2022年04月01日

出発4170 敬家 :イカスミ柳

出発4170 敬家 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4170 敬家


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/03/31
    造詞、冴柳小夜・正     2022/03/31
    監修、そうきょう連      2022/03/31
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
家前の木札の絵 いつも見る勇気の絵
安全の意味がある 古文字で 書かれてる
絵のような しだの文字 春の 三色スミレ草
雀くる チチと鳴く 敬家

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/03/31
【木江符】
 札のこと。
木江符という、木の札で、カーゲーベーという。
しだの文字という。キーロワという。きいさき、ともいう。
ラテン語がKGBという文字で、両横に書かれている。
裏角が削られている。カーゲーベーの札という。敬家
という頃の家でふる。三枚戸の大きな戸である。
私の家の札です。
絵文字で下に「点」と書く札ともいう。この札の
替え札です。
【キリール文字】
 木江符のロシア文字という、今のキリールという
文字とぞ。ウラジオストクで、キリールを使う、この
キリール、キリランという、日本語表記のキリール
文字という、これをロシア文字という、キリール文字
のことである。この日のキエフ、ロシアのキエフである。
【絵符(えふ)】 
 絵文字というしださりの字という。主に荷物など
に使う字という、荷札の木札という、荷縄にくくり
つける木札という。昔の国労という、それに使って
いた木札の文字という、私家の印です。

 これより以前も、この絵文字を使っていた、
ジェラルーという、今の国鉄に充る鉄道という、
省線という。これより古い、線路の頃という、
KGBと書く、裏のロシア語という、КГБ
カーゲーベーと書く木札という。これらの文字
を駆使していた頃という。

 この絵の敬家という、前の道には、V字の煙突が
あった汽車という、これが走っていた我が家
の前という。省線の時にもこれを使っていた
我が家という。古い学校へもこれで行って
いた頃とぞそ。京都の今の我が家です。
【お召し清区】 
「お召しきよく」という、我が家の線路の名
です。清区走るという、清区の札という、
汽車に大きなこの絵符を使っていた。
V字煙突の印という、これを、「キハバ」
という、後、国鉄の貨物列車の呼びである。
きかれのお言葉という、国鉄の、貨物列車の
ことである。今の自動車のナンバー・プレート
の、数字の前の字である。「あ1234」という、
この類いです。
【我が家から東京、森へ】 
 この頃、私家からまっすぐに東京へ向かっ
ていた線路という、その横、亀の甲電車が走って
いた、いちかわ(一川、市川)線という。

 亀の甲電車で、約ヨンのスピードという、
時間で、一時間半である。その頃の乗物の
スピードである。省線初期で、今の速さの
200キロという、早いスピードである。これが、
私の家から、東京八重洲という、ここから、
森恐山へ行く、当陽かわれる、という、
線路という。

 京都から森まで3時間半という、亀の
甲電車である。V字型の煙突社で、5時
間から6時間である。早いスピードの頃という。
この頃、木絵符という、木の札を使う、電車
という、汽車とぞそ。

 「今は、よまふま」という、「今は山中」の
歌の頃という。あっという間の旅という。
【原子力電汽】
 全線、原子力という、原子炉を積む電車
という。線路脇にも原子炉があうったことという。
 この頃、敬宮(よしのみや)という我が家である、
敬家(よしや)という。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189435045

この記事へのトラックバック