2020年09月12日

卒業7176 ふち祭り (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7176京都船旅6076
古譜5076大原練習4976天の下5376  俺176 ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1999/06/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。09月/12日 、10時27分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/14
【歌解説】
【ふち祭り】
20200911
【 London 】
【 Walking 】
sotu7175続き
【 横目の鉾 】
 このオランダの鉾が、横目使いをする。周公の傍へ行き、
周公に礼をする、両手を上げて、斜め下へ降ろし、頭を下
げる、これを、フィーファーという、オランダの古い礼儀
『ホヤ』という。そして ユーターンをして元へ帰る、ベラ
ルーシの横へ行く。
【 ベルギー鉾 】
 ベラルーシの横へ行ったとき、元へもどったとき、ベラ
ルーシが、『ホフハ』という、英語で『リターン』という。
『ユー・ウッド・リターン・バック』という、これに、オ
ランダの鉾が、『ダンケラリ』という、オランダの古い、
『ダンカク』という、『ダンケ・シェーン』という。そし
て、鉾の花を、ベラルーシに渡す。この花がベルギーの鈴の
花である。ベルギー・プレッツェルという。
【 トランプ鉾 】
 渡した時に、トランプ鉾が、真上へ立て板を上げる、金
の板という。これが、トランプの鉾の動きという。5番と6
番の間にある、板の鉾という。これで、トランプが、金の
板をそのままにして、行進する。これが、コビッド網と
いう。鉾のことという。

 トランプの後、15番という、ラシュモア山がある、この
山の景色が変わる、ラシュモア鉾のカナダの滝の景色に
なる。後、山の景色になる。これが、ラシュモアの山の
鉾の動きである。ラシュモア山の前後をセブン録という。
後、アメリカのラシュモア山の周りを、セブンという、
セブンシーズという、今のアメリカのラシュモアである。
これが、ゴルレルの山という。ゴルレル鉾ともいう。
ごっせ山という。ござ浜山ともいう。ここに、像が出る
フィリップ王の像のおきという。場所が、河原町の東と
いう、当時、鮎川山という、今の、花見小路付近である。
フィリップ王の像の御座所という。
【 フィリップ皇太子像 】
 古く若い人の裏庭にあった御像である。フィリップ皇
太子の像という。アーサー王の像のお傍である。フィリッ
プ皇太子の像のことという。この象の同じ像である。
フィリップ王という。今は、どこへ行かれたやら、若い
人の拝む像である。アーサー王像にマントを掛け、毎日、
手紙を書いて置いている人という、若い人である。
フィリップ皇太子像に、『チャオ』と言うて手を振る
若い人である。後に、明治維新像に出てこられる、フィ
リップ王という。明楽のお書きという。ふち祭りの書き
である。

 若い人の裏庭で催される古ふち祭りという、後、今の
八坂神社の前で東西の行進という。ふち祭りである。
【 アーサー王にお手紙を書く 】
 アーサー王に御手紙を書く、像に置く人と言う。毎日の
朝の、こかまき、という、マントをかけては喜ぶ人である。
後に、エリザベス女王の像が加わることという。フィリッ
プ王の横である。

 アーサー王の像へ御手紙を書く、書く内容という、平
仮名で、『そう今日のよい時です』という、これに日付
を付けて、短冊のような紙である。こうして、手紙を書
いていた若い人という、像の前へ置く手紙である。
家の前には、高山彦九郎大御爺さん像があった話という。
こうして維新をきりぬけていったという、維新前の頃で
ある。吉田松陰御先生像という。その御像があった頃で
ある。それぞれの持ち場へいっておられる御像方々という。

 ロンドンの古い話に、明治維新前の話がある。ベラルー
シとオランダ、中国、それぞれの国に明治維新の頃の話が
あることという。若い人の明治維新という、像とともに
活躍した人である、名を立山意知尋という。
【 立山鉾 】
 立山という山が16番目の鉾である。立山鉾という。
若い人の像である。それが鉾の中にある。立山意知尋と
いう、像である。恰好が右半分、洋装、左半分羽織袴、
頭後ろに、金色の奥義の立てという。手に墓菩提を持つ、
右手である。左手に、父母御重経という書物を持つ、
胸前という。後ろが登録という字が、書かれている。
若い人の像である。

