2020年11月29日

卒業9200-1-2 俺200 福島 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽


【曲名】 卒業9200京都船旅8100
古譜7100大原練習7000天の下7400  俺200 福島 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/11/28
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/11/28
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/11/28
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 


【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【ワニ料理】
17:19 2020/11/28
 『みせらていく、押さされていく、はんこの涙』
、みたいきるりという、遠くブラジルという国の
ワニ料理である。
【ワニ冠】
 はるなばる、ゆきなきがり、という。一水の
衣冠の水筒という。異国の山という。ここの
ゆきやりという、なきふりという、これの言い
の、みたやりやりという、みたやりのお料と
いう。大山山の、山け槍という。山すよの
けっぱく、という。ブラジルのゆい針という。
ワニを、はりやら、という。日本のワニの
衣冠という、ワニ冠のときゆき、という。後、
わがせる、という。わがほのかんたき、と
いう。かんめせの衣冠という。この冠を
水冠という、すいほう、ずいかわの言いと
いう。これを、よっそめ、という、言いとぞ。
【北条】
 北条を、たけより、という、たけひがし、と
いう。たけ山のお花きという。北条政子とい
うひの、日野山という、日野こうめく、という、
言いという。これが、後、日野という地の名の
うかれ、という、生まれという、地名の誕生で
ある。ゆきながり山のお書きという。

 これが後を、北条煮という、北条煮竹東という。
栢山(かややま)煮という。長いうどんのこととで
ある。くにおとぎ、という、うどんのことである。
【国土のことを国皿という】
 これが、『国を研ぐ』という国研ぎという、国皿
の言いという、国のことを、こわれる、という。
古い、ごくいそ、という、そこの言葉であり、
とんばの言葉という。国を、ごわせる、という、
とんばせえる、という。とっくの山のお書きという。
とくせらるう、という、てみそわ、という、てそ、
という。てみそわのおいらく、という。おいせる山の
お書きという。
【国見】
 『はるばなる、ゆきながり』という、ここを、丹六
という。後、丹東という、後、国岬という。全国の
津々浦々の崎を、国見という、後、固有名詞という、
国見峠という。全国の国見の遠山という。遠山金時
という、われせるの言葉のことという。人名のような
言葉の種類という。わっための言葉という、遠山金
時である意とぞ。
【連濁】
 人名が、言葉の種類をとる時の言葉である。
これを、とみ弓という。とみせらの言いという。
とっくすれえれえ、という。ときせらの言いである。
いい富山お書きという。キーボーという、希望の
言いとぞそ。キーボーという『キホ』を伸ばした
言いという。キーボー峰のお書きという、この峰が
崎である、岬ともいう。アフリカの喜望峰であるこ
とという。後、きれすり、という、喜望峰のことである。
今山のおい書きという。追われる、きそゆそ、という。
木曽の言いの、かゆせる、という。かゆての言いと
いう。この書きのことの縁という、ふちやち、という。
縁通り、えんどおり、という。連すりのにご山という、
後、連濁という。古い、ごっぺこっぺの言いである。

 連濁音の説きという、上の文とぞそ。この、ごっぺ
こっぺの説きを時という。これが、時節、ときよままよ
、という。ときままのことという。ご飯を食べる時の
お教えという。ご飯を食べる時のやき、という。
やき時という、ご飯を食べる時を、ごぶさらよき、
という。後、ご飯を食べることを、ごぶさく、という。
ごべ、という。ごっぺの言いの説きという。ごせくせ、
という。ごぶだき遣の言葉という。ごぶだきの山と
いう。ててせるいわお、という。巌山のすめすよ、
という。これを、あきれく、という。天村のお書きと
いう。

 古い穂浦の山の世、これなるとるせき、とりしかの
いおる、という。穂浦織りの言葉の織りである。織り
よる山という。ごぶという言葉の意味という。夜と
いう意味がある、ごぶの言いという。ごぶだという、
ごぶったの言いという。これを、ぶっだ、という。
古い仏教に連濁がある、ぜんごく(全国)のことと
いう。きみゆりゆき、という、ゆった言いとぞそ。
としくしのお言いという。ぜんごく山のお書きという。
【音楽五拍子】
 『そうだ、ずうだ』という、ずべの語源という。
『そうだ、ずった』話という。はなはないの、はな遣と
いう。はなせることゆと、という、これが、御所の言い
という。ごっぱくの言いとぞそ。音楽による、五拍と
いう、五拍のいそるき、という、五拍を説く話という。
ごっぱくるっき、という。御所ゆそのるりすり、という。
るり山の言いという。るりせる山のお書きという。
るりるりのや、という。この『や』を、『うお』という。
言葉を添えて、うお屋敷という、うおや式という。
五拍の音楽の指揮という。イチ、ニイ、ニイ、サン、
シという。これで、ニで切る五拍という。

