2013年08月25日

光布:イカスミ柳

「光布」
20130824曲
20130825詞


演奏: WMA星団
  琴:   琴座 低音 師匠
  ピアノ: 鍵盤座 音
  ソウ・リード :アルファ・アイオン
  ホンキートンク: 熊座 こよ
  フレットレス:   基礎 講座
  ドラム: 電源 光布 

我が家の前に
光布は出で
空に浮かびる 拝す
大き揺らぐみつ
高空に花 形整え
揺らぐ揺らぐをめでつ

天空かざ 夜空
有体を整う
日の頭をかざ
花蓋なる
月は見たりて
かがうく

天に流るる
光布ありて
山浮きてぞよき
我が世 
天を飾り るる流れは
夜々日々と

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 「かがのうき」 山花と極光の夜かがに浮き 
 「かがながれ」 青き夜に 青き光ぞ かがながれ
 「かがなみこう」夕暮れは紫光波うち我が家前
 「かがおとし」 縦凪がる 光の布の 暖簾よう 副題「極光の謡い」
 「ひのえ」   夜の日は 青いあかきく ながそかが
 「よぎり」   ようように流れ交わる かがよぎり
**** 
秋残り市立美術館所蔵名品
「極光無双図屏風」
極光 日夜 画伯
宇宙会派 天空画布
画伯弁
「この屏風は、畳一畳大きさ6曲である。
 私の絵は、この屏風もさることながら、
 天が画布である。5Kmからの大きさの極光
 叉、家の中にも入る大きさの極光、そのものである。
 屏風に描かれたものは、全部、光である。
 いろんな色の極光がある。
 極光を描いたものである。」
 

posted by 秋残り at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73273062

この記事へのトラックバック