2022年08月28日

出発5076 イギリスの現代の歌 :イカスミ柳

出発5076 イギリスの現代の歌 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5076 イギリスの現代の歌
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【ノップラー】
 ノップラーという、英語のイギリスの音楽という、
ノップラー英語を喋る人達という、ダチェスという、
オランダのことをいう、これを、ノップラー・ラウ
ンドという、ノップラー周りのことという。オラン
ダの、くばせら、をいう。オランダの言葉を取り入
れるノップラー英語という、日本の英語の教科書の、
高等録という、のうれる、という学校の英語の教科
書になる。古い日の、長岡京の藤原京の英語と
いう。ノップラー英語を使う教科書という。これの
長岡の言いが、日本語の直訳をする、長岡を、
ロング・ヒルという長岡の英語という。
古い日の、グラスゴーの沼のある頃のノップラー城
の英語という、ノップラー英語という。ダイアー・
ストレットという、王朝の名である。ノップラー・
ダインスティーという、ノップセラーという、そこ
の英語という。
【クリントン英語】
 東京の新宮殿の住まいという、そこにおられたノ
ップラー先生という、今の歌手という。そのお方の
教えという、ある日の皇居新宮殿の私の右側の
お席という、そこにおられたお方という。ノップラー
城のお方です。アメリカのクリントンさんのお傍へい
かれたお方という、クリントン英語のノップソーと
いう、歌で使われる英語という。クリントンの・の
ん則という、のべられの英語という、ノップラーを
取り入れる英語という、
クリントン英語という。日本の中学校の教科書
の一つの教科書という。クリントン英語の日本
の英語という。ノップラーの英語を少し入れる
英語という。オーランディア・ロールという。ノップ
ラーのアメリカ回りという。せんてらのおりしり、
という、京山の英語という。中学教科書に
よく使われる、クリントン英語という、
クリントン米語ともいう。ダイアーストレーツのう
みさりの話という。『うみ』が、桜井色相湖です。

【色相、アストロノーツ】
 色相という言葉をダイアーという、プラックスと
いう。音楽に色相を出す一つの英語使いという。
音楽の色相という、プラックストンという、後、ア
メリカの『太陽の彼方』というアストロノーツの音
楽の楽器の音という。ダイアール・ランクスという、
裏がノップラーの曲という。これの音の表現という、
ノップラー英語の音楽です。『太陽』という音楽の
音をだすことという。太陽の音という。ノップラー・
かんたれ、という。
【ベンチャーズ】
 のってけ、という、太陽を表すノップラー英語と
いう。楽器が、奇抜な音を出す、ノーランという、
のってけのノーランという。色相を出すことの楽器
の操りという。アメリカのギターという、アメリカ
人のギターの操りという。ベンチャーズの音という。
色相を出す楽器の操りという。音楽の枢要という。


 歌えば、陰(いん)をとる歌詞になる、のってけ、
という言葉という。陰得の歌という。
太陽の曲という。ノッソンレックスという。レック
スルラーの音という、言葉で、のってけ、という。
【海馬の脳】
 脳の、海馬の前の部分の使いという、前の部分の、
のうるるう、という、ノップラーという言葉がそう
です。医学の曲ともいう、ダイアーストレーツという、
オランダ医学のかいれ、という。曲による、オランダ
医学のめでという。ダッチェスという言葉という。オ
ランダ脳医学になることという。歌詞もこを出し
ていく、スティンザックという、スティングレックとい
う。スティングという、快楽の世という。これを
これを曲という。ダイアーズの曲の一曲という。
英語のできを、オランダ・ダッチェス回りで解説
する曲という。ノップラー英語のことです。
【シャカタク】
 イギリスのシャカタクというグループの曲という、
鳥の歌詞の歌という、ノップラー英語が一部掛かる
、ばとう、という。この鳥が始祖鳥という、鶏大の、
クジャクのように尾の羽を広げる鳥という、この鳥
の掛かりという、また、大きな始祖鳥という、この掛
かりという。鳥の、蝶という、考えの具現という。

脳の大脳前部の働きのこうき、という。働きを、こうき、
という。これの具現の曲という。イギリスの音楽グ
ループという。ノーレラーの脳の働きという。大脳
前部の働きのことという。言葉を整理していく働き
という。この脳の部分の働きの曲という、鳥という、
具現の話という。シャカタクの曲という。
脳の働きによる解釈という、ベース音が最初にでて
いくことという。
【スチュアート王朝】
 イギリスのスチュアートという黒人王朝の曲とい
う、脳からみた曲の解説という。
色相を最初の出だしから出していく曲という、グルー
プという。シャカタクの『カタ』という言葉がそれ
である。古い、イギリスのチェックという王朝のこ
とという。スチュアートの黒人王朝という。掛かり
が、日本の祇園祭の鶏鉾の囃子という、これに同じ
ような、歌である、鳥の歌というシャカタクという
グループの曲という。 桜。

 言葉をベースとした、私の音楽解説、私見です。
原始人ですので、その、おつもりで。

 健康と安全の為、お名前に『柳』を、
お付けします。

長岡京柳
藤原京柳
オランダ柳
ノップラーさん柳
ロング・ヒル柳
ダイアー・ストレーツ柳
クリントン柳
中学校柳

アストロノーツ柳
ベンチャーズ柳
海馬柳
脳柳
スティング柳
スティングさん柳
快楽柳

シャカタク柳
始祖鳥柳
クジャク柳
大脳柳
ベース柳

祇園祭柳
鶏鉾柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189774617

この記事へのトラックバック