2011年07月17日

夏枯れの里



 夏枯れの里
   平成23年 7月 7日曲詞
              於 病院


君慕いゆく  夏枯れの里
目移りたれば 木々青し
蝉時雨見る  群雲湧きて
足軽く    楽しかり
弾む心    遠くより
望む日々   君微笑む
故郷の香りは 今、変わらずに
なつかしき  うれしさも
我待つ程に  しみじみと
胸を覆い   君は寄る


目は輝き    お互いに手を
取り、相見ては 一入の時
離れた時は   何処へか行き
ふれあいの   よろこびが
胸底より     こみあがる
見つめあいて  時は止まり
川のせせらぎが かすか時の
流れ行き    知らせるを
再開の笑み   やさしさを
君と我は    つつみ合う

解説  駄作です。

posted by 秋残り at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46802408

この記事へのトラックバック