2020年12月23日

卒業8372 横田めぐみさん 正(やなぎ)

2020/12/23
御所に横田目組という組み方をした建物がある。そこ
にいたという人という。蓮池とよく言っていた人である。
蓮池という池がある。御所の中である。京都御所という。
 そこの迎賓館という、そこで、御飯を食べる人である。
昔の迎賓館という。『すもも参りました』という、 そこ
の一席である。桃宮のすももという、桃の宮さんとい
う、後、桃照目、とうしょうれいという、とうしょうも
くという。これを、ゴンドワナ・セラという。
せらる食事という。コーヒーを使う料理という。昔の
ゴンドワナの宮の食事である。古い平京という、ヘギョ
ン・パッハクという、ヘギョンソーメの宮という、御所の
迎賓館の別名である。

 『ヘッキョン・ソーフ』という、食事のことである。
ここの食事を食べる人という。李王という。この食事の
時を李宮という、李宮時という。『食事を食べる』とい
う言いの李宮の李官の言いである。

 この言いが遠くちょうの言いという、日本の趙という
字の使う場の言いという。ここを、はなれ、という。
はなれという常の住居のはなれである、離宮という。
李の宮の縁という。この縁を組という。これが、京都の
町の隣という、隣同士の組である。隣組という。

 この隣に蓮という、蓮の植わる池という、その池の
ことを、はっぱら、という、蓮の実の料理という、この
実を、はるせみ、という、はるせみ料理という。

 このはるせみに、にがめやり、という、にがさやの
豆の汁をいう。今のコーヒーである。にがさやという。
このコーヒーの木という、こうせまという、こうせま木
の使う、せいろう、という。せいろうで濾す使いとぞふ。

 これが、ル・ヘッパツという、へっぱらの料理という。
へっぱらという御所の中の緑青野という、ここの木と
ぞそ。古いゴンドワナの『ル』という、この日で、
すでに冠詞である。今のフランス語に受け継ぎがある。
この『ヘ』という、これを、フランス語が『エ』と
いう。ハ行を使わないフランス語という、今のことで
ある。エ・リオウハという、フランス語の出という。
これが、ルイムルという、ルイの王の言葉という。
この『ルイ』、フランス・シャイヨー宮のエリザメサ
という、庭のことという。

 エッフェールリーラという、リラの江という。リラの
園である。これが、エという江である、岡地で使えば
、園という意味とぞぞ。

 これが、ル・ヘギョンスーという、ヘギョンの宮の言い
の使いのいちという、この『いち』の李の宮という、李
宮の離れという、離宮の言葉 という、李の意という、李
を植える園の離宮という、元、李宮である。これを、桃
の宮という、桃宮のはせ組という、会食 という組である。
組会食という、はみ組のことである。

 この組を『はすれ』という、蓮の実のことを、はすれと
いう、はるせみ、という。これが、蓮とコーヒーの組である。
コーヒーをつるう食という、コーヒーを使う食という。
ご飯にコーヒーをかける、カレーとぞふ。白いご飯にもか
ける、これを、ゴンドザミという、ゴンドの料法という。
ゴンドワナ・セラという。ゴンドワナにコーヒーの木が
あった話である。御所のコーヒーが、そのゴンドワナの
木である。隣に蓮の池がある場という。

 今の京都御所という、京の、のわき木という、野分、
やぶんめっそめ、という、これが、冠語である日の、
かんさめの言葉という。かんさきの言葉ともいう。
この『かんさき』が、麻雀用語のかんさき、である。
リーチという、李ー地とぞ。麻雀を、とうくり、桃栗
という。御所の言いという。とうくりかんさま、という。
御所の遊戯という、桃の飾りのある部屋でする、遊戯で
ある。桃の実の飾りである。桃実遊戯という、麻雀であ
る。これが、おうはりの言いである。じゃんをはると
いう。じゃんぱりという麻雀である。あさすずめという、
まーじゃんである。

 これが後、健康をいう、朝の雀の鳴きのこよふめ、と
いう、雀の鳴きがたっとぶという、飛ぶにかかる言葉と
いう。とうとぶのことという。これを、たっとうのいも
すみ、という。言葉のりき山の言いとぞす。たっとび鳥
という雀のことである。雀がパッと飛ぶ形容とも。

 これが横田目の組という、横田組という、横田目組の
屋のそばである。迎賓館横という。わかい人の家である。

 ここの李の桃のももすももよま、という、これを、
桃李世という。桃李園という。御所に桃がある話という。
 この桃、東京皇居の御所という、ここの桃という、
同じ桃である。桜おの桃という、桜小野、桜雄という。
桜おの桃という。京都御所の桃という、桃の宮という、
自分をすももという。桃宮の言いという。

 『すもも、参りました』という、朝鮮、ル・ヘッギョン
・ソークという。朝鮮の李王の言葉である。ヘギョンソンの
住まいである。このヘギョン、古く、平京という、へい
れらせらの住まうしゅぞらく、という。落ちという。
朱祖落。これが平京のことである。新たに萍郷と書く。

 ヘイピンという平壌の元の言葉とぞそ。る・へいらく、
という、この『る』、冠語の冠詞である。フランス語の
『ル』と同じ市意味である。ら・へいしょう、という、
冠語の冠詞である。どちらも御所の言葉である。
桃の宮のお書きという。

 ル・ヘッギョンソワという、フランス語がかかる日の
朝鮮李朝の言いという。『ソワ』がフランス語にある、
ル・ファッソラーという日本語の冠語である。この日本
語の冠語、フランス様という。フランス語の様である。

