2022年03月02日

出発4054 対人無人戦闘機 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4054 対人無人戦闘機
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/27
【羽田空港、芝浦空港】
 対人無人戦闘機が配備されていたという。この




















































































































空港、いとよみ、というひの、恋原という。恋原対人
という、無人の戦闘機とぞそ。アールセン・ファール
ラーという、山沢の戦闘機という。めるてすの・アール
天という。長さ1mという、我国の戦闘機である。
 この国、頓邦国という。今の、太平洋の国という。
アールテ・ファールラーという場所をの国とぞ。




































































































































































 ころよろ、という日本冠語である。ころよろの頓邦
という。これを、レブレルという、レムソのありてら、と
いう。れてる・とりとり、という。鳥の格好の飛行機
ともいう。じったらのおいそい、という。気象観測用
の無人飛行機である。羽を上下させ飛ぶ装置と
いう。これを、対人無人という、対が空である。

 この空のことに、対人という、我国の言いという。
我国という国である。後、ほうたみ、という国という。
ここを、リハルという、リハバンという。場を羽田、
芝浦という空港の場所という。りったるのおっとめ、
という。この飛行のそいふり、という。飛行機を
追いかける能力がある。気象の飛行機を
追いかけることに、気象を、のみ山という。気象の
ありたら、という。これが、対山のお書きという。

 気象の飛行機を追いかける飛行の無人という。
無人飛行機という。この二機で、気象を見るこ
とという。内川のお書きの話という。

 二機の気象という。今の、気象予知の仕組み
の基礎という。穂浦の時の記し気象予知法で
ある。おおやらのおきふき、という、時の冠語である。
この穂浦の時の、国という、頓邦国である。
この国の出来という、にっぱつのでき、という。
みにせて、という、にみせて、ともいう。後、ニミッツ、
ミニッツという。どちらも使う言いである。

 ミニッツのよいふり、という。後、アメリカのミニッツ
という言葉の使いという。これを、アメリカの言いと
いう。この言いのアメリカの広島原爆という投下の
ことという。このひの投下という、広島上空、晴れ
た日の投下という。

 下に見える家、小さく見える、誰もいない時と
いう。後に、広島ができる、ひろるろ、という。
当初の広島という。この、ひろるろのいとゆと、と
いう、この時の上空の場所である。この場所の
ことという。広島の辺りの真上である。まだ、
広島ができていなかった話という。この時の、
高度、およそ9000mである。ここで、投下をし、
後、8千5、6百程で爆発したことという。

 後、大きい雲ができたことという。閃光と
いう、約2秒である。温度が、百陸という、
100Kという、絶対温度の100Kという。
これが飛行機から投下した時である。
400℃くらいである。絶対温度が違う単位で
ある時とぞ。

 まだ町はなく、誰も居なかった時という、
これを確かめて、投下したことという。すぐに
地上へ降りて、出てみた所、大きな雲が
あがっただけである。風もなく、普通の日の
普通の天気である。

 後、町ができる、この時、古い木材を使う
建物という。後、少しの地震という、これがあって
建物が倒れたという、倒れていなかった当時という。
原爆には何ら関係はないことという。落としてすぐに
着地して、地は温度も普通の温度である、普通の
天気である。原爆投下という時のことである。

 この言いで、アメリカからの落としという。芝浦の
話であるひぃに、京都の五条交範という、そこから
飛び立ったものである。
原爆投下地点、上空である、アメリカという
空中点である。

 この日に、もう一つの原爆投下という、水原と
いう、岡山の広島という、ここの投下という、倍の
大きさの原爆である。少し低い高度で、約2、3
000mという、高温も出ていない、風も起こらず、
雲が約高さ400mほどの高さである、目の見で
ある。ここも、人がいなかったことという。

 岡山県という、この後のできである。誰も住んで
いなかった話という。被害はゼロである。家もその
ままで、少しの家がまだらにあったことという。人
不在である時という。これが、広島投下の30分
後である。

 どちらも放射能もすぐになくなっている、放射
能がほとんど出なかった、ほんの少し出たくらい
である。家を建て始めたころに少し残っていた
ことという。アメリカの落という、原始人が
落としたことという。アメリカという、京都の五条
交範の一地区で、ここの言いが、当時の五条
交範の地上である、あむせらの言いという。
五条交範地上の用語で、今の、アメリカ南部
米語である。陸上の交範用語である。

 この日に京都へ帰り、すぐ、芝浦交録という
空港へ行く。交録が、空港の古い言いである。
この時に一緒に連れて行った、対人無人飛行
機という、名をノテソという。これが羽田空港に
もある、穂浦の無人飛行機である、羽根が
上下する飛行機である。速さ約、260マイルと
いう、飛行機から操縦する飛行機である。
ノテソのお書きという。

 原始人のいう原爆投下である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189368779

この記事へのトラックバック