2022年07月27日

出発4890 桜井味間港 :イカスミ柳

出発4890 桜井味間港 :イカスミ柳
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4890 桜井味間港


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/07/26
    造詞、冴柳小夜・正     2022/07/26
    監修、そうきょう連      2022/07/26
    挿絵、香 淳時正             2022/07/26
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】桜井正里
味間港へ行けば 火を蕗上げてる 山、前
雄々しくとも厳かにも 恐れ見て おろがみ
船はゆきゆく 港へと 錨降ろし 火を上げ
山、目前大きく見え 浜へ歩み 手振る
一段と無大きく火を噴き上げる 気がふるえ
 

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/07/26
【歌詞解説】
 桜井の海、ろけ港から船に乗り、味間港へ行く。
船から見る、火を上げ、煙る山、だんだんと大きく
見え、浜辺へ着き、降りれば、一層大きく見えた。
磯野辺布間槍(いそのべふまやり)という山という。
 目の前に煙り、火を上げる大きな山。
原始人の世界という。幕府代官の格好の若い人
という。
 今は、その浜もなく、陸地だけの味間の地。
桜井管理天白という、山祖のおりらり、という。
桜井緋海のその頃の景色という。ろけ港から
味間港まで、少しの距離で、徒歩でもいける
距離という。桜。

『あなしろや ゆまはなれるる そいるる せんてす』
という。ろいおっきしの・ついつい、という。ろすきすの
お書きという。桜井の古いそうきょう碁という。れれ
てる・るいはらのてよるら、とぞそ。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189695905

この記事へのトラックバック