2022年09月01日

出発5071 ブッシュ・シーズ :イカスミ柳

出発5071 ブッシュ・シーズ :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5071 ブッシュ・シーズ
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/01
【歌詞解説】
DE5070 の歌
  バイデンさんのお名前が盃さん(チョクさん)という。
盃皿日(ちょくさらび)のお名前という。この日の、万
月という、空の園闇という。その『闇』の音という。
後の、ゴッパスという、ブラック・ホールという。

 色相湖のブラック・ホールという。このホールの名
という。ゴーファーという。この『ゴーファー』のいそる、
という。これが、脳の表しの、そうきょう語の『ゴーファ
ー』という。脳という意味という。ブレーン・ゴーファー
という。後、色皿れく(しきさられく、いろざられく)という。
色相湖のバイデン・ブースの浜のスパイ・シーという。
後、『スパイ』が、浜の実の言いのはとめ、という。
これを、スパイシー・ロックという。調理の皿という、
スパイシーを出した浜辺という。吉田落という浜辺
という。

 ここの『huar』という、初めの調理のスパイシーの
ことという。これが、けねろ Kenero という、この道の
沿いの調理品という。ここのロバートさんの歌という。
歌詞が、ロバートさんのお教えという、お言葉という。

 面高(おもだか、沢瀉とも)という、スパイシーの一種
の材という。今の、ころせ、という、こころ kokoro、と
いう。調味料という。これが、歌詞の意味という。アイ
ルランドのリッドランドという、ダブリンの掩体屋列と
いう。これを、キャロ caro という、キャロの列の、
キャロのモンキーという、門のある所という、丸い石
積という。ここの実の屋という。これが、沢瀉が植えて
あったことという。アイルランドの川のある、キャロ列
という。ここを、キャロライン Caro-line という。
キャロラインが二つあったことという。山麓という。

 リッドランドのキャロラインという、アイルランドの
リッドランドという。ここの話という、これが、ロバート
さんの、ボートでの沖行きの、水濡れという。
ブッシュ・シーズの荒波という。大きな波がやってくる
日に、ボートを出す、さたせまる、というボートという。
猫、犬が、水を被ったような姿という。後、奉行スタイ
ルをされる、幕寄の『もっきす』という。『もっきす』が
、ろとると、という、幕寄の一役職という。

 色相群という、そこの、幕覧落という。幕覧落の役
という、ロバートさんの御役という。『しょったさ』とも
いう。幕府妙流(ばくふみょうる)とみいう。この幕府
を、幕枯(ばっかれ、ばっこ)という。これが、みとれき、
という暦の名ともいう。これが、英語のロバート暦と
いう、水戸暦(みとれき、みとごよみ)という。後、水戸
へ御一緒に行く。今の、茨城という、大阪府の茨城
という。そこに、掩体屋がある日という。よっとす、と
いう掩体という。ここのことを、英語で、バロという。
バロン時という名の掩体という。みんばすの、・えび
そ、という。ロシア語の、ドンバスという。どっとすの
家という。茨城城の、どんとっき、という。大きな淀
川の頃という。その時の歌である、フアール・れっ
せら、という歌という。フアール huar という、古い
ロシア語という。

 マットクスカという、ロシアの掩体という、ここの
言葉という。まれっさる、という日本語呼びという。
マチスチという町の、ロシアの掩体という。ペテル
ブラッドという、サンクトペテルブルグの町の郊外
という。ここの掩体という、リッド・ロットという、掩
体のことという。りみすみのおや、という、おんて
するうの・かよから、という。

 これが、かよのから、という。古い中国の掩体と
いう、注そらの・れおん、という、ここに、huar フ
アール という言葉がある。中国語の『掩体』の意
でもある。

 掩体と沢瀉の話という。メルロッツという、その
頃の調味品の言葉という、中国の沢瀉という。
たっせらるうの・ろきやり、という。大きな崖のある
場所という。ここに住んでいた話という、40人程の
行きという、後の話という。るりせき山という、日本
言いの山という、その崖の掩体地という。

