2022年07月01日

出発4682 スヴャトヒルシク :イカスミ柳

出発4682 スヴャトヒルシク :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4682 スヴャトヒルシク
【今常】
そうきょうよい時です。

【解説】
2022/07/01
【歌詞解説】
ウクライナに、木造のスヴャトヒルシク修道院という
建物という。これと同じような修道院という建物が
あった、京都市内という。若い人の住む家の近く
という。それがあった頃の京都という。におやら、と
いう、うぬなぬのお造りという。ねぬせのおいふり、と
いう。修道院の、ちたゆり、という。うぬせらっくす、と
いう。この日の、尼僧という、今の寺の尼僧とぞす。
 寺にキリスト教のかかりという。この日に、キリストを
て、という、キリスト教の言いという。てあげのときふみ、
という。キリストの再々という。これを、ズビャーという、
後に、ズッパクという、ズヒョウのいた頃という、豹と
いう。この豹のかたやまという。かたやまの豹という。
 京都市の修道院をかたやまという。カーレらる
こっしび、という。屋根の飾りを鴟尾(しび)という。
寺の用語を使う修道女院という、修道院とい
う。しゅうすらの言いの、すきふまれ、という。
 これを、ロシア語という、当時の言いという。
すきふまれをロシア語という、ろかわれるのいそ
ゆみ、とぞそ。これが日本語である。日本語を
、ろあせま、という表現の頃の言いという。
 これがロシアをもつ、うぬはぬの言いという。
いそびそのいとすま、という。この言いを、まあまの
言いという。日本語を、めませま、という。これが、
るいらく(ルイ落)の言いをとる、にばせらのお言い
という。ロシア語とフランス語の掛かりを置く
日本語という、この日本語の、るっぱ、という。
るっぱ語という、ルイルイのおゆそり、という。
 このそりを『しび』という。『しび』の『び』が、
るませまという、日本語の語尾という。
しびすまれ、という、日本語の、てそゆそ、と
いう。この『てそゆそ』の『て』を、とうはく(頭白)
という、言いだしという、言葉の最初をいう。
 頭白しびそみ、という、るっぱ語のことである。
主として、キリスト修道院の言葉という。これ
を、レムンセルという、レッセルともいう。これが
、れくこくのしょっくす、という言葉である。

 こみそみの言いという。すむ山のおかる、と
いう。こくするのるいさり、という。ルイとロシアと
いう掛かりの言葉という。るっぱるんせら、と
いう。これが、ズヒャーという、ずっはらの言い
という。京都の、ずっ原という、ずっぱらろっくす
、という。これが、ずどすと、という、ろっぱ語の
言いという。ずとすとが、ろっぱすをとる、
ろけふき、という、ずーするう、という。どんです、
という、しまっすらの言いという。

 島の用語に出て行く、ろっぱ語という。この
ろっぱを、ようけく、という。後、ヨーロッパと
いう。ヨールソーという言葉という。これが、
どんでんのしゅっかく(出閣)という。どっそむ、
という。ドルレラという。ろつぱ語をどるそ、と
いう、後、どれらる、という。ヨーロッパのドルと
いう。どる語という、ヨーロッパとドレラが、
ドル語である。これが、日本語を介したヨー
ロッパ語の置きで、日本語回りという、日本
回りという、言葉のことという。

 これが古いヨーロッパにある。振る山のいお、
という。ウクライナという、ヨーロッパの地域に
入れた場合の話という。

 一方、ウクライナを東方という、ロシア側に
入れた場合の言いを、やすらく、という。これが、
ロシアのしそうという、ウクライナのとちちらも掛か
っている言葉という。マリウポリを山という、タロスと
いう。『タロス』の『タロ』が、日本語回りという、
ロシア・らんせら、という。ロシア語という、『タロス』
のことという。

