2022年08月28日

出発5074 イアン・フレミング先生 :イカスミ柳

出発5074 イアン・フレミング先生 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5074 イアン・フレミング先生
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【イアン・フレミング先生】
 色相湖月演芸場で、演芸をされた、イアン先生と
いう、芸が、ロシアのゴルバチョフ提督の延長という、
丸い(直径70p前後)のものという。薄いものである。こ
れを、持って、舞台に立たれ、『オー、イエス』と仰った
言葉という、その後、ハンカチを取り出し、丸い物を
拭かれる、その後、ハンカチだけを持たれ、後、ハン
カチで、さませ、という、舞台の端の方という、ここへ、
ハンカチを放り投げられ、届いたという、これが、
ヘミングウエイ先生の御芸という。ヘミングウエイと
いう奇術師の御芸という、ヘミングウエイという奇術
である。

後で訪ねたら、ハンカチを、別に持ち、これを、ほ
ったと言われたことという。後でやってみれば、
すぐ前へ落ちて、端までいかなかった、原始人の
放り投げという。どうしてもいかない、先生来られて、
小さな石を入れて下さったことという。
これが、『石をとる』という、ヘミングウェイ先生
の御芸という。見ている人が手をたたいておられた
ことという。ハンカチをもう一枚用意する話という。
夏の暑い時は、二枚持ちなさいという、ヘミングウ
エイ先生のお教えという。それから、二枚持つこと
にした原始人という。原始人のお教えという。普
通の人である。桜井色相湖の楽しい日々という、
円盤である、丸いものという。

これが、イアンフレミングの、ヘミングウエイとい
う、ヘミングウエイという、奇術という。教えが、
ヘミングウエイ先生という、奇術のお書きという、
イアン・フレミング先生のことという。ヘミングウ
エイ先生の奇術という。

白鯨の脳の話という、この奇術の脳を白鯨脳という、
奇術のような、物を、たくされ、という、この日の
色相湖のお教えという。
イアン・フレミング・ティーチングという、ヘミン
グウエイ・ソルブという、小説の解釈法という。
奇術のことを、解釈する、イアン・フレミング先生
の007という。映画に奇術のような場面が出ること
という。これを、スパイ・タッチという。色相をカラー・
トーンという、カラー・チューンの、はなきざき、という。

 そこの色相という、色を大切にすることという、
奇術のことという。奇術を見れば、色を大切にする
という、イギリスのげっせか、という。げせるれの・
らりてら、という。イギリス音楽の極意という、プラット
クという、プラッセラーの音楽という、ノップラー
英語の、のんぜるお解という。
ノップラー・イングリッシュの一面という。 桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189774562

この記事へのトラックバック