 これが、後、ジュッペ、という、樹の辺という。
園のことである。ジュベファッツという、樹辺の園の
言葉のでもり、という。出森。森出の桃園という。

 これが、朝鮮の琴のかや琴という。くむかや琴という。
組琴という。そきんという、金の像の傍の琴という。
古く、金琴都という、平壌である。金近都、琴近都、
琴金都という、かなごとみやこという、読みの字という、
全部、かなごとと読む、平壌のヘギョンの読みという。
この読みがある、ヘギョンソワのペキンラックという。
これを、ポーセルという、この『ポーセル』を、
ノップラーという、後の、ノップラー英語という、
ポーラスターというノップラー英語の言葉である。
グラスゴーの一地方である。鏡の国の英語の、アリスの
英語という、このアリスの英語の近くの場の言いである、
ノップラー英語である。セカンダスという二番目をいう
アリスの英語である、ノップラー英語で、セカンドという、
今の英語である。

 この英語のコクニーという、コクニー英語という、
主に運輸関係の英語である。この英語が琴を、シャープ
という、ハープをシャープという英語のコクニー・ラン
ゲージである。『ヨ・ダウン・シャープ』という、
琴を弾く意という、『ヨ』が『ユー』てある、古いコク
ニー・イングリッシュである。

 これが、日本の上野英語というひぃの、『アイ・キ
ャン』 という、I can。この『アイ・キャン』を、
『アイ・カーン』という東村の英語という、古いコック
ス英語である、このコックスを取り入れる、ノップスの
ノップラーという、レーラフーラという、脳のおれまが
りのノップラーという、ノップラーが、おれまがりを意味
する言葉とぞそ。脳の意味がある、ノップラーという言葉
である。

 これらの英語が、平壌をヘリという、ヘリクという、
このヘリクがゴンドワナを意味する、フランス語のエリ
クである。後、エリズ、エリザという、英語に戻して、
ヘリズ、ヘリザという、ヘリザベスという、ノップラーの
古い言いとぞづ。今は、違う言葉に扱う、現代の合理性に
富む英語という。ヘリザとエリザは別の言葉である。

 平壌をヘリックという、へりらくの落ち都という。ヘリ
が縁である、ふちである。平壌のふちをいう、ピョンヤン
・ポーラという、ノップラー英語の混ざりの言葉とぞそ。

 この言葉が、有の英語の言葉である。有本の英語という、
東村の英語の使いの取り入れという、『アイ・カーント・
ビー』という発音の英語という、古いコックス英語とも
いう。上野英語で『アイ・キャント・ビー』という。
『アイ・カーント・ハックス・ロー』という、これが、
古いノップラー英語である。コクニーが取り入れて、
『ノックオク』『ノックォン』という、ノッコンの英語と
いう、ノッコンというラグビーの用語という。古く、ノッ
プラーのノッコンである、アリスのえいごでメンという、
後、メンフィスの町になる、メンフィスにノップラー英語
があることという。『メン』が、アリスを踏襲する、『フ
ィス』の言葉のことという、五番の意味のアリスの英語で
ある、古いアリスである。鏡の国のイギリスという。

 これが、ミラーのかなく、金区という、金の鏡という、
朝鮮を、アリスがまねるという、メタル・ヘリックとい
う、ノップラーの英語の言葉である。ヘリック英語という、
これが、有本の英語である、有の英語という。

 この英語がヘギョンの日本人にある、ヘギョン・ソッ
クスという。足袋の言葉という、冠語を靴語という、
シューズ・ワードの言葉の組閣地という。平壌のヘギョ
ンの地の言葉という、言葉を組むことという。言葉の
なりをいう。『アイ・カーント・ゴー』の東村英語が
あるヘギョンの村の英語という。

 ここがメノウをいう、古いアフリカのメノウの産地と
いう、色石のことである。アフリカの段丘の話がある。
ヘギョンソワである。有本の英語がある、ヘギョンの
町という。平壌郊外である、北京と書く、ヘギョンとい
う。そこが、すももをいう、李王が来たという、『す
ももが来ました』という若い人である。ペッギヨン・
ソワ・ポーラの話という。日本から朝鮮へ行った人が
いる、そこの話である。ル・ヘッギョンという、れん
れすの、ゴンドゼミという。ゼミナーのゴンドワナと
いう御所の夜学の広義である。桃の宮お書き、これとづ。

 横田組のお書きという、横田めぐみという、若い人が
口にする言葉とぞ。横田めぐみさんという、組の人とい
う、横田めぐみさんをかえせ、という。ル・ヘッギョ
ンソワの話である。

 建物で組んでいる、蓮の池もとりいれている、横巧と
いう。巧みな人である。田汲みという、田んぼの水の作業
である。汲む人でもある、汲みの人という。有栖川辺とい
う、有栖川宮のそばの田という、横田目組屋の傍である。
川も取り入れるのである、横巧(よこたくみ)の取り入れ 
という。横田めぐみさんという、取り入れる人である。

 横を取り入れ、田、川、岡、金をも取り入れる人で
ある。横巧枢要である。隣の有栖川という取り入れる人
である。迎賓館もそうである。昔あった話である。

 昭和の取り入れという、ヤナギを入れる人である。
昭和にでてきてもらうことという。正(やなぎ)。
横田めぐみさん正(やなぎ)、健康と安全を願うものです。

http://sokyo.sblo.jp/archives/20201223-1.html
posted by 秋残り at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188243653

この記事へのトラックバック