2022年11月28日

出発5650白露、解説2 : いかすみ柳   2022/11/28作

出発5650白露、解説2 : いかすみ柳   2022/11/28作
【曲名】 出発 白露、解説2
【今常】
そうきょうよい時です、柳ましょう。健康安全。
【解説】
【ニクソンさんの御着】
 添え絵の菊、ニクソンさんの日本着の時の紋という。
全部白い色である。ニクソンさん御愛用という。
今の黒の紋付の紋という、白の紋付の紋ともいう。

 ニクソンさんのジェット機という、桂離宮の御在と
いう。奈良桜井色想湖ができる時の御在という。
この桂離宮、古い桂離宮で、今よりも大きな時の
離宮という。
【ニクソンさんの桂離宮でのお役】
 桂離宮でのお役という、「め」という役という。桂
離宮の、ばいたみす、という、米語で、Onlott と
いう役で、ジェット機の修理又点検の掛りとぞ。
よくジェット機に乗っておられたことという。機が、
ジェイホキという機とぞそ。今の、ロシアという、その
頃のロシア製という、ミグという機という。
 それと、語学の訳という、今の秋田大学の講座の
語学講座という、ここの教授という。主として、秋田
の方言の講義という、これに、秋田の、ゆとせら、と
いう、ユーミンという、秋田の、ぴんとき、という、
びん語という言葉の講義という。ぴん語が、今の、
アイヌ方言である。秋田のアイヌ語という、この説き
とぞそ。今の専攻という、そいせめ、という。この
「攻め」の説きの講義という、秋田大学の、こんてら、
という講義とぞそ。ニクソン大統領の御講義という。

 同期にケネデーさんのお父さんという、五条城在の
頃のお父さんという、ケネデーさんのお父さんという。
【ケネデーさんのお父さんの飛行船の操縦】
 ケネデーさんのお父さんが、飛行船の係の頃という。
飛行船の操船という、それをしておられた日のことと
いう、ニクソンさんが部下の人である。どちらも飛行
機の名手という。さよふかる・そいてす、という、かん
せられいの・こいしら、という。「しら」が、白という意
とぞ。
【ニクソンさんのタルサ】
 また、空の旅という。タルサで一緒にいた若い人と
いう。その頃の「ダントラさん」という、愛称のお呼び
という。タルサの町での呼びという、ケネデーさんの
お父さんのお呼びという。ダンテスロックの丘という。
これがラッシュモアの意という、ダンテスロックという、
日本語掛かりの米語の言葉という、ラッシュモアの
ことという。ここの、いとさき、という場の住まいという。
隣が、にろけの丘という。ニクソンさんの住まいという。
ラッシュモアに掛かる御方とぞそ。アメリカ大統領の
ラッシュモアの掛かりという。大統領の丘という場と
いう。とれさまの場という。「とれ」が、日本語と米語の
掛かりという、トレーの意という。皿の意。

 ジェット機でのお会いという。タルサ近辺上空の
ことという。およよの日という。ここのえの日の、やま
きらる、という日とぞ。あうてすの世という。
【タルサ上空、横のジェット機】
 タルサの郊外からジェット機で飛び立った時、
後ろの機のニクソンさんという、「横のジェット機を
見たら、ニクソンさんがのっておられた」という若い
人という。御操縦という、おみよ大お婆さんという。
後ろから上がってこられたニクソンさんという
お書きという。
【ダン・ケネデーさん】
 同乗者に、ダン・ケネデーさんという。ニクソンさん
に呼ばれた人という、ダンさんという、若い人という。
他にも呼ばれたことという。アラスカへ行った二機
という、大お婆さんのお乗りという、母方の大お婆
さんという。お二人の大お婆さんで、操縦が、
おみよ大お婆さんという。おみよ大婆さんという、
飛騨世の御出身という。今の高山氏の大きい頃
飛騨世の高山という。含む、金沢。ケネデーさんの
お父さんという童子容赦という。後にも、ジェット機が
ついて飛んでいたことという。アラスカ行お書きという。
【、ケネデー・バッジ飛行船の操縦】
 ケネデーさんのお父さんが、飛行船を操縦して
おられたことという。ケネデー・バッジという飛行船と
いう。前に大きなわっかのようなものを付けた船と
いう。後、大坂の淀川河口の博覧会の場という。
ここで、飛行船が現れたことという。ヒトラーさんに
似た人がいたという、若い人という。

 この日の歌という本歌という。「白」の組歌という
、同じ旋律の違い歌である。五つの歌の解説と
いう。この歌の掛かりのことという。「どいっこ」の歌
ともいう、れとすの・れよと、という。この「よと」、淀の
意ともいう。川の淀みのことという。後、長岡京の
藤原のことという。鎌足数の話という。

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前・柳、小林壱裕柳。
********************************
『天照大御神、そうきょう、よいよい』
柳私がいらっしゃる。応楊合点、柳ます。


大変な名刺だな、
めちゃくちゃ、よいネ。御私柳私。

posted by 秋残り at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189955847

この記事へのトラックバック