2020年11月29日

卒業9200-2-2 俺200 福島 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽


【曲名】 卒業9200京都船旅8100
古譜7100大原練習7000天の下7400  俺200 福島 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/11/28
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/11/28
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/11/28
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 


【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。

20201128
【すおん】
 てっくすらあくうの夢という、さおれるすおん、とぞず。
この『すおん』が、和国の時の『イオン』である。英様
冠話ですおんという。すっぱらの言い井という、
田中の里の巣原の言いとぞず。

 長い使いである。このサーベルの鞘という、鞘
の使いという、さてより、という。ペンラックという、
サーベルのつり、という。レオンテスのサーベル
である。
【田中里の幌】
 田中里の幌、帆船に使う帆とも。帆帆船(ほはんせん)
の帆である、古い日だ高山の桃の旗という、城の門の
旗である。飛騨の五足という、五拍子の歌とぞそ。
【アフリカ喜望峰】
 古い喜望峰の黄色い旗という、小さな家に旗を立て
た黄色い日の丸という。喜望峰の岬である。和国の
後という。後の、イオントーブの頃とぞず。古い御代の
お絵という、ここの御代のゆりという、大きなゆりの花
いう、これが手を振る花という。後、地が揺れるゆりで
ある。地が波打った揺れという、大きな波である。
キーボードの模様である。世界、波の世という頃
である。

 世界波というキーボード発信である。ワールド・
ウェーブ・ソックスという、後、電波という、ワールド
・ウェーブという、美紋という、波の広がりとぞそ。
電波のことという。電波を美紋という、ピーレル・
ロンワーというアフリカの古い言葉である。
喜望峰の冠話である。このままの残しという、
黄色い旗の家という、家の中の旗という、家中
に旗を飾る、美紋飾りという、古くの、アフリカの
家の風習である。コンゴ・ブラザビルとも。
キリマンジャロのこととも、アフリカ各地の飾り
という、アフリカの古い風習である。モロッコの
カサという町もそうである、家中の旗という。

 キーボードの墓、我が家にある日という、
キーボードのような墓石の上である。波指
板墓という、機械の墓ともいう。後、供養と
いう、筆供養の中の入れという。筆塚ともいう。
塚墓のお書きという。我が家の家の一角で
ある。波舞いのお墓という、筆というキーボ
ートという、また見る墓である、サンノゼにも
ある、キーボード・ツームという、若い人の
住まう頃の墓である。

 『サンノゼよい町』という、ラオンコンテスの
コンテキストという、コングラックのお書きという。
ハーシェルパックという、兵園のや、という。
ソルジャー・ブックという、家をブックという、
古いサンノゼの言葉とぞそ。希望の本という、
この本を、元という、オリジナルという、希望の
元の町という、サンノゼのことという。オリジナル
・ホープという通常の言葉である言いとぞ。
ハッソンという、ハーソンというサンノゼ冠話である。
はっしょいの掛け声という、サンノゼの初めの
合図である。発のお書きという。
【サンノゼの数学】
 サンノゼが希望をいう、マイクロ・ウェーブという、
マイクロの微という。微分の数学の町でもある。
フォーミュワ・ビューティーという。サンノゼの数学を
いう、技術の掛かりの山徳という。山の微分という。
山の線を微分で説くサンの山という、三つ山囲われ
の地という。サントクという。山を三という、日のサンが
四である。太陽の住まいという、サン・スメルの町という、
ドゥウェルともいう、英語である。ドゥウェリング・
サントックという、サントクの町とぞそ、サンノセという、
三の背という。スリーサックの町という、サンノゼである。
スリー・サック・タウンという、サンノゼの古い呼びである。
ニューヨークをいう、サンノゼがいう、フューチュア・
フォーという、フォー・シティーという。サンノゼのニュ
ーヨークを呼ぶ言葉である。
【回波地帯】
 後、ゲチスバーグ行である。モルトックという自動車
である。サンノゼから空由、ビッツバーグ、ソロン、テス、
ダラレル、アカル、ミヨラク、レモス、レンダル、ケネ
ディーという、ケネディーより北上する、モイタワという、
アカネラック、スコラク、スイス、ツモッスモー、アフリ
ス・ミッカム、ここから、ダブリン、クリーブロット、
パリ・シャイヨー、グリーン・ピックスほくたつ(後の、
アイスロック闇)から、ロイドル、ミヨホック、喜望峰
周り南ア、ブラッシミより、リオ、メノト、ルックル、
レオントック、今の、とうけい航路という、西経の航路で
ある、これを、みのやりふりゆり、という。この地帯とぞず、
ロール波という、波が回るという、回波地帯という。山並み
の地揺れがあった話という、後、原子爆弾を落とす話と
いう、雲落としという、アフリカ喜望峰から、北上して
落としていく、げんたく、という。玄沢落としという。
茶話の波ゆるはお、という、回波地帯の爆撃とぞず。
中庸のお書きという。
【武官城曳き】
 この玄沢が、玄宗皇帝である。玄の元のすめら地という、
行程お書きという、中国武漢の皇帝という、これの古い言
いという行程である。武漢の復活という、今の言葉の行程
という。中庸の説きである。後、漢の頃の復活という、行程
のことという。武漢の城曳きとぞそ。黄色いパンダがいた、
パンダが手を合わせて城を拝んでいたことという。
【パンダ】
 このパンダを、黄獣という、後、西戎という、パンダ
の意とも。東夷西戎北狄という、東西北が囲われたサン
ノゼという、そこの中庸という、サンノゼの中乱という、
中乱の園という、サンノゼである。ぐめそむのウォック
スという、パンダのいる所という、そのパンダ、白縞の
黒尾という。今のパンダである。サンノゼ獣ともいう。
アメリカのパックス楼という、ワンダサンという、パン
ダのことである。ワンデル・ベーレーという、サンのお
書きという。回波地帯にパンダがいることとも。イラン
回のお書きという。回革という、イランの回革獣である。
【パンダの脳】
 笹好みの食べという、鮭をいう、鮭を好む波巻き顔という。
パンダの今のパンダの顔とぞ。古い世のウェーブ論という。
地波を見るパンダである。地震をいう脳である。パンダの
脳という、この脳の働きという、地震を、ゆふ、という。
【九州由布院】
 九州の由布院の由布の意味である。地震の意味という。
由布という、由の床という、由床院という、湯布院のことで
ある。笹見槍という、九州の阿蘇山のことという。由布山
(ゆぶやま)お書きという、ゆうぶういんという延ばしを入れる
言葉の使いという、古い笹見の言葉という、『商売繁盛で
笹もって』という、もってさつ、という。パンダの模様の札と
いう、九州のお金である、湯布院発行という和国世の
ユーブーマネーである。五千円札の和国札である。

