2020年11月09日

卒業8130 柳正木(やなぎしょうぼく)(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業8130京都船旅7030
古譜6030大原練習5930天の下6330  俺130 柳正木(やなぎしょうぼく)(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/11/09
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/11/09
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/11/09
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
柳の木 正気の木 家にいつも置く
若柳花柳 いろいろと多くある
柳に雪折れなし 強い木 青柳
芸には柳がついてる 柳を尊ぶ
日本の国です。


 狐の天気予報。〇r1999/08/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【デジタル】
【正木】
 まさき、しょうぼく(正木)という。日本の木で
ある。これをめでる日本人の正民という。これが、
席をいう。正席という。この正席を、しっとん、
という。

 しっとん・ぱれむり、という。しっとん・ぱーず
という。しっせらのおすめる、という。柳の席を
尊ぶ、柳の椅子という。天皇の椅子を、しっと、
しっとん、という。これが、柳の言いである。

 しっせらるう、という。めとめとという。かむ
れる山という。山々の言いという。はなみ山の
おすえ、という。

 『やなぎ』という言葉の大切をいう。過去の悪い
ことが消えるという、一言の柳という言葉である。
どんどんどんどん、悪が消えていく、柳という言葉
である。

20201109下
 悪が消えた結果、悪が遠ざかった結果、
脳の働きが変わり、良くなり、病気も、
快方に進む。今まで、病気だらけの私の体が、
よくなる。体が軽く感じられ、ありがたい
ことです。もちろん、病院の御蔭です。
 鬼が手にする、柳の木。鬼が正義をいう。
悪に向かうのに、柳を持つ。見せられた悪人も
よくなる。悪い考えが消えて行く。
 健康な人は、健康を保持することができる、
やなぎという、言葉です。
正と書く、やなぎと読む。古い京都の言いです。

人名に、正とつける、敬語です。
市長正、知事正、首相正…、秋残り正・・・
マイクロソフト正、にっぽん・やなぎ、・・・
小林日雄正(やなぎ)・・・・・。
正しいことです。昔の新聞にも使われていたことです。
 
ウィロー・メッチェンという、英独語のような
言い方です。ライト・りんたん、という、
りんたるお言いという。りんの、かう落とも。
れんべるおいっそす、という。らいせる山の
お書きという。これを、レブレクという、れぶっせんの
すっ発という、れんての言いという。ごめそめという、
ことの葉の、ことの世という。『こと』が、言葉の
ことです。正しい言葉をいう。

 『言葉が力であり、正義である』、これが、
正(やなぎ)の意です。一般に『よい』という
言葉になります。

 ライト・フームーという、栄世のめすてす、という。
えいびんの山の言いという。めゆるく・やっぱむ、と
いう。かんそめの言いという。めゆらすけえるり、と
いう。穂浦連の頃の言葉という。『るり』という言葉を
表す、くざめらの場の言いという。後、くぜくり、という。
『くぜ』が、いとそむのよい、とそ、意。後、
お金を表す『くぜ』という。お金に正義が
ある話という。経済の枢要です。正経済という。
しょうけいせいの、まっぱく、という。

『はく』という、正しいがあることを、れもんせろ、
という。はくれる、という。はっくせのよい芝という。
『しば』が、言葉である。芝っそむ・れえくせ、という。
『れえくせ』の『くせ』が、『くぜ』である、単に
『くぜ』という。

 地名にこのくぜがある、『れいくせ』という。
れみそめのかゆめ、という。めるん落という。
くぜの地という、れいくぜの地という。
めゆってすという言葉の意とぞ。

くぜの宮という、これを、『くぜの身や』という、
自分をくぜという、『くぜは、よっけけ』という。
くぜの宮の言いという、『くぜゆめ』という、
『ゆめ』が言葉の意である。再び、『くぜゆめ』を
自分に返して、自分はするという、これを、
『くぜふ』という、『くぜゆめ』という、
この『くぜゆめ』を、単に、『ゆめ』という。

