2022年11月26日

出発5600色想ゆっきし(味間弓の鳴る音) -4終 解説 : いかすみ柳  2022/11/22作

出発5600色想ゆっきし(味間弓の鳴る音) : いかすみ柳  2022/11/22作
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file
You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発5600 色想ゆっきし(味間弓の鳴る音)

{11月22日 矢日(やび)}
 11月22日を、たききぼせる、という。矢の日(やのび)
 という、矢日(やび)という。桂の暦である。今の旧暦
という暦の十山という日という。11月22日で合わせる
新暦という桂離宮という日のこよふれ、という。
{旧暦}
「こよ、こよみ、かまふみ、せろれて、そそす、そよみ、
せろろ、すいそい、すみらる、そんせず、そん、そんれ、
そぴす、ししず、しのそ、しびし、すすゆ、そよふる、
てらせる、ろんすず、ぞぞとす、りろれる、すみそ、
としとし、ついつい、てもそる、とちゆち、せんす、
りりるら、りりす、りとせ、ろんそ」、皆、暦という
言葉である。32という月の名称という。暦の月という。
これを暦に使う、今の農村の旧暦の元という。
{文の止め、切に旧暦の月の名を使う}
この暦の言葉を文の止めにも使う。この使いの文
という、暦文という。これが一部入っている上の文
ですこよ。天文ゆられの切とぞず。とめっせずのるい
とい、という。この「るいとい」を、はせるら、という。
やなほもの使いという、柳文の止めゆらるせせれす、
という。柳文で、文の止めに使う、「です」の言葉と
いう。「です」が、柳文の使いです。柳をいれる文の
使いという。文中に柳という言葉を使う、はよらみの
・おひふひ、という。柳富(ゆなぎとみ)、という。
やってすのお書きという、楊の下りという、この文下
りである。この「ある」の使いを、りっぴす、という。
のち 、陸軍という、陸軍の使いという。
{長岡京市、西部方面軍}
 この陸軍、西部方面軍という、25メーター大砲の
使いという。今の長岡京市の、いための使いという。
うたはしな、とんほき、という。大砲のことを、とん、
という、ぺれせぶの言葉という。この小説の初めの
ほうにでてきた若い人の軍という。10年前ほどの作
です。
 
天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前柳、小林壱裕柳。
*****************************
『天照大御神、そうきょう、よいよい』
御私がいらっしゃる柳。応楊合点、柳ましょう。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189946786

この記事へのトラックバック