2013年03月15日

スリーハーフ・トーン・ミュージック :イカスミ柳

秋残り芸能プロダクション
新音楽企画部

部長「スリー・ハーフ・トーンズの売り出しに
   もう少し力をいれてみようと思うのだが、
   秋残りテレビの、芸能歌謡番組
   プロデューサーは、
   どういっているかね。」

係員「今のところ、秋残りテレビの方では、
    このまま続けていくという意向です。
    スリー・ハーフ・トーンズは、
   3半音音階を意欲的に手がけている
   若手ミュージシャンということで、
   世間でも注目されかけているといった按配
   で、これからが期待されると、・・・・
    テレビ局のほうでも、好意的に見てくれてます。
   ゆくゆくは、わがプロダクションの中堅になる
   可能性は充分に考えられます。」

部長「テレビ局は視聴率を非常に気にするのだか、
   スリー・ハーフ・トーンズ、彼らが出演している
   番組はどうかね。」

係員「今流行の **オシャレでテレビ・アワー** 
   とかを相手に、まあ、いいとこいってますヨ。
   一つには、彼らの若さですね。年配の視聴者
   にもうけているようです。
    ネーミングも非常に分かりやすく、
   手がけている楽曲もすぐにわかり、
   『ああ、あの音楽か』とピンとくると、
   週刊『秋残り』も、記事にとりあげていました。
   『スリ−・ハーフ・トーン・
    ミュージックも円熟期を迎えるか?』と、
   早聞きジャーナルもちょっと書いて
   ました。まあ、こんなところから、
   局のほうも力を緩める
   ことはないと思います。」

部長「OTOKO.ORG へのシンショウも、
    よくしておきたいという、
   わがプロダクションの意向でもあるわけだ。
   なにせ、上部団体だからね。
   そういうことで、彼らにも頑張って
   ほしいのだ。」

係員「その点はよくわかっております。ご意向は、彼らにも
   充分伝えておきます。」

部長「よろしくたのむ」
posted by 秋残り at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63738995

この記事へのトラックバック