 『くぜ夢は、ろってそ』という、『夢は枯れ野を
駆け巡る』という、自分が枯れ野へいったことという、
この解釈をする、『くもん』という。『くもん』の
言いという、自分を夢という言いが、『くもん』で
ある。山すれのくれすみ、という、言葉の使いである。
後、

 れれたる言いともぞ。『れれは、いきそめ』という、
『私はします、いきます』という意、くぜゆめの連と
いう。ゆめの連続という、夜見る夢が連続する、まよ落
という。れみてむ、ともいう。それんのやのふいるり、
という。めめてのおんするぺよ、という。こむての言い
という。言葉を大切にすることという。かんせるかって、
という。冠語の話という。

 御所から出す冠語です、英語で、オン・パレスと
いう。パレルモのおいっぽす、という。かいそる
山の・おいきゆきの言い、とぞゆ。める。
せんてるやっけ、という。冠語の言葉の解説です。『
さみっそめ』という、解説を『さみっそめ』という。
るい山の家、という。
絵に描かれた家という。らっぺそんろる、という。
『ろる』という筆である意、ろる筆と
いう。絵描きさんの持たれる筆をいう。

 絵のことを、ぱっする、という。単に
『ぱ』という、後、ぱすて、という。
ぱすの手のことという。パステルという
言葉である。ぱもんのいいぞく、という。
この『ぞく』が、連続の続である。

 筆の続きという、綴りの筆ともいう。
パステルろん続という。ぱっすめの言いと
いう。

 絵の連続という、襖の絵、屏風の絵という、
この絵を、ええ、という、単に、え、とも。
まるてすの言いという、えという言葉とぞ。
えむせらのやむせ、という、絵のことである。
やむせらるう、という、連続絵のこととも。
やむ作という、やますめの絵の言いという、
絵を『やむ』という。これが、あしかし、という、
足腰のことという。筆の腰という、筆の穂の
ことをいう。足腰の立った筆という、書家が使う、
ろっこん、という、筆の根という。ろっこんの
魂という。てむせむの、やんるり、という。

 これが『やん』という言葉の、尻につける言葉と
いう。姓名に『さん』と付ける、『やん』という。
六根の言いという。これが、さめのやばれく、と
いう。れくくっそん、という。くっそん・さあるる、
という。くめそめ、という、『くめ』の語源である。
『そめ』を語源にとる『くめみむ』という、くめと
いう先達という、久米の仙人のことという。古く、
『くぜ』を『くめ』という。

 お金を『くめ』という、『くめるめ』という。
『くめるめらって、さみそめ』という、『お金を
正しく持つ』意という。正しい使いである。
これを、やなれく、という。やな銭という、
さみさまのお言いという、やなぎぜにの歌と
いう。しょうきん、正金という。賞金の言い
しなもと、という、しなせらの弓浜という。
弓せに、弓銭、という。

『よっせ、ととせら、くいするめのそゆ』という、
れぶせまのお言いという。めゆめゆのお書きと
いう。そうきょう・れってすの言い遣りという。
やなぎという言葉です。

 後、天照の御代という、あまれ浜の弓玉と
いう、魂を玉という、弓という、弓玉という、
よい・よきるりの、めのす、てるてる、という。
弓浜の言葉です。弓浜が、後、二見浦という、
二見の言いという。絵に描かれた岩とぞそ。
二見岩という、穂浦連の岩波という、岩並とも。
二見山のいよ、という、天照のごゆはり、という。
くめそるの言いという。

 くめを天照という、くぜ山の言いという。
くぜくめ、という。全国の地名にある、くぜの
地、くめの地という。天照連という。
やなぎっそすのお言いという、これを、柳芝と
いう。日本を柳芝という、ウィロー・ロットンという
英語の冠語です。パレス・セイング・オンという、
オンが連の意味である、続く意味という。これを、
パレルモという。パレルモが、パレるり、の意である。
パレの言葉という、はれの言葉である。あっぱれという
、このぱれである。天照のパレという、あまっぱれ、と
いう。あまれる山のお書きという。
 天照という穂浦連のやの写りという。ある晴れた
日の光景である。やまんという、やまんそむ、と
いう、連続のことという。やますという、『続く、
続ける』意ととぞく。

