2020年12月08日

卒業8178 終始紅葉の秋 壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業8178京都船旅7078
古譜6078大原練習5978天の下6378  終始紅葉の秋(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/07
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/07
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/07
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
あき子さん 白鯨 潮上げたよね海
あき子さん 白鯨 孔子のひげの顔
車は走る 終始紅葉 白鯨の書を
小脇 宮津白き宮 鯨の立ち泳ぐ
青い海 手を振れば 秋鯨 柏手を
あてて 目をあれと 文に記す
孔子廟


 狐の天気予報。〇r1999/09/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】
【鯨】
 目をあれという、終始紅葉という。秋の景色。
孔子廟のさんすき、という。孔子をしろ鯨という。
白い鯨を見る目の保養という。孔子のひげの
ことという。鯨ひげの孔子という。孔子廟へ参る
効用という、目によいことという。
 あきという。目を、あきさき、という。孔子廟の
言葉とぞそ。目を、うれるき、という。うれる玉と
いう。うれしゆのこうしき、という。後、数学の
数式とぞ。

 孔子廟の数学という。まるまるの目玉という。
孔子をよる、ふきゆりのおちたち、という。この
『ち』を、ちよという。ちよのいきしびという。

 また行く鳥取の場のより、という、るりよる高速
という。時速七百キロである。古い日野自動車
旅行である。目を立てる鯨という。鯨のせめるり、
という。鯨を飼う人という。若い人という。

 若い人の家の西にある鯨の池という。京都にある
大きな池である。この京都を鯨京という。鯨の親
が子供を見に来た壮芸という。鯨の仕種を芸という。

 えのら芸という、クジラの挨拶という。人に
なつく鯨である。鯨屋という自分の家をいう人と
いう。五条の海、渡り来る大きな鯨である。

 赤飯をふるまう若い人という。孔子を見に来る
鯨である。こうこの砂闇という。鯨の模様を闇と
いう。孔子という、若い人とぞ。目が開く話という。

 自分を鯨っ子という若い人である。鯨の尾を、
くじゆき、という。旅行へ行く人と戸いう、鯨を
尊ぶことという、旅行のことである。孔子をいう
山の絵という。山を尊ぶ人である。

 山高くして尊し、という。やます言いという。
 
 長尾鯨という、長芸の尊びという、長尾先生と
いう若い人という、孔子のことを長尾という、古い
日本の言いである。永尾ともいう。孔子のことである。
 
 桜肉という、クジラの肉のことでもある。
 
 あき子という名の鯨という、若い人と一緒にいる
鯨である。あき子正という鯨である。毎日赤飯を
ふるまう若い人である。大きな機械の鯨もある人で
ある。潜水鯨という。鯨の系統という、けいとうの
くじふり、という。系統の考えの脳とぞ。鯨の脳
である。おぼろ脳という。あき子闇の言いという。


 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D07. 
 ***
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
腹を横に書く。
**************
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188198006

この記事へのトラックバック