 これで、ロシアが、ウクライナをいう、タロットと
いう言葉という、タロツト語という。ロシア人のタ
ロットという。この時、ロシア語が入ったという、
ロシア語を取り入れたという、どちらからもの
言いという。これをタロット論勢という。言葉の
進行が掛かる、言葉の広まりという。これを、
そみさく、という。『そみさく』の『そ』が、元と
いう、ズヒャーの『ヒョー』という。ズヒャー語と
いう。言葉の掛かりの、しんたみ、という。
言葉が広がることを進行という。この進行が
、ことをめという、ことゆとのいとゆと、という。
『こと』と『いと』の話という。これが、また出る
ロシア語の、はこゆき、という。これが、ゆれの
ことである。言葉のゆり、という、言葉がゆれる
ことという。言葉のふれ、である。

 これを、ゆまふれ、という、ゆいゆいのるば
んす、という。修道女院の話という。格好が、
箱のような帽子を被る、トルコカンカン帽子
という、この格好の修道女院という。ロシア・
ランデーという、ウクライナがロシアであった頃
という、後、ソビエト連邦という、ソ連の連なり
という。オルロッスーという。これを、さいそみ、
という。ロシア、ウクライナ、トルコという。
文化の掛かりという。

 この頃のキエフという、後、キーウという、
キエフの古いキナウという、キエフの古名と
いう。キーラン・セールラーという、きもすの
御家という、ズヒャーの修道女院という。
ロッパの・おたてるら、という。ろっぱの修道院
という。

 これが、ヨーロッパの言いにあることという、
ベルギーという国の言葉にあることという。
ベルンサルという言葉という。『ベル』が掛かる
ヘルギーやっぴし、という、『ぴし』が『びし』で、
しびやり、という。『びし』を『しび』という、
ろかぱら(論原)の言いという。びしふみ、という
しびのことである。ベマック・カックルという。
ベルギー・ラッセルという。ベルスのお言葉と
いう。ロシアのまんすめ、という。これを、
ピョッソラという、゜ョンテスという、後に、
ロシア・がんせる、という、レブレルという、
るみそら、という。ルルルルーという。
言葉の掛かりという。

 イギリスのれこすみ、という、あよめらの・お
掛かりという、言葉の話という。これが、またでる、
という、また出た月が、という、『出た出た月』の
歌という、この歌の掛かりという。月の世という
場所のことという、ウズベキスタン、カザフスタンと
いう、中央アジアの、こそまれらる、という、地域
という。

 これが、中共をよる、中央の地域という。
共産主義のソビエトに掛かる中央アジアという。
ソビエト連邦の話という。

 後、中央と中共の『中』の掛かりという。同じ、
共産の掛かりという。共産圏という話である。
言葉の掛かりよりみた世界の地域という。

 『とんでん』という言葉をいう、ここの言いの
ドンバスという、ドンバスの話のことばという。
ドンバス山ののお言いという。ドッキロックと
いう。ドンバスへ掛かるロシア語という。
ろん浜るか、という。『るか』が、キリスト教の
修道院の言葉という。この『ルカ』が掛かる
言葉の進行という。言葉が広まったロシア語
という。ドンバスへ行ったロシア語という、
ロシア・ランデーという。これを、ロシアのろんくく、
という。

 ドンバスはロシア語が通ずるという、ロシアの
ひみゆみ、というどんでんの地方の言葉という。

 この頃が、ドイツのカーゲーベーという、ドイツ・
ラックスという、ドイツのかいしか、という、この頃
のヨーロッパという、ベルギー語という言葉があっ
たことという。ドイツのかゆせらる、という、ルルルル
ーという、ドイツのいいを入れた、ベルギー語と
いう。このベルギー語がある、ドイツ掛かりの
ベルギー語という。地下に使うというヘルギー語
という、ウクライナに地下がある、ここの地下のむ
言葉という、マリウポッセラという、古ドイツのベル
ギー語という。ウクライナの地下にこのベルギー語
がある。これを、まりうせっかる、という日本語回り
という。アメリカ回りで、デルヒブという。時の、ダラ
ス市国という、ダラスのことの、はきくす、という。

