2020年11月28日

卒業8170 大山 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】卒業8170京都船旅7070古譜6070大原練習5970天の下6370  大山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/28
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/28
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/28
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
私が住み 過ごした日 たたらの山麓
隼の行き来する濃い緑の谷間 川に
タニシがいる あおかいの山
御御地がいます 御御場います
大仙の鳥取宮 緑影のあきこぜる
すこにさわと

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】
【デジタル】
 デジタルの山の家という。みっせなの弓春と
いう。若い人のお行きという。家という、忍得と
いう、しのび保つ人である。京の忍得屋の言いと
いう。でじそみ、という、デジタルの古い言葉と
いう。
【さわと】
 さわとというカニがいる、その山のことともぞ。
沢蟹の山という、だいせんみっくり、という。
『くり』のことを、蟹という、みくり蟹という。
死して皮を残すという、隼の鳥という、これを、
残名池という。大きな池のある畔という。
【『そうしときんか』】
 『そうしときんか』という、私の好きな鳥取の
言葉という。歌山のおいそい、という。私のおんば
はっくせ、という。うたうたのやそゆそ、という。
私のやすとという名前の意味とぞそ。

 この池を、いかこみ、という。中に島がある。
小島という、小嶋とも書く、この名の、やすと、
という、若い人の若い時の名という。やすとの
お行きという。

 大仙越えて行くという。若い時の行きという。
タニシを手に握る越えという。タニシを持つ旅
という、タオの風習という。古い鳥取の風習で
ある。タオという、たゆ山のたたら山という。
たっするれ、という。『そうしときんか』の
お言いという。『いくと』というゆいである。

 御所の『ものせら』という、『もっせ』の屋の
言いとぞそ。『そうしときんか』という、御所の
中の鳥取という場所の言いである。

 『せみっとす』という言いとも。『わたしゆま』
という言い方をする、『わたしゆま、せみっとす』
という、これを、官職という、官所の言いという。
官職官の言いである。古い日のこという。そこの
おちよち、という、おいせらのおいそい、という。
そこの言いである。

 冠語は、御所が出し、御所が説明する。この
ブログがそうである。御所の人の使いである。
やわてのおいそのみよる、みよすて、とぞそ。
言葉を貴ぶ御所という。きっすゆっすという。
めんつれのゆいそ、という。これが、御所の
言葉である。

 大御爺さん御家さるらる、せよるる、おりそり、
めてんくっさく、それす_れ。めれるやれ、
そみそりの山という。大仙のことである。
御所内の大仙とも。
【潜水艦GTO】
 若い血潮のよかせく、という。予科練の古い
言いという。海軍兵学校のよかせく、である。
若い人が乗る、潜水艦という、ジーシーオー
という、ベル・ジティオーという。潜水艦の
GTO である。後、自動車のよものことばである。

『ベル』が『よい』の意である。これが、英語の
ベルである、後、フランスのことばという。
この頃の、コックスという、英語コックスの使い
とぞそ。

 『アイ・ゲッタ・ハー』という、はっぷせの
御所のコクセルという。こもっくす、という。
これが、英語のコックスである、初期のコックス
である。後、アメリカのリンカーンの第二言語に
なる、リンカーンにコックスがあることという。
リンカーン全部にコックスがある。『アイ・
ゲラ』という、少し南部訛りのコックスである。
【げたよんの町】
 ゲチスバーグという、げたよんのことという。
日本語で、『げたよん』という町である。この日の
日本、今の日本のまとという、まとの日本という。
日本を、あきしまの国という言いの頃のことという。
この日本を、だいこく、という、だいこくさんの
島という。『さん』が『司』である。台国司と
いう、日本の古い名前のようなものである。台
国ともいう。台国司という、御所のもよはる、と
いう、御所の言いである。

 『げちすげた』という、下知の場の具である。
げちよっち、という、げちすのや、という。
ゲチスバーグの家という、若い人のいる家である。
名を、りもそめ、という。独立記念の祭りに参加
する人というを若い人である。

 この『げちす』が、やなぎおり、という。
ゲチス・ウィローという、アメリカのリンカーンの
やのお家という。ウィロー・ハッツ、という、
ウィロー・ハットンという。これが、アメリカの
記念日の若い人の家である。ウィロー・ロットン
という、全部、柳がつけてある、若い人のお粋と
いう。島原の遊郭の太夫の太鼓という、太鼓持ちの
若い人という。
【島原遊郭】
 太鼓を、ぼみ山という頃の、島豊(しまとよ)の
や、という。そこの言いである、げちす楼という。
この『げちす』である。島原の島豊という遊郭の
住まいの言葉の延伸という、今のゲチスバークの
言葉である。リンカーンがそうである。林間と
いうことという。まんせる山のおえ、という。
べっつくという、べろんせの山のおいせ、という。
おいせ山の言いという。 

 これが大仙の大遊楼という、もとゆとのしまん、
という。ここを、島富(しまとみ)という。この、
しまとみのといかのゆいふれ、という。これが、
げちすの太夫の言いである。『しまんとかんれ』
という、しまんの言葉という。これが、コックス
のことばの元のことばである。英語のコックスで
ある。

 これが、ホワットルローという、ローらるの
言葉という、コックスのことである。
『メイ・ワットン・セッカ』という、そんすれの
ことの言いという。せべん、という太夫の言葉
という。ここから大名に渡す言葉とぞそ。
コックスがけの言葉である。
【鳥取島津】
 『ヤッホー、ルッホー』の鳥取始末の歌である。
この『始末』が、山の埼である、鳥取冠花という
言葉である、鳥取の冠語である。始末を島津という、
島であり津である、これを埼という。後、島津埼
という、今の島津である。九州の埼花という、
せんらくの山という。ゆいゆいのおいそい、と
いう。
 
 そうきょうよい時です。正(やなぎ)O21. 
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
腹を横に書く。
**************
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188164959

この記事へのトラックバック