2020年12月09日

卒業8179 冬の俟つ (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8179京都船旅7079
古譜6079大原練習5979天の下6379  大山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/08
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/08
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/08
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
枯れ一葉 小枝舞う 目の闇 冬が来る
枯れ一葉 雪混じり 孔子廟 冬の入り
目に手をあてた 朝参り 目を保つ
良きを呼ぶ 白鯨野 降りくる雪見て
帰る道 花咲く 我が家かな


 狐の天気予報。〇r1999/09/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【歌解説】
白鯨野:孔子廟周りのこと
【緑雪】
 『天皇下がれ』という、天へ向かい言うた人という。
緑雪が降ることという。緑雪の賦の言葉という。緑なす
冬の雪降りという。ほうねら、という、野のことという。
白鯨野の周りである。白い御殿という、緑の雪たまり、
という。緑やる弓振れという。弓を手に持つ若い人と
いう。緑雪の手という。緑の色の手とぞそ。

 冬あたりに降る雪である。地を呼ぶ雪という。『雪や、
みどりる・すみさる』という。孔子廟のある頃ととぞそ。
冬の当時の屋のお絵という。穂浦の連島のことという。

 また行く島の家という。船に乗り行く、穂浦回崎であ
る。古い御代のこととぞ。
はなゆしお書き、これなるを。

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D08. 

緑色の雪の雪で作られた家、太陽のいえ という。
緑野太陽という、これを、いそび、という。
磯尾の太陽という。太陽のやという。
 木津の城という。木津城のお書きという。
雪を愛でる城である。そうきょうという家である。

 城のことを、いそびのという。和国城という。
これを和書という。この城を天という。
天をよる城という、その姿を、天皇という。
天皇とは、城のことでもある。

 だれが天皇をしているのや、という。
城のことをいう言葉である。和国という古い
日本である。これを、毛の国という。

 そうきょうよい日という。毛の言葉てある。
緑なす黒という話である。

コップという言いをする、コップンカムという
緑野城という、これをカムセルという。コップと
いう城である。ノットム・レックスの言いという。

 日本の象徴であるという、この日本はどこや、
という、日本の国という、和の屋のお書きとぞ。
緑の野の緑野という、これを国土という、黒土
という、緑なす地という。

 私は城であるという、人は石垣、人は城という
信州武田城という。普州竹田城という、会津山
お書きという。

 キヌンプットという話である。
衣の城という。たよせる・とみふり、という。
うちら山のお絵という。うちら論国という。

 そうきょうよう時です。D09.
 ***
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
腹を横に書く。
**************
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188200926

この記事へのトラックバック