 この『はきくす』が、出るという、アメリカのるるれる
、という、ルルルルーのるるれる、という。ダラスに
ある言葉という、このダラス、けんたれ、という、
ウクライナの修道院、日本の修道院という、
似たような建物で、ダラスにあったことという。
これが、ずーたるひ、という日本語の『ずー』と
いう、日本語回りのうりすり、という、りりさるお言葉
という、ダラス語の掛かる、とりふり、という。ダラスの
鳥の言葉という、ダラスという、鳥の名でもある。
ダラス鳥という、アメリカの鷲を、鳩という、マリウ
ロックスという、マリウという、日本語回りのことという。
ダラスがこれを説く地という。アムセラルーと、アム回り
の言葉という。これを、かいさら、という。

 ベルギー語を出す、ロシアの進行という、ロシア語
が進行すれば、ベルギー語が出ることという。
どこかに、ベルギー語ハナされていることという。主と
して地下になる場所という。アムンゼン・ラックスと
いう。ベルギーの国の言葉である。シェムスタインと
いう、ベルギー語のことという。

 ロサンゼルスの近く北方の村の場という、後、ロサ
ンゼルスに入れられる場所という、ここに地下がある、
ベルギー語があることという。地上の場所という、人種
によって分かれてていた地という、古いダラス市国と
いう。この場所という、古く、今の五号線の砂漠の
場所という、ロサンゼルス北方120キロ前後の砂漠の
地ともいう。どちらもロサンゼルスという。ロサンゼルス
市国という。この120キロ北方のロサンゼルス村に
地下の町やりという地下がある。ここに、ベルギー語
があることという、古いベルギー語である。この頃の
ベルギー国という、ベルラッテスという、朝鮮の李王朝
という頃の、朝鮮平壌の居在という、平壌に地下が
あることという。この地下の一部という、ベルオンリーと
いう。ベルギー人のいた地下という。大きな地下である。
ベルギー語の使われという。色んな国の人がいた平
壌の頃である。二流の朝鮮という、金座朝鮮と
いう、これと李氏朝鮮という、この二流があった
朝鮮の通過ふっくす、という。ベルギーの人という、
ルブホヤンという、チェコの国のことを、ルベスという、
ちぇっくらそっくら、という、ルブホヤンがベルギー語
である。地下をほべという日本語回りという。
ロシア語回りで、ルブスカという、ベルギー語である。
どちらもベルギーで、ダラス語ともいう。ダラスの地下
という、アメリカの砂漠の地下の村という、ベルギー
語のある場所という。ベルーランのロサンゼルスという。
今のロサンゼルスにもベルギー語あることという。
これを、USA語という、USロンドンともいう。言葉の
話という。

 古くのイギリスという、エリザーベラルという、
エリザートという、ブリックス・ゆっきし、という。ブリック
ごめほめ、という。ブリックという、アメリカの地名という、
ロサンゼルス北方120キロの砂漠の町という。今は、
砂漠である。ここが、こも山という、日本語の言い
という。地下がある頃のブリックスという町という。
地下に大きなロトという噴水があったことという。
ロトが、ブリックス・ランゲージである、ベルギー語
のフランス回りの言葉である。フランス語を、ブリッ
クス語というヒコと角言い方である。この頃のベル
ギーを大きいベルギーという、ベルギーろんそめ、と
いう。17、18世紀のベルギーという言い表しである。
地下を作るベルギーという、ヨーロルのけおん、と
いう。ベルギー語のことという。アローランセールの
お書きという。

