2022年01月30日

出発3016 歌・治癒 :イカスミ柳

腹を横に書く。
【曲名】 出発3016 歌・治癒
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/01/29
【歌詞解説】
DE3014続き
 世界各地にある話で、万愚節に治る話もある。
奇跡といわれている一種という。この日、万愚節の
行列を拝んでいたという、治った人という。

 アメリカのスプリング(フロリダ近く)という、ここの
万愚節という、死をリブという、死者をリビング・リリビ
ングという。

 イギリス、ポーター・フィールズの詩人という、ベサ
メ・ムーチョの歌詞に、治りを入れた詩という、リブ
スラーという、ベサメ・ムーチョ英訳という。この詩の
愛読という。これを説いた人である。病気に好影
響があるという話という。

 いずれも万愚節に関わった場所という、万愚
節の日の主たる行事という。これを、ロリスレー
という。あってすの万愚節という。死者を弔う意という。

 京都の祇園祭にも、こういう話がある。祇園の
『まる』という、死者弔いの意という。

 いずれも健康をめざし、病気治癒を願う人の心の
歌という。『しのぶれど』という一種の歌の解釈ある。
よみ山の意のことという。いれそれの・あうたる、という。

 それぞれの家で万愚節をするひぃに、死者をたっ
とぶ話 という。これを、姿勢という。この姿勢が、
府市をとっていく、万愚節の官庁のはゆれ、という。
万愚節の官庁に、病治しという、健康維持という、
ことがある話という。他、会社、団体とも。

 これが、具現した万愚節である。大切にしたい
ものです。

 DE3014、悪魔の治しともいう。背中の十字
がこれを意味する。キリストともにいる悪魔という。
これが、朗家の話である。ロー家という。キリスト・
ローマのことである。耶蘇教の話という。

 家に寝ておられ、起き上がれない人で、自動
車で、その家族ともども一緒に、東京万愚節へ
いったのである。自動車では寝ておられたのである。
自動車の中におられ、行列に手を合わせ拝んで
おられた人である。自動車の窓から、じっと、
手を合わせていた人である。家に帰る時、少したたれ、
家へ帰って歩いておられた話という。らい病の人
である。東欧の人という。官庁に、このような機能
があるものという。たまれの岩のお絵という。
その人を思う話という。我が家の誇りである。

 たそれ、たそ、という、肺病という、らい病という。
これを治す言葉である。たそられて、という、万愚
節のことである。

 ピパソングの詩にもある話です。
********
Pippa's Song 
  Robert Browning
                                            
春 の 朝
ブラウニング
上 田  敏
The year's at the spring 
時は春、
And day's at the morn;   
日は朝(あした)、
Morning's at seven;    
朝(あした)は七時、
The hill‐side's dew‐pearled;
片岡(かたをか)に露みちて、
The lark's on the wing;   
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
The snail's on the thorn;
蝸牛(かたつむり)枝に這(は)ひ、
God's in his heaven ― 
神、そらに知ろしめす。
All's right with the world! 
すべて世は事も無し。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189302769

この記事へのトラックバック