2022年11月25日

向日町隊商、西部方面軍、25M砲 20221125

12:50 2022/11/24

西部方面軍、向日町の隊商の言いという。25M砲の餅という。
25メーター砲。
これを、西部という。清少の言いという。西部しょうほう録
という。この「しょうほう」を、商砲という。あきなう・ほとゆと、という。これが、後ね中性子という、中性子を、ほとゆと、という。
 この中性子の爆弾の打ちという。これを、にそゆそ、という。
25M砲で打つ、ほうたん、という。打って爆発さすことの言いという。ほうたんのある所という、25砲のある所という、ほうたんの場という。これが中性子を置く所である、中性子爆弾という。
 この砲のいそゆそ、という、中性子を、みよそる、という。
みよとのお爆という、これを、ばけるり、という。
 私の家の前の製造所という、群初の家という。放射能を、
だすとく、という、原子爆弾を製造した、若い人の家という。
この家を、軍国主義という、表札を掲げた家という。後、原子爆弾製造所という表示札という、大きな看板という。そうふりの、おせんせん、という。戦線のゆみふりという。これが、私の軍隊という、若い人の軍刀という、この軍刀、けれせれ、という、
けびっしす、という、けとん、という。三段活用の名詞という。
 めろてろの言いという。るりゆんくすの・おぶてす、という。
清少納言の踏襲という、古く壬生の大砲という。壬生ゆっきしの・おるてそ、という。壬生の、しょうほく、という、大砲を
、しょぜ、という、てみそゆの・おったす、という。これを、るいすい、という。後、類推という。皆、かめせるのいとその・言いという。軍隊用語という。これを、ろりそり、という、ろり軍
という、後、日本帝国陸軍という。中性子爆弾を有す軍隊という。若い人の指揮下である。226事件という日の作りである。
音楽がその造りを表す、そいたしの軍の・おるせら、という。
これを、てよそみ、という。日本の、大和の朝廷の軍という。
朝廷軍である。大日本帝国陸軍という。満蒙開拓団の、もれとり、という。これを指揮する若い人の、たきゆらる、という。朝鮮の李国という。これが、若か人がいる朝鮮李王朝である。
 「すももが参りました」という挨拶という。

 行くのはもこくねという、はっせらの・るっこく、という。ぱっせるるうの・といたい、という。これが、朝鮮の国のことの
言いの、名詞の三段活用である。
posted by 秋残り at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189949873

この記事へのトラックバック