 ウクライナのキナウの頃のベルギーである。後、
キエフという、キーウともいう。キナウが古い言葉で
ある。キエフの消える湖という、キエフ西方で、これ
を、ひがしという、キエフ東方という、これが南極
地軸のキナウ線という、南極のにたゆたの地という、
そこから、ウッペケのキナウという、ここへ至る地軸
という。南極の、みかれせる、という、おりふりの
南極という、アンタークティスという、アンタークティックの
南極ワルセルという、南極のワルキューレという。
ドラキュラのなんせる、という。ドラキュラの地という。
東を東と言い、西を戸という、トーネラーの
言いという。キナウの言いである。今のキエフの場で
ある。マリウッポス論区という、ロンロンディールという。
マリウポリ東方の場所という、今の言いの方角の東
方という。

 キナウの東へ至る地軸という、南極からモリウポリ
東、ここからキナウ東という、消える湖の東方という、
沼地の場所という、地下がある所という。少し父軸が
傾いた話という。地軸が曲がっていた南極発の地軸
である。

 オーストラリアのメリの町の話という、今のシドニー
である。ここの地軸という、まきときら、という。マニラ
へ行く地軸という、ここの、フィッスクという、今のフィ
リピンという、フィリピンのちさふら、という。ここの古い
話という。南極地軸の話がある。このフィリッピンを
、たとゆら、という、日本の言いという。日本語が
進行した話という。この進行を、といよる、という。
昔の日本の言葉という、日本語があるフィリッピン
という。まっとく山のお書きという。フィリッピンラックスと
いう。オランダ語がかかる日本語という、蘭学とい
う頃の日本という。

 オーストラリアのシドニーの蘭学という。主として
医学にあるオランダ語という、ベルギー語が少し
含まれていることという。私のいたキャンベラ特区
の一部のシドニーともいう。海軍の出所という。
オーストラリアの海軍という。潜水艦の軍ともいう。
めてゆたのおとまる、という言葉である。海軍用語
である。南極地軸を使う頃のオーストラリア海軍
という。これが動いていた地軸の一つである。

 ドンバスというどんでんの言葉という、鈍殿と表す
、大きいという意味の鈍という。この鈍殿が、クレ
ムリンの、古いクレムリンである。鈍殿という日本語の
呼びという、クルーサッケクという、さってらの言葉と
いう。この『てら』が地球の意である。これが、
ギリシャ語のテラである、同時に、ロシアの古い言葉
である、クレムリン・カルーセルという、英語様の呼び
である。

 カルーセルをクラプトン・イングリッシュという、古い
クレムリンの外国語である。この隣の、岩の造りの
モスキートーという、
『遙かなゆーらのひべる、あおやるこうしぐる、れれすとる、
せーらそくす、れそれすぬくゆれ・・・・・・』』という、
コンキスタドールという『モスクワ郊外の夕べ』の歌という。
コンキスタドールが、スペイン語であり、クラプトン英語
である、同時に、古いロシア語である。このロシア語の
頃、ピョートル大帝という、モスクワ公国ともいう、
サンクトペテルブルグという町の、レニン通りという。
この歌の造りという、モスクワ郊外の歌という、
モスキーヤークという、コンキスタドールのことという。
コンキスタドールで入ったという、クラプトンイングリッシュの
進行という。古くモスキートの言葉ともいう。
この頃を英露という、モスカクの言葉という。
古くウラジオストクの町の言葉でもある。ボストーク
語という、崖の言葉のクラプトン英語という、
ボストークという言葉という、クラプトン英語という、
同時に、ウラジオストクの古いジベリアラッカスと
いう日本語呼びの言葉という。ににんするの言葉
という。シベリア語である。

 移動人種の頃のロシア人の言葉である。イギリスの
ロンドンのストーン・ヘンジという、大きなストーン・
サークルで、ぐめすけ、という日本語呼びという。
ここの住まいの頃である、ロシア人の同住という。
後、モスキートーへ行く移動人種という。
クレムリンの郊外という、
『ある原ゆらぜ、うきす、ともてらそうかまる、
 つれふらる、あらゆりの、せろかれる、くせる』と
いう、『モスクワ郊外』の歌という、モスクワ郊外の
モスキートーという。そこの歌で、サンクトペテルブルグの
歌である。歌を作る町という、サンクトペテルブルグという。
さんためのお歌という、日本語言いの『モスクワ郊外』と
いうコンキスの歌という。言葉の進出ともいう。

