2013年09月09日

夜-逆音の魅力:イカスミ柳

逆音の魅力
 歌は、私が平身低頭、有名歌手に頼み込んで
忙しい中、時間を割いて歌ってもらいました。
 逆音という難しい注文をつけ、頭の下げ続けで
やっとのことで引き受けてもらえました。
<(_ _)> <m(__)m>    こんな感じでしようか。 <(_ _)>
苦労しましたワ!!!
***
逆音、 声音を、最後から、逆から、発音する。
< のような感じiに聞こえると思います。
感じはそうですけど、「暮れ」、これを終わりから聞くと、
どう聞こえるでしょうか。「れく」とはならず、この「れく」は
文字をひっくり返して、それを読んだだけです。
 それでは、どう聞こえるでしょうか。
声音を細かく表すのに、ローマ字で書いてみます。
k-u-r-e となります。 これで、
e-r-u-k エルクとなります。eruk エルクと聞こえます。
・・・
なぜ、こんなことをいうか。逆音の特質、性質を
音楽にいれたく思うからです。
おかしなことをします。
逆音については、また後ほど書きたくおもいます。
こんなことより、有名歌手の歌をお聴きくださいませ。
お名前は・・・ですが、歌い方に特徴のある歌手です。
あのお方です、コンピューターを真似る、
そうです。某有名歌手です。
***
「夜(よ)」  
4/4 20130909詞曲
歌手 某名歌手

ゆうゆう焼けて           順音
ゆられるを
この世の朝闇と
ゆうかられるたる
あなやます
ふめふる山の
およよひく

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

「夜(よ)(終わりから)」
くひよよお
のまや るふめふ
すまやなあ 
るたれらかうゆ
とみや さあのよのこ
をるれらゆ てけや
ゆゆ

終わりから逆音 上に逆音をあわせました。

はじめ少し逆音、中ほど、わずか逆音

今度は、真似ではなく、なまで歌ってもらいます。
乞う! 御期待!

秋残り新聞絶賛 若手新進作曲家の譜面

posted by 秋残り at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74483276

この記事へのトラックバック