2022年02月28日

出発4022 ヘレンケラーさん4 :イカスミ柳

出発4022 ヘレンケラーさん4 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4022 ヘレンケラーさん4
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/25
【歌詞解説】
 チェコ・プラハからキエフへ行く。移動人種四百人
という。ウィネマッカというアメリカの村から、ロンドン
上空を越えてプラハへ行く。移動距離がヨンという。
この『ヨン』、今のヨンである。

 チェコのプラハの冠語という。チェコ語の冠語であ
る。チェッスカーという。プラハ連という、プラハ連語と
いう。モスケスともいう。ベールレのあいるら、とぞそ。

 ここにメという町という。エルジンという町である、
プラックマという町である。この『クマ』、日本語の『
熊』である。レーブルという、日本語の英用冠話
である、熊という意である。

 プラハに熊がいるという、ベルゼラーのあるゆら、
という。プラハのベルゼラという町である。これを、
『よい組』という。これを、ねもよる、という。これが、
ブラックマの意味である。後、チェコのおしるり、と
いう。チェコ語のクーカラという、ブラッキスという、
みよ山のえてすら、という。この意味のことという。

 山せらのあうすら、という。これを、くなひり、という。
クッペのことという、プラハの古い名である。この後、
クッパを経て、プックカという、後、プッソーという、
冠語の名のプラハという。プーレムのクルッカスと
いう。プックカのぷーそめ、という。これが、チェコの
古い名のへと、という。経ることを、へと、という、
冠語という、日本冠語である。

 これに、遣唐をいう、ここの充ての意の名という、
遣唐国という。これが、ちゅう花という、後、中華
という、中国の名の充てのことという。プラハの中
国に遣唐という言い充てをする、プセハ連いう。
プラハ連絡という。これが後、チェコ共産党と
いう、チェコのプラセレーという、共産党本部の
いとゆと、という、連絡のことである。

 この日、既に、世界をいう、ザメンホフという人
という、この人の提唱という。世界同時という、
世界の同じ時という、この同じ意味の、かっせく、
という後、革命という。この革命の同時という。
県講話手に入れる革命という、革命が、健康
取得という、安全輪とる言葉という。

 このチェコの共産党の花弓という、この革命を
いう、健康取得のことをいう。ザメンホフという名の
人の提唱という。ザメンホフが、東欧を世界という
、この意味の世界という。これが、ザメンホフの
世界同時革命という、後、万愚節のことという。
この万愚節、健康取得の日という、ザメンホフの
健康取得をいう。これを共産という、健康取得を
共に生産する、健康取得革命という、この意の
共産革命である、世界革命という、ザメンホフの
提唱というるポーランド論という。

 ザメンホフの作る言葉をいう、エスペラントという。
このエスペラントの、強起という。音楽の強起のこと
をいう。音楽の掛かりのエスペラントという。これを、
といすみ、という、ろっけく、という、強起のことという。

 音楽がいわれるザメンの穂の賦という、ザメンホ
フの、日本語からの解釈という。、ざめんよっしぎ、
という。これが、ザメンの『メン』を、面ュおも、めん)と
いう、日本のざーくす、という、今の英語の『ザ』という。
ザークスの英語という。ザ・ペランという、英語の話と
いう。英語がとかれるエスペラントという。これを、
よっしぎ、という。この『よ』、英語冠話の『ヨ』のこと
である。

 『ザ』が、ミポメムという、ザメラス、という、後、冠詞
という、ザメラスを冠詞という。この『ザ』が、ザメンの『
ザ』てある。この言いが、エスペラントの言葉である。
ザメラスののこみふみ、という、古い日の、エスペラント
のことという。こみふみの、エスエスという。エスエス語と
いう、エス語という、ザメンホフの言葉という、エスペラ
ントである。

 これが、チェコの、陶器の言葉という。陶器の言葉
の使いという、これを、英世という、英世の永世という、
衛生とも。健康に繋がる衛生という、健康中立という、
ポーランドの国のことという。健康の中の国という意と
いう。ポーランド論という。ザメンホフのお解きという。

 ぽっせらの言葉という。ポーランドの山ふら、という。
ポーランド語の冠語という、エスペラントのことである。

あああああいいいいいうううううえええええおおおおお
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189364299

この記事へのトラックバック