 立山位置広い場所という、16番という。鉾の中の囲いの
中の真ん中である。立山位置鉾である。
【 アーサー王の仏像 】
 アーサー王仏像という、英国王仏像という、仏教洋式の
中にある、アーサー王の謂れという、英国の古い、京落と
いう場所にある、英語の恩重経という、その中に、アーサ
ーという言葉がある。そこがロンドン城である。

 古い日の話という。秋残りという、こんな言葉はないと
いう、ない話を書く、駄作家という。皆、ない話である。
駄作家が私という言葉の、はやれま、という。冠語という、
ない言葉である。ないことを、それらしく、あるように
書く。私の古い記憶という、あるのやら、ないのやら、
それすらも、わから・ない、という。
【 綾背王 】
 わから立てという、仏像を、わから、という、話である。
おくらともいう、おくら山のおくららである。みくらおく
ゆら、わからはらくり、ゆみゆみのお言いという。
仏像の歌という、フィリップ・チャーチのおチャーという。
おチャーチの話という、綾背オフィリップという、英国の
仏教という、古いイギリスという。綾の背という、フィリ
ップ王の背中という、綾背王という、アーサー王の綾とい
う。斑鳩の寺の仏像という。フィリップ王仏という。
フィリップ王の仏像がある所という。ばよ浜という、場
所という。日本の聖徳太子の頃である。蘇我入鹿という、
蘇我馬子の仏像という、安置されていることという。

 『私は、にせ天皇です』という、『私の頭は天皇です』
という、天皇崇拝の人である。革命を目指す人である、
健康安全という、周りの人にも健康安全をいう。

 篠山城にくらしていたという、園部城にくらしていた
という。

 『確か、この辺に仙台城があったのであるが』、こんな
ことを平気でいう人である。
【 原子爆弾鉾 】
 原子爆弾鉾が立山意知尋鉾の傍へ行くという、原子爆弾
を抱いて寝る人という。鉾の上でも寝る人である。意味寝
々の文という。

歴史によらない話という。
マンモスもいるという、始祖鳥も元気にしていること
という。神武天皇と一緒に暮らしていた人である。
【 ナミベからベルギーへ 】
 アフリカのナミベから、ロシア周りで行ったベルギーと
いう。後、オランダへ行き、ドイツのエネケという、エノの
屋の遣りというこれが、ドイツのエネルギーの言葉という。
エネの町という、足利の屋のお言いという。足利の天村とい
う、天邑のおいとし、という。これが、ベルギーの国の尊び
である。おいとしの日の発つ飛びである。シャープ・ミス
という、乗り物である。
 アフリカのナミベという、『これから、明治維新をおこ
します』というた人という、若い人である。ナミベに明治
維新があることという。
【 華蓋城 】
 安土の城という、天守閣に華蓋がある城という、華蓋
城という。ここへ行き、そこから、ナミベへ行った人と
いう、若い人である。シャップスという乗り物という。
ナミベ皇閣という、ナミベの内陸の奥地である。
【 ポトタウンからマダガスカルへ 】
 ナミベからビクトリア湖へ行く川ががある、ビクトリア
湖から、南アフリカのポートタウンという、そこまで、川
が流れている。船で行き、ポートタウンからマダガスカル
へ行った人である。立山という造りがあるマダガスカルの
町という。そこの滞在である。碗の漆という、漆の木があ
る所とぞそ。京都の漆と同じ質の漆である。

うそという、このうそで、後のふち祭りがある。これを、
うその屋という、『神武を出そうか』という、祭りの
執行者である。うそをいう話で出る、神武の鉾という。
後のふち祭りが、これである。にせ天皇の出という。
大村鉾、笹鉾という。後の祭りの鉾である。
Willow. 正(やなぎ)。S11
****************************************
【日記の効用】 

 自分のことを天皇という村がある。この村の畑という、
畑根という、これを、村のおこしという。村をおこす、
革命という。革命の村という。革山のお書きという。
 特定の人物を天皇という言いに切り替える。これを
した村という。特定の人物は誰か。この村の革命、
関西一円に広がる、これが村興しである。
 有名な人がここから出る、ゆうじょくくの山という。
山せらのおよという。およを、くみふみ、という。
大御爺さんおあり、大御婆さんおあるらる、とぞそ。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/07 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@102
Notice: Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187905217

この記事へのトラックバック