 ウイグル・ロックスという、うみそみの屋とぞ。

 当時、ソ連のゴルバチョフさん、色相行きの和船団の
ゴルバチョフ提督という御方の色相湖、月演芸場での
御芸という、『モスコス』というモスキート掩体の形を
演ぜられたことという。その時のお話という。『中国に
ウイグル・ロックスがある』と、いわれたことという。
ゴルバチョフ先生のお話という。ウイグル・ロックスへ
行く日のお書きという。まよんと、という、のびせらの
憶えという、海馬の一つの、なよふら、という場所の
働きという。ゴルバチョフ・りんがら、という、脳の
場所という。後、ロシアの、そみそる、ということの
意味の考察という、ロシア語の『そみそる』を、解く
話という。りぼすれの・お学という。初期の、いとはむる、
という、はなよきの・かりせら、という、バッカス・レックス
という、ギリシャのバッカスという神のことという。神経
のことを神という。神経の一考察という。この話が今の
、ろきやり、という、そうきょう語のことの、はよふり、と
いう。神経の学の始まりという。ロシア神経学という。

 ロシアのゴルバチョフさん、お年召され、昨日
お亡くなりになったという、偲び草のおとめ、です。

 『悲しきにや悲しきにや、おされすらら、せむらる
てそゆそ、みよみよのおいき、とそ。あわられる・
花ゆさ、ゆかすれってす、ろてそての。みよふら、
あるてらす・ちそめ、おいきゆき、むらるさむさる、
悲しきにやありるり、悲しきを、とそえ、たむせる、
ついさり、おなくなり由良、色相湖の消え去り、
ゆらせ・らよん、とす。悲しきこと。

 悲しいことです。かなゆなありそる・そると。
悲しみ、おおき大きいことです。提督の御芸、
いまゆなありてそ。

 御家族の御方々、悲しきあらる、お力お落とし
の、ございませんよう、おちとしゆるざれ、にほん山
のお行き、にほんというロシア語、あやらの場所へ
のお行きとぞ、悲しきゆきやら、あるらら、おんつり、
ばいたみのいるすら、てそるら、りりそる、せもせと
いす、悲しき悲しき悲しき、深き深きあり、あやら
お行き、さてすらいとすとねそいそるせれる、そし
ゆし、御行幸悲しきゆき、いきゆきありさらる、
むらすら由良、むみすれ。お悲しみるいるい、
かたらゆか、むみらるお行き、悲しきにやありるらん。
 
 バリオレット・フィズ、紫露文、紫ぬゆき、はぬやき、
失礼ありませぬよう、かたずゆらさ、れいそて、ろみ
そめ、おいきすらる、そりるる、そんそせ。

 失礼なきようお願いいたします。そうきょうの、よい
おいき、イバの御国、御行幸、悲しきそりたる。
色相湖、イバの御国、御行幸悲しきこえごゆ、
そうきょう、りそるそ、悲しきゆ。』


 ソの御国、ゴルバチョフ御大大お爺さん、そう
きょうイバの御国、おいきあり。紫雪ふらるら、
御良き日、おいきあり給い、たま山のこゆすろりさまれ、
おいきあり。紫雪のおいき、とぞ。

 紫雪の降った日の、お行き、 ゴルバチョフ御大
大お爺さんの、おとししめられという、偲ぶ由良に
おいきたまう。

 京都の御所より、原始人がおうちした打電の
お文です。同じ文です。教え由良話す、みぽれまに、
おりたらすする、れとよ、とて。
紫雪乃イバの御国、御御台お爺さんお暮らしおられ
、花山の紫とそ。

インというロシア、クレムリンの宮のお言葉と。
あやらという、インの国のイバりらく、とそ。にほんと
いう、意とぞ。『にほん』『あやら』も古い古いロシア語
です。さきわらるおいき、という、意味です。
幸藁みるら、という、クレムリンの宮のお言葉です。
日本語とロシア語が、似たような言葉です。

 御親族方々、ロシアの御国の御方々、心より
お悔やみ御申し上げます。重ね重ね、お力お落とし
のございませんよう、そうきょう良いおいきです。
御葬のバイオット・フィズ、良き山の御葬追悼文。
古い京のしきたり、ロシア、モスコスのしんそ、とぞ。
紫草、紫偲ぶ露らめ、とそ。紫のイバメ御国とそ
、ロシア路とそ。