 この『ニイニイ』を伸ばす音にする、論足という、
論だつ言いという。音楽による、るきふり、という。
『イチ、ニイ、ニイ、サン、シイ、ろく浜』という。これ
が、六浜をいう。『ロク、ナナ』という七拍子という。
【マイクロソフト、コンピューター・キーホード】
 浜和ナナにとる、音楽の古い率という、るきせる
お律という。音楽鎖っ国、という、音楽鎖国の繋がり
という。よう使うたキーボードという、マイクロソフトの
波形キーボートという、フルに使ったキーボードである。
何万字打ったことやら、キーボードの墓、ゆなくに、
という。キーボードのお書き。この墓のある、我が家
という、若い人の住む家という、

 穂浦の家には皆、ある、キーボードという、日本語の
冠語で、英浜の言葉である、キーボードという言葉とぞ。
日本冠語で、きこやま、という、波をきこという、きこ山はこく
、という。はこくの山という、アフリカの喜望峰のキーボー
峰という、希望のキーという、マイクロソフトがいう、キー
である。喜びという、キーボードの『喜』の字である。
喜押という、キーのことである。マイクロソフトという
会社のいこれみ、という、マイクロソフトの日本冠語で
ある。古いキーボードという、いこれみという会社である。
【京都田中の里】
 田山槍の言いである。古い、京の田中里という今の
京都の東大路田中である。そこの言いである。古い
穂浦のほろ地という、幌を作る田中の里という、そこの
里のキーボードである。田中ゆりうち、という、三本の
指の打ちである。

 設計図の作りという、百せることめ、という。ことめの
設計という、田中世の歌という。マイクロソフトという、
れっけすのお言いという。アメリカの本社のマイトクと
いう、日本冠語のういはか、という。マイクロソフトの
めでという。ようろうのお書きという。ウィンドウズ7
からの使いである。我が世のマイという、私のマイ
という、キーボードの舞手である。三本指でいっぺんに
押す、おしやり打ちという、昔の私のうちである。

 昔、これと同じ形のキーボードがあった、穂浦の
我が家という、穂浦崎という、穂浦峰の崎という、岬の歌
という。五拍子の歌をキーボーという、これが、ゆまぞ
の言いである。ドンキーボークという。

 ぼうさんという、棒のような打ちという。三キーという。
三ついっぺんに打つ打ちという。モトローラという名前の
ワープロという、アメリカの機械という。
【ワニ皮のキーボード】
 ワニ皮で造られたキーボードという、ワニの皮の目と
いう。皮の細工という、田中の里のことという。この里を
わにやり、という。倭国のすこく、という、倭国雛鳳という。
ワニを雛という、田中里の言いという。ひな祭りのワニ
の皮、祭る里の祭りという、田中ゆんはる、という。
今の大原のそるり、という。大原添いの大原記念の場
という、京大のある大原という、大原記念の地という。
大原記念の古い世の祭りである。この地を大原という時の
祭りという。ワニがいる鴨背波川という、並河とも書く、
場所の祭りである。頭にワニの作物をつける、ワニよらく、
という。五拍子の曲の律を奏でる祭りの音頭という。
【アメリカ・サンノゼ】
 古いアメリカのサンノゼの律という、日暮しひぐる山
のかこわれの所という、四つ角になっている所がある、
そこに住んだ人というサンノゼの囲われの地という、
綺麗な町である。飛行機様の車である。時速四千キロ
である。名をレッテムという自動車とぞす。

 また行くアメリカ、歌の五拍子の町、サンノゼの
律という。キリックという律とぞそ。御叔母おいらる
遠いニューヨーク、ここへ住んだ人でもある。五番
町夕浜町という、どちらも五でかかるサンノゼの五
という、サザンパックという、古い英語のサザンと
いう、巣なの葵砂の落ちという、青い浜の砂と
いう、五が青を意味する、サザンという、ブルー・
サンド・ハールクという、はっしょいというサンノゼの
古い剣道という、日本式の構えのサーベルという、
サンノゼ・サーベル術である。長方形のサーベル
ともいう、先と上下が歯である。レオンテスという、
古い軍宅の使いという、サンノゼのレックスという、
レックス・サーベルという、日本のさおれる、という
冠語の、さお、という。一茶の行きという。やおてす
のお行きという。サーレル・ベンズラーという日本の
英様冠話である。サーラーという、サーベルをいう、
サンノゼの冠話である。

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)N28.
腹を横に書く。
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188168160

この記事へのトラックバック