『くぜ』が、くめの語源である論で、
『くめ』が『くぜ』の語源である。
『くめ』が、『くぜ』を出す言葉である。
これを、『のういる』という、脳を言葉の
発という、これを、くめよみ、という。
『くめ』で、脳を論ずることという。これの
派出が『くぜ』である。脳の中間とという。後、
間脳という、『なませ』という、『なみ』と
いう、脳波の語源という。なまませの御身、
御見という。おんみ、おみ。

 『おんみ』が、音を伴う音曲の曲がりと
いう。音楽を曲がりという、くめの言いと
いう。脳のなませをくむ、くめという。
くみという意味のくめである。

 これが、音をいう、おともの言いという。
音楽をおともという。おとものくみやみ、
という。古く久米楽という、音曲のことで
ある。音楽に江を添える挿絵という。

 海の砂嘴江という、これが、なませの
絵の見である。江を絵という、えみそめ、
という。えみらる、という。江のことであり、
絵のことである。音楽に備わった絵を、おと
みむ、という。音添わる絵という。絵に音
楽が備わったという。まみんせむという、
鑑賞のことという。絵をみながら音楽を聞く、
鑑賞の仕方という。映画という。

 映座山という、海の音を聞く、山の見と
いう。浦見山という、映画鑑賞のことでも
ある。
『くめ』という言葉の解説とぞそ。
くめの脳論という。

 間脳という、動物を充てた言いの、
こうれぎ脳という、馬の上のかみせ、という。
蚊の脳という。空間を見る蚊の脳という。
広く宇宙を見る脳という、宇宙論が、この
脳の働きである、間という、空間である、
間脳という。

 この間脳が、『身』を『見』という、
ものを見る働きという。蚊の脳という。
蚊という馬である言い方もある、この蚊を夏
という、中国の古い国名に充てた夏の脳という。
夏の山のお言いという。これを延ばすことを、
言葉で延伸という、延伸の言いの、夏の脳と
いう、夏脳という。『可能』が延伸である。
延ばせば宇宙になる、小さくみれば、原子
分子になる。

  『宇宙の造りは原子の造りと同じである』と
いう論拠になる。くめ脳の解釈である。
この『くめ』が『くみ』の『くめ』である。
間脳の連絡という、『くみ』である『くめ』で
ある。海馬の上の間脳という、これを、おれ
まがりのくめ、という。俺の脳論である。

 『いいそめて、るりさみ』とぞ。
 『るりよって、いきそれ』
 この二文が、上の文の凝縮である。
冠語の働きである。この冠語は、今の口語にある、
全部、口語に入っていることという。今使って
いる口語が、話言葉が、古い言葉である。文語
以前である。『くめ』という言葉の解釈より出る
ことという。

 久米脳という、間脳の領という。間脳領という、
間脳の働きをいう、古くの、古脳学という、古脳
の『古』の意味という。古いありという。これが、
小野役(おののえん)、役小角(えんのおずの)という、
古く、小野役という。この『役』が、かんという
役割の働きという。間脳の働きである。

 視覚聴覚の覚め場という、小野角(おのずの)の
役という。小野角という、こふけの、ふるする、
意とぞ。これの具現という、絵である、また、
曲である。間脳が知覚をすることに、知覚の
具現という。これが役である。小野役という、
この『野』が、脳の野である、脳野である、場
である。

 行為には場がある、役という言葉である。
座とも、席ともいう。脳座、脳関‥、関が
席である。堰の造りという、堰を作る脳の
働きである、関、席とも。
役小角という、大切の人である。脳の部分の
名前である。『役』がその意である。役に場がつく、
役場という、役人を役小角という言いてあるある。
役持たせの人という、役を持つ人のことという。

 おれまがりの役という、なませのえん、という、
この『えん』を役という。脳野のお書きという。

そうきょうよい時です。正(やなぎ)N09.. 
***
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
  
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。
**************
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜6030大原練習5930天の下6330  俺130 柳正木(やなぎしょうぼく)(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou78808
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@82上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1999/08/04柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/08/04 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る
posted by 秋残り at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188108360

この記事へのトラックバック