2020年10月01日

卒業7350 CHINA 中共 俺350上海 和国上則 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7350京都船旅6250
古譜5250大原練習5150天の下5550 CHINA 中共 俺350上海 和国上則 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/09/30
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/09/30
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/09/30
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
鉄路走り行く お召しの列車には 御簾が
かけられて 優雅な厳か 大根 菊の紋
御爺さんと御婆さん にこやかな お笑顔
今日は楽しい 音闇のえきそる 
音夢 お召し替え

 狐の天気予報。〇r1999/06/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
2020/09/30 そうきょうは、よい時です。
【小浜行】
 若い人は言う、『今日は小浜へ行く』という。ランボル
ギーニという自動車である。御所の車寄せに置いてあると
いう。お召し列車に何度も乗り、周りの人とも一緒に乗っ
たという。国鉄より古い、JRに乗るという、後、国鉄にも
乗るという。線路を敷いた人である。和国鉄道にも乗った
という。日本全国に線路を敷いた人である。

 小浜へ行き、京都へ帰り、自動車をそこに置いたので
ある。大御爺さんおられる頃という、大御婆さんおられる
頃という。若い人の好きな、大御爺さん、大御婆さんと
いう。一緒に御所に寝泊まりしている人である。
御所マンモスがいた頃という。御所を作った人という、若い
人である。

 大御爺さん大御婆さん、お召し列車に乗られ、お行き給う。
大御爺さんにお会いし、大御婆さんにお会いする、若い人の
楽しみである。大御爺さん大御婆さん、今もおられるのである。
【全国乗車和国券、全国乗車日本国券】
 穂浦の頃の列車がある。リニアという、古い列車である。
若い人は、遠くへ行くという、この日は新潟へ行く、勿論、
フリーパスである。乗車券を持っていない場合もある。
若い人が、正しく知られているからである。
作った人であるからである。乗車券という、
後に、つくられたものである。

 いつのまにやら、お召し列車も、このパスも、旅行に
出かけて、今はどこにいるやら、若い人は、フリーパスと
お召し列車の、健康と安全を祈るのである。
 後、国鉄はなくなったという、若い人が、宣言したの
である。『国鉄はなくなる』という、その後、宣言通り
になったことという。

 大叔父御上、大叔母御上おられおられ、今の日本という、
JRという、鉄道会社という。便利な世の中である。

 日本と言う国という、大きな赤字を抱えているという。
鉄道会社を切り離して、国は、経営から手を引きますと
いう。

 若い人はいう、『ソ連はなくなる』という、なくなった
国である。原因は、何ですか。
 日本とて、そうなる日があるかもしれない。日本が
病気になれば、どんな方法があるやら、手っ取り早く、
革命である。どんどん革命を起こし、国に健康と安全を
導入する。

 国の赤字の原因は何かと、考えるのである、京大時代の
若い人という。これから、論文を興すという、上の文で
ある。原因が書かれていることという。
【パスポート】
 外国へ行き、帰って、京都会議でパスポートを作った
人である。このパスポートも旅行をしていることという、
成人して、手元を離れていった、パスポート成人説と
いう。今は、旅先か、それとも定住しているか、それ
とも、誰かの世話になっているか、いずれにせよ、パス
ポートの、健康と安全を心より祈る人である若い人で
ある。

 パスポートの元という、たくさんの人が持っていると
いう、その元である。小林壱裕と書かれている、世界の
国のパスポートの元である。

 パスポートは、外国から帰って作ったのである。世界の
パスポートの元である。世界を興す人である。寝る事で
ある。ダブれるお書き、これとす。
【柳の枠の写真、御簾の列車】
柳の枠に写真が入れてある。古代のお召しという。御簾の
列車という。御簾飾りのある列車という、御簾が召されたと
いう、ミスチスという。これが、お召しの、冠語である。
ミスティスとも。ミスチスのお行きという。和国のお召し
列車という。和国鉄路を走る動労という、和国の動輪という。
横闇山の音夢という。音夢駅のお召し替えという。御簾を
替える、ゆむめら、という。『ゆむ』が夢の意である。
和国の言葉である。

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
正(やなぎ)。S29. 
腹を横に書く。
**************
【噂】 

 『誰かが、私のことを言っている』という、
 と思うという。
 気になり、噂相談所へ行った。
 『誰もいってませんよ。噂なんてものは、気にしなくて、
  いいですよ。なにも影響はないのですから、ドーン
  構えていなさい。』
 
  なんだかすっきりしない、答えである。『ドーンと
  構えていろ』と、どうすれば、よいか、わからない。
  
  上の答えでは、相談者はどうしてよいか、わからない。
  助言に、『普段と同じようにしていればいいです。』
  これでは、相談者は納得しない。 
  
  噂を流すものは、
 『噂なんてものは、気にしなくて、いいですよ。
  なにも影響はないのですから、ドーン
  構えていなさい。』  これを、先に噂に流す。
  後で、その人の噂を流すのである。
  
  上の答えだけでは、あまりにも、お粗末である。
  
  こういう場合、どうするか。
  『よい』、『さくら』、『やなぎ』、『もも』・
  という言葉を、会話に入れる、噂が通らなくなる。

  
  噂が気になる人、気にならない人も、上の言葉を
  おりおり、使えば、噂の対象が自分であるか、また、
  自分でない、他人か、それを問わず、噂が通らなく
  なる。
  
  『噂は、噂で影響はない』 こういうて、噂を流す。
 影響がある場合が多々ある。だから『影響はない』と
 いう、噂である。噂を流す者の弁である。
 
  自分の言葉に、『よい』『ただしい』という言葉を
 ふんだんに使う、噂の影響がなくなるのである。
  
  噂というものは気になるものである。気になる人は、
 『私は、よい仕事をしています。』
 『貴方は、よい声ですね』
 会話に、『よい』と入れて行く、これで、悪がカット
 できます。
 
 『お〜い、川田さくら』と、人名にさくらをつける。
 『あら、山田さんさくら』という。
 さくらと呼ばれた人からも、悪がなくなっていく。
 さくらと呼んだ人も、もちろん、悪がなくなる。
 言うた人に、聞いた人に、うわさの影響がなくなる。
  悪い噂を感ずれば、『桜』また『よい』と一言
 言えば、噂の影響を受けなくてすむ。
 健康安全になることという。 
 噂の影響がなくなることという。 
  桜日本よいとこ。
  
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜5250大原練習5150天の下5550 CHINA 中共 俺350上海 和国上則 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou71008
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@217上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1999/06/25柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/25 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@217
Notice: Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187977106

この記事へのトラックバック