2013年08月04日

船丘:イカスミ柳

「船丘」
 (3半ミ〔美〕音)
20130804詞曲

君と歩いた あの丘道
今日も続く 光とも
船と川中にあると
君と歩いたあの丘道
今日も記憶にある
大大大お爺さん
私の胸に今も今も
残っている

終わりより1oct下げて逆音
3音上下逆

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
そうきょうはよい思い出がある。

****
  船宿を 横に大船は ゆれていく
 おうおうおうお爺さん
 御船美しく

****

岸本剣蔵様大叔父御上の御み教え
有りがたき御み教えありありる

御感謝るる有りてあり
御世御渡りあり、緑夏、
御すこやけくおあり、
御なつかしく、壱裕ゆ
緑夏のみぎり、ご挨拶申し上げます。
お夏暑きに、御体お大切に、壱裕ゆ、
御願いもうしあげます。
かの日、晴れてありあり、
おうおうおうお爺御上、御懐かしく
壱裕ゆ、おもいおります。
かの日の御礼、そう今日、かしこしく、
申し上げます。
御船、川流れ、かの日の御事、御胸に
なつかしく残りあります。
おうおうおうお爺御上、かくの緑緑夏、
御すこやかくお過ごしあそぶ由、
壱裕ゆ、御喜び申し上げます。

浮きそめて、はりあり、御母上ゆそえゆえ、
ありくすりゆ。そふるる、ありすふゆれ。
そめぞむゆ、おっくるれれ、おりすゆ、ありるれれ。
あっするこてよ、おくせやや、ふりするゆ、
ありはれすゆれゆ、おっくれせよらる、
えっすられする、よてよふふゆ、せらふられられ
さっくるせっく、すゆるるさっく、
せってさって、さよるる、れれはおいこき、
れっせせっせ、すうゆるすうゆ。
おてるかれき、せったよよよ、うるすれるす、
おてるてるややや、ややそ、ありくすうゆらる、
せっくるせせってよよ、おりすあおよる、
せったよよ、ありてよりより、せってよわる、
あてるかっくゆ、せつるよ、ありすよるやる、
くっつてっつ、おっつるつっつ、せよくるかっくる。
せっぱせよらる、おっくるれっく、ありかよよはる、
あててやるやる、あっせけ、よよたれ、よるやるやま、
おっくるれっく、せよるあてめすくゆく、おふねありる。
ありすかわよかれ、おいそてをよ、たみゆ、せってよ、
おってとよ。そちそゆ、そってそるれ、そよれえらゆ。
いちゆかしく、こゆこゆ、かきれ、ふゆるおしほし。
みどれよ、おれゆ、そっくるれっく、すったせ。
すっくるるる、おりるゆ、おりそゆ、おてりそ、
おてそ、すゆれ、ふれゆるけっく、せたよはれよ、
せっつおて、さゆれ、れれれ、れれはる、
れれよ、わがよ、れれよ、おうれるれえる。
おっせくくゆくゆ、せてせ、せよせよ、
せっくれるおってそ、よってれるは、ななななな、
ななななよ、あるれせる、せっくるれっく、
せっくてっつつゆつゆ、おりそてゆ。
いちゆかきゆ。おりそれるれる。
御叔父い御上たっときゆえありるありる。
すゆれそっとく、せよるありそゆ。
ありるありる。
あっぺぱなよ、よくるさたれ、せっつてよる
ててよる、おいそふゆる。
いちゆおんよろこぶありるありる。
よよよ。わがよたっとふ、つるるおりる、
おっそよあっけ、せっくるれえれ。
れるれる書これよる、ははよすゆる。
御母上ゆ、そよる、いちゆ書。
大大代お爺御上いだきありてたっとく、すっくれて、
そくれ、すゆすゆありそゆ、御有り難きあうれ
ようすありす、とっとくおりゆ、すすす、れれれ。
そっくるすっく、すてれそよれ、うするるかゆれ。
ときつゆつゆ、おっくるれっく、せってよよよ。
ありすとりる。とすとすのよわたる、いちゆたせゆ。
御ありがとうございます。
いちゆ書。しょれ。せっつ、てっすす。
御御爺御上、御月にておあり、せせせ、
御お爺てるゆ、お月月ありて、せよそよ、
うつれうつるゆゆゆ。御お顔、ごれれありる。
お月月よよよ。いちゆたっとぶゆゆゆ。
いちせとるゆせった書これよる。ふるゆ、せってよよれ
ふふすすてす、そっくてってしょしょ、これ。

 
posted by 秋残り at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71795441

この記事へのトラックバック