 湯布院という夕風の札である。せきふうという。この頃の
湯布院の住まいである、若い人がいう、ゆうふうである。
裕風という風という、これの型を意味するお金である。
和国通貨である。

 後、沖祖由良という、お金を由良という、和国語とぞず。
山をそっくという、川を三代(みよ)という、家をすりという、
日をとうという。月をろめという、地球をそりという、橇と
書く。煙草(えんそう)の国という。山を尊ぶタバコという。
葉巻はえそく、という、タバコの和国語である。
葉巻ゆりという草が生えている由布院という、ゆうぶう論
という。

 ここの議会という、由布院国閣という、和国世の国みく、
という、みくあげという、意味ともぞ。のち 、みくみく
という八坂語の今脇という、わきせらのお言いという。

 北海道という、由布院からの海路である。福井小浜経由
、富山港、大町ふなれき、という、降る暦の使いという、
由布院暦である。今日の日という、これわ、ゆふめき、と
いう。今日を、ゆふ、という、和国語である。由布院と
いう和名である。名をむれふくという、むれの言いとい
う。和国の北海道という、瀬戸内海をうろうみという、
うつるよという、うつみつの言いとぞそ。古い京の寺の
言いともいう。この『京』をなかそ、という。なかそ宮
という、京都の古い言いである。なかそね語の言いである。

 音山お書きという、五千円の意味という、これという。
昔の古い卑弥呼の頃の由布院という、なかその雅という、
パンダ京(パンダみやこ)という、パンダ札という、お金
の流通という。善人の持ち物という、お金のことである。

 二千円札という、パンダ札の頃に見た人という。アメ
リカダラスという、ここのマッハである、マネーという。
古いダラスの通貨である。子供のおもちゃにある話という。

 古い喜望峰の通貨ともいう。゛ダラレル数用という、
マクシマスという、マクシマの言いとぞず。薩摩桜島の
通貨でもある。ダラス通貨が通用する桜貝という。桜貝
の模様という。
【木の通貨】
 木の通貨という、桜の模様の木であるお金とぞそ、穂
浦のお金という。西居槍製である。さいこうの通貨という、
木槍という。木槍通貨という。後、壬生皿槍通具という、
後、通行手形という、これを、鬼の通貨という。鬼の世
という、しゃこの歌という、しゃらせるお書きとぞそ。
しゃこのエビという。たくさんいることという。内陸の
住まう生き物である。しゃこを象った木の通貨という、
きはかみゆり、という。和国世の言いである。
【ウオックス】
 ウオックスの持ち物である、パンダの持ち物である。
しゃこの金属製のお金もある。流通の脳という、パンダ
の脳の働きという、流通をバンゼラという、和国経済用
語である。バンゼラという銀行である。後、和国銀行と
いう、後、ユットという、バンセムムレックのお言いと
いう。
【高槻幽霊城】
 後、日本という、和国の後という、これから未来であ
る。いつの御代のことか、歌山のお書きという。和国の
世という、幽霊の城という、高槻山のおとよそよ、と
いう。おとよそよ、黒岩山おたき、という。秋篠の宮
という、そこの描きという。日本の幽霊という、国見の
語源である。和国の話である。

 どっぱり山という、日本の古い名という、和国のこと
かという、うらめしやの国、日本のことである。おも
ては、こくな話という。幽霊の復活という。大阪高槻と
いう、和国良という、和国を国良という、幽霊の城と
いう、ドラキュラという、ドラロの物語である。ワル
キューレーという。ドラキュラは洋霊という。
ワルキューレーという。かべせるやのお書きという。
【福島市】
 幽霊の鐘の鳴る岡という、ここを、たんそめ、とぞずり。
この『とぞずり』が幽霊城の言葉である。古く秋篠語と
いう、古い日本の言葉を秋篠という、言葉のことである。
福島県の古い言葉でもある、秋篠という言葉である、お
金を意味ことともいう。福島札という、札間(さつま)の
国という、福島のごとゆとという。福島の市内である。
ここの言いという。秋篠という、お金のことという。
粟を栗という、福島の粟の国という。国を栗という、
栗宮のお言葉という。古く栗篠という、栗の成る木国と
いう。栗のお書きという。栗村の宮という、福島の宮で
ある。私の好きな栗村の国、福島という。
そこのみやである。底のみや、という。

 古く穂浦のハワイという。ハワイの太郎芋という、
福島芋という。ハワイの郷土料理である。また行く福島、
玄度の旅という、げんだみという、栗膝という。
パンダのうんこの栗という、パンダの黒パンダである。
栗パンという、栗の皮の細工という、ゆうぐりという
繰り方である。
 そうきょうよい時です。正(やなぎ)N28.
腹を横に書く。
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188168161

この記事へのトラックバック