 アールラッケスの歌という、これが、後、ブーズーをいう、
ブーズー語が使われたという、クレムリンの外国語という。
二つの言葉を使うクレムリンという、ブーズー語とクラプ
トン英語という。クラプトン英語という、レーラ英語という、
後、コックス英語に一体化する。モスキートーの用語
ともいう。モスキートの蚊家という。このままの英語で
ある、モスキートの言葉という。アールラッケス・ブージス
という、ブーズー語のことである。

 ロシアの広い国、日が沈まないという、不沈のロシア
という、プーチン・ランゲージというロシア語である。
プーチンが、日本語の不沈であり、同時に、ロシア語
である、人名であり地名である。オロスロ言いという。
オロシア夢譚という。古いロシアという、サソンクトペテ
ルブルグの歌の話という、これの箇所の歌詞という。
『あらせるくっせるくりせ、くわゆるはこざき、ともふれの
そいおてす、くさるれるかやと』モスクワ郊外の歌の
日本語の『かや』という、サンクトペテルブルグろっとく、
という別名の歌という。原語が、サンクトペテルブルグ
の町の言葉である。

 はるかな日々、山すらのペッテス丘の場所という、
そこの人達の歌という。プーパックスという、プーチン
ルーという、プーズーのことの言いの、かりすられ、
という。プーチンさんのお住まいの歌という、プーチン
人の村の歌という、モスクワとぞす。不沈の国
ロシア、ノバヤゼムリア地軸の頃のロシアという。
ノールゲーラの場所という。れるおってすのきみすみ、
という。モスキートーのことともいう。

 モスキートーと古クレムリンを含める、ブッソゼルと
いう、古スペイン語の言いという。ブリースルーという、
ブリックスの言いという、アメリカの町の言葉である。

 日本の京都七条大門町という、藤将という頃の
七条大門という、蚊家があった場所という、今で
いうドームという。この『ドーム』という言葉、ブーズー
語にもある、クラプトン・ブーズーという、クラプトン
英語の言葉でもある、レーラのブーズーという、
崖に咲く大きな花という、南ア連邦の花ともいう、
希望花という、希望峯の花という、大きな花と
いう、クラプトン英語であり、ブーズー語である。
七条の英語という、れいせるお言いという、藤将語
という。この『藤将』が『冬将』に掛かった話という。
ロシアを、古ブーズーという言いのクレムリンという。

 アメリカの、グレーでんてく、という、グレート・アム
ゆり、という、場所という、グレート殿のばんため、
という。場所を『コ』という、コーラの場という、レーラ
の花の咲く所という、崖がある所という、ロサンゼル
スの北方200キロ位である。サクラメントという、
そこのブーズー語である。大きな岩造りのモスキート
という。桜の原産地で、黒い桜の木という、黒桜市
という、サコストンという、サクラメントの古名である。

 世界の巨石文化の頃の話という。ロシア・モスキート
という。ことゆみ浜のお立ち、という。

 京都仁徳天皇陵という、京都市全体の陵という、
その上が、ドームで覆われていたことという。京都岸
田無、キョウト・ガンダムという、ドームのはことという。
京都を覆うドームである。京都墓町の頃という。
あだむすかれ、という、ドームという。後、アダムスキー
という円盤の名におくドームゆらめの飛行場という、
飛行機のことである、円盤飛行機の話という。
スタンレーはっつの人である。飛行機
円盤という。

 飛行機電車もある話という。長い大きな電車で
ある。戦車の飛行機という、飛行機を載せた戦車
という。電戦車ともいう。サルッスルーのお書きという。
柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189635864

この記事へのトラックバック