ロシア語を、バイオレット、バイオレット・フィズという。
『』を、人重(ひとえ)かっこという。ひとかさなりの・
にがさね、という。葬に使うかっこという。そうきょう・
ろんふれ、という。

ブッシュ・シーズ正(やなぎ、せい、しょう) ブッシュ・シーズ柳
バイデンさん正(やなぎ、せい、しょう) バイデンさん柳
盃(チョク)さん正(やなぎ、せい、しょう) 盃(チョク)さん柳
盃皿日正(やなぎ、せい、しょう) 盃皿日柳
万月正(やなぎ、せい、しょう) 万月柳
闇正(やなぎ、せい、しょう) 闇柳
空正(やなぎ、せい、しょう) 空柳
ブラック・ホール正(やなぎ、せい、しょう) ブラック・ホール柳
ゴーファー正(やなぎ、せい、しょう) ゴーファー柳
脳正(やなぎ、せい、しょう) 脳柳
ブレーン正(やなぎ、せい、しょう) ブレーン柳
色相湖正(やなぎ、せい、しょう) 色相湖柳
スパイ正(やなぎ、せい、しょう) スパイ柳
スパイシー正(やなぎ、せい、しょう) スパイシー柳
ロバートさん正(やなぎ、せい、しょう) ロバートさん柳
面高さん正(やなぎ、せい、しょう) 面高さん柳
沢瀉さん正(やなぎ、せい、しょう) 沢瀉さん柳
ころせ正(やなぎ、せい、しょう) ころせ柳
こころ正(やなぎ、せい、しょう) こころ柳
リッドランド正(やなぎ、せい、しょう) リッドランド柳
アイルランド正(やなぎ、せい、しょう) アイルランド柳
キャロ正(やなぎ、せい、しょう) キャロ柳
モンキー正(やなぎ、せい、しょう) モンキー柳
キャロライン正(やなぎ、せい、しょう) キャロライン柳
山麓正(やなぎ、せい、しょう) 山麓柳
幕正(やなぎ、せい、しょう) 幕柳
役正(やなぎ、せい、しょう) 役柳
茨城正(やなぎ、せい、しょう) 茨城柳
大阪府正(やなぎ、せい、しょう) 大阪府柳
掩体正(やなぎ、せい、しょう) 掩体柳
ドンバス正(やなぎ、せい、しょう) ドンバス柳
淀川正(やなぎ、せい、しょう) 淀川柳
huar正(やなぎ、せい、しょう) huar柳
中国正(やなぎ、せい、しょう) 中国柳
調味品正(やなぎ、せい、しょう) 調味品柳
崖正(やなぎ、せい、しょう) 崖柳
ウィグル正(やなぎ、せい、しょう) ウィグル柳
憶え正(やなぎ、せい、しょう) 憶え柳
海馬正(やなぎ、せい、しょう) 海馬柳
ゴルバチョフさん正(やなぎ、せい、しょう) ゴルバチョフさん柳
バッカス正(やなぎ、せい、しょう) バッカス柳
ギリシャ正(やなぎ、せい、しょう) ギリシャ柳
偲び草正(やなぎ、せい、しょう) 偲び草柳
おとめ正(やなぎ、せい、しょう) おとめ柳
由良正(やなぎ、せい、しょう) 由良柳
家族正(やなぎ、せい、しょう) 家族柳
力正(やなぎ、せい、しょう) 力柳
行幸正(やなぎ、せい、しょう) 行幸柳
失礼正(やなぎ、せい、しょう) 失礼柳
イバ正(やなぎ、せい、しょう) イバ柳
国正(やなぎ、せい、しょう) 国柳
京都正(やなぎ、せい、しょう) 京都柳
御所正(やなぎ、せい、しょう) 御所柳
打電正(やなぎ、せい、しょう) 打電柳
紫雪正(やなぎ、せい、しょう) 紫雪柳
クレムリン正(やなぎ、せい、しょう) クレムリン柳
バイオレット正(やなぎ、せい、しょう) バイオレット柳
フィズ正(やなぎ、せい、しょう) フィズ柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189786695

この記事へのトラックバック