2013年08月12日

子獅:イカスミ柳

「子獅」
C調5半音音階
三味、順
祖という胡弓、反音
琴、逆
及び 琴逆音
20130812詞曲

鞠をともに 遊べる子獅
髪長き 姿よき
ありてそむ しいか見たり
えみてみ えいてよ 
よをめでつ
はねる鞠を てもてるたちつ
はなにあれ はゆくかゆ
おしろすはるら あまよあれよ
はなかるれ ろろるれれ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
そうきょうはよい思い出がある。

****
  世にありる 我が世ありてぞあり ふまる
 かゆれはなゆ きゆきすこらる
 (子獅のめでの歌)
****

お爺さんのお歌。
花笹のお歌ともいう。
「植村勘次郎」という極である。
お爺さん、ありてあられ、このよみどる。
植村勘次郎お爺御上、緑夏みぎり、御健やけく
おあり給う由、お喜び申し上げます。
いちろゆ、喜嬉喜ゆいゆゆゆ、ありゆありゆ、
そよゆ、さってすこっつ、れれる、れれれ。
おわられありる。おわそそよゆせせ、れれる。
れれて、よしゆ、せっせゆゆれれ。
このよありてあり。


秋残り市立美術館所蔵名品
「子獅自画像」
子獅子 画伯
 
posted by 秋残り at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72352894

この記事へのトラックバック