2021年01月31日

卒業8660 岡崎小道 :イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8660京都船旅7560
古譜6560大原練習6460天の下6860 大泊、よもき家(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2021/01/30
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2021/01/30
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2021/01/30
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロデューサー かわい社
【歌詞】創郷
飛行機が着いたのは、あいせ闇浜、ずん胴の
機体、京都岡崎小道からドント発進 ユッピ
着陸 小さい縞 はゆめやき 言葉は
ひとやま語 はゆみんとみのいじやりやみ
スイスイ国の首府の地の言葉 とき海
越え来た遥かな地


【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【アリューシャン】
アリューシャン、イリューシンという。
ドント発進、離陸後、一度地に降りて、再び離陸する。
ユッピ着陸、一度地に降りて、上がり、再び着陸する。
和国の操法である。
【解説】
20210130
 言葉が、ひとやま語という、聞き慣れない言葉が
そうです。ロシア語と混じって、アリューシャンの方言
になります。アリューシャンのはたみ島の言葉です。
日本語のようなロシア語のような、アリューシャンの
方言です。

 京都岡崎小道という、現、京都市岡崎の飛行場から、
発進して、いろいろ回って、ありゅーしゃんへ行き、
ずん胴の飛行機で、給油をせず、京都まで戻ってくる
100人乗りくらいの飛行機。
******

 記者が乗っていた秋残り市の飛行機という。『家の
前の土を掘れば、貝殻が出て来る』という若い人がいる
町である。岡崎で見た絵で、インターネットにも出てい
る絵である。高名な画家の絵である。この画家の住む
周辺のことという。また、記者は、岡崎を訪ねてみた
が、飛行場などというものは見当たらない、あちこち
聞いてみたが、しらないという人達である。

 ずん胴の飛行機が飛び立ったという、相手にもされ
ない話である。『飛行機はどこ行きですか』という記者
の問いに答えてくれた人がいる。
『アリューシャンです』と、応える若い人という。
『へぇっ、貴方が若い人ですか』という記者ににこりと
笑い、『ここは、岡崎小道です』といわれた話である。
記者が面食らったのである。続けて若い人はいう、『
自分の家には神事内門』があるという。

 記者、『自分は、信じないモンではありません、駄
作家の話を調べています』と。
 若い人、『あの駄作家ですか・・・私のことを書い
ている人ですね』と。

 記者はネットで取り寄せた絵と地図を見せた。『ああ、
ここです、土掘れば貝殻が今でも出てきます。』
 記者はあっけにとられた、ゾンビというあの若い人
である。ふと、すれちがった人である。昔の岡崎は、そ
んな幽霊がでてきそうな場所であったという、『ありが
とうございます』と丁重に礼を言い、先へ急いだ。
 少し行き、後を振り返れば、若い人の姿は見えなく
なっていた。なんとも言えない町である。恐都と書い
てもよさそうな所である。京都水漬きの頃である、駄
作家の作という。
岡崎少話、京都探訪添え。
岡崎林道記す。
http://akinokori.sblo.jp/archives/20201112-1.html
そうきょうよい時です。正(やなぎ)J30.
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
腹を横に書く。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188355379

この記事へのトラックバック