2011年02月13日

会 い(仮題)

20110213作

春やわら 草もえる
木々は緑に かすみひき
招かれていく
哲学の小道ゆく
人々の姿を見ゆ
柳木は 白く咲き
青空高く 水さらり流る

夏盛り せみは鳴く
雲勢う 入り道と
さるすべる坂
若王の晴れ間いく
上下に いきかう花
咲きこぼれ 落つる百合
開けては会釈 鼻白む顔

秋訪ぬ その池に
鯉はねて 我迎う
いとしきの 顔
ふすま目に 手を握る
あいさつの ゆかしきかな

冬はゆく 白き間に
白露を見る

また、歌ができました。駄作であります。
posted by 秋残り at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43400248

この記事へのトラックバック