2020年11月12日

卒業8136 戸井岬2 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece
音楽
【曲名】 卒業8136京都船旅7036
古譜6036大原練習5936天の下6336  俺136 戸井岬2(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/11/11
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/11/11
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/11/11
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
海から波寄せ 下覗けば崖っぷち
双頬に風受け 我が世の春歌えば
花草の添いくる 戸井岬 大楡
栄えに栄え 戻り道 草はふくき
(深い)上下 歩めば土の屋根
桃色の雪の跡

 狐の天気予報。〇r1999/08/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【デジタル】
【京都市探訪】
 ここは、京都市である。記者が訪ねた所で、
昔、秋残り市といわれた所である。いまは、古都
京都と言われている。世界の観光都市である。
 
 記者は、『どの辺が海だったのですか』と、尋
ねて歩いてみたが、知る人とてなく、『ここには、
長いこと、住んでますけどなぁ、聞いたことも
ないなあ』と。
 『昔、秋残り市といっていたと、ネットで調べ
たら、そう書いてありましたが・・・・』
 『*****』と、そんな答
えである。民家が立ち並ぶ所を、あちこち、歩い
てみたが、海らしき跡もなく、川らしき跡もなく、
、ロボットがたくさん暮らしていた、そんな気配
もない。
 
 『京に田舎あり』と、江戸時代には、そういわ
れていた町である、江戸時代には、海があったと
いうのか、それも全く聞いたことがない。なかっ
たというのが、町の人である。
 『五条川?、昔からありまっかいな、鴨川なら、
この東のほうにありまっけどな』 
こんな具合である。

 また、尋ねてみた。『五条条川という海のよう
な、大きな川が流れていたと、ネットに書いてあ
りますが、どの辺りでしょうか。』
 『そんなもん、なにがありまっかいな、どこに
ありまんねや、五条通りなら、ここですけどな』と、
まったく話にならないのである。

 向うから老人がやってくる、記者は勇気を出して
尋ねてみたが、同じような返事である。

 京都に原子爆弾が落ちたというと、そんなこと
言えば、頭を疑われるような町である、何も京都
に限ったことではない。

 すると、あの記事は駄作家という人の捏造か、秋
残り市という大きな都市も、根も葉もない、全くの
嘘かもしれない、作り話であるかもしれない。

 深く考えずに、記者は歩いてみた。秋残り市の面
影、どこにあるんだと、町の人にきいても知らない、
誰一人とて知らないという。

 ひょっとしたら、『よそ者にはいうな』という、
戦時中のようなスパイに対する、暗黙の申し合わせ
か、それも考えられない。『鴨川がなかった頃』
という、それも捏造だろうか、誰に聞いても、知ら
ないという、わからない、京都の町の今日である。

 『鴨川がなかった頃』、そんなこと言えば、笑わ
れるのである。すると、インターネットの記事は、
駄作家と称する者の書いたことか、嘘か、本当か、
色んな疑問がわいてくる。絵に書いてある穂浦は
どこだ?と、絵には簡単な説明がついている、
ネットより取り寄せた手元のコピーである。
考えながら美術館へ足を向けた。

 まぎれもなく、玄関に、秋残り市美術館と書い
てある。中へ入れば、あの四曲屏風である、陳列
されていて、でんと座っている。ネットで読者もよ
く知っておられるであろう、なんだか狐に包まれた
ような感じがした。

 今日は京都探訪という、不思議な町であると感じ
たのも、記者が、ネットの記事をうのみにしていた
のかもしれない。秋残り美術館と書いてあったのが、
せめてもの救いである。
岡崎林道記す。 
 そうきょうよい時です。正(やなぎ)O21. 

秋残り市立美術館秋期展示
『古譜6036大原練習5936天の下6336  俺136 戸井岬2(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou78868
     画商『常端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@497上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine


//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
  
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。
**************
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, JAPAN report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188115655

この記事へのトラックバック