イカスミ柳

「白浜」
4/4 20131027詞曲

白砂の ひとわの海
沖には水が盛り上がる
白浜の 白石小石続く浜
 大石に腰掛けられて
 海眺められる お婆さん
 白い空 白い海
 辺りは一面白
 白い日の一日

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
  白浜は 波が眺める 浜と人
  人が歩める 小石しらつづ〔き〕
****
秋残り市立美術館所蔵名品
秋季特別展示
「白浜一日」
時 矢 画白

 

「白積む(しらつむ)」という、これを「しらつづ」という。
白積む山の浜という。白いの波の身(白い波の見)、という。
しっぱ・せえふく、という。
しっぱの山のともいう。白浜の歌である。

posted by 秋残り at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79289179

この記事へのトラックバック