2020年09月12日

卒業7175 ふち祭り ヘジテーション(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7175京都船旅6075
古譜5075大原練習4975天の下5375  俺175 ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1999/06/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。09月/12日 、07時38分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/14
【歌解説】
【ふち祭り】
2020/09/12
【 London 】
【 Walking 】
Hesitation in the second step, name is Arlington
style.
2歩目で、足を揃える、3歩目で、同足をだす。この時に二
歩目を3と数える。これが、セカンド・スリーという、
モナックスという歩き方という、数え方である。この
モナックスが、モナークの勲等という。
 古くロンドンのデビルという、神という、ゴッド・デ
ビル、デビル・ゴッドという、ロンドン・モナークという。
これを、現人神という日本の、人の髪という。これを、
合わす意味という。
【フィリップ・チャーチという歩き方】
 ロンドン・モナークという、ロンドンのフィリップ・
チャーチという。ロンドン・デビルという、ロンドン・
モナークのことである。
 チャーチ・ロンドン・メッコクという、これを、メッ
クスという。フィリップの御名の御足という。これが、
日本の御手洗(みたらし、みたらい)の、足洗いという。
モナーク・レンズラーという、神社に掛かる言葉という。
足洗いという、行事の後の直会という。イギリスのパー
ティーが、これである。これを、チャーチ・ロンドンと
いう、ロンドン・メックスという。神のことをデビルと
いう古ロンドンの言葉である。
【アーリントン・スタイル】
 これが、アーリントンのヘジテーションという、セカン
ド・スリーという、ためらいの歩きという。アーリントン
の形式という。古く、墓地を、アーレンという、これの続
きのアーリントンという。ファウラウという、古く、エジ
プトのファラオの歩みという。

 墓に参る一つの形式である。この墓がチャーチにかかる
ことという。チャールストンという、古代の歩きのことと
いう。このチャールストンが、ちゃーという、日本語との
繋ぎである。この『ちゃー』が、ロンドン・ティーという。
これで、墓に茶を供える古い形式という、チャールズとい
う人の御名のことという。チャールズ・もうほく、という、
茶を持ち、墓へ出向く、チャーチ録という。
【プリンス・オブ・ウェールズ】
 プリンス・オブ・ウェールズという長生きの人という。
『よい女王べす』の菊浜という、クリサンという、あゆ
むの人という。よい女王べすの丘組の山という、チャーチ
・ロンドンのワイ録という、これを、めのゆり、という。
バラの花のことという、ゆりばら、という。このバラが
原にかかる、エジンバラという、そこの御方という。
【フィリップ王】
 フィリップ王という、王の謂れの御方という。これが、
ロンドンのあうゆら、という、ロンドン・ステートとい
う、ロンドンを城という、ロンドン・キャースルという。
このキャースルが、チャールズである。御名が、グレイ
サクという、チャールズの意味という。これが、マイ・
グレイサクという、自分を表す、ロンドンの言いの古い
言いという。ロールド・ロードという、ろわすのつなゆり、
という。

 歩みが、フィリップ・チャーチを踏襲する、チャール
ズ・ラッソンという、ラグジュリーという、ラックス・
ロンドンという。ためらいの意味である。

 1歩目を前へ出し、同足で2歩目をとる。その場の踏みと
いう、チャールズ・ステップ相方という、御父君のフィリ
ップ・チャーチの踏襲という。めゆろんてという、めてす
てのあよふらく、という、日本の御所の、ロンドン・フア
ッテクという。これが、御所のファンマクという、ロンド
ン・ブースラーという。これが、音楽のスラーの意味でも
ある。
【3番目の鉾】
 ふち祭り3番目の鉾のちゃーという、掛け声のする鉾と
いう、茶鉾という、チャールズ鉾という。みこ(皇子)鉾と
いう、チャールズ・こう浜という鉾の名という。これが、
英国の船の形の鉾という、チャールズ・シップという鉾と
いう。このチャールズ・シップが、先頭の鉾の前に出る、
これを、ヘジテーション・ノットという。アーサー王と
周公の所で少しとまる、ヘジテーションという、王と公へ
の礼儀という。これが、ふち祭りの鉾船礼という。こうし
て、先頭に出る、チャールズ・こう浜の鉾の先陣という。
【ベルギー鉾】
 この先陣につく、べまふまという、これが、べまの国と
いう、今のベルギーの国の鉾という。ベルギーのゆんつき、
という。ベルギーが、チャールズ鉾についていく、この
チャールズ鉾の先頭の前に出る、最先陣という。このベル
ギーの鉾のヘジテーションという、アーサー王と周公に、
ヘジテーションをする、少しとまる、後、チャールズ鉾に
少しとまる、これを、セカンド・ヘジテーションという。

 セカンド・ヘジテーションで、チャールズ王をいう、
これが、小和田目という、横目使いという。この横目使い
を、プレッツトンという、古代のファラオの王の目の使い
という、イージル・ランゼイという、ランブレーという
ことの言いという、これが、トロイ・ランという、トロイ
・ラニングのことという。これで、ギリシャがつく、ギリ
シャのシーザーの鉾という、ベルギー鉾の次である。
【シーザー鉾】
 このシーザーの鉾が、少し横へ出ることの言いを、しざ
ふら、という、シーザーの鉾の動きという。シーザーラン
という、シザスラの動きという、音楽のスラーの話とも。

 これが、山の意の山車という、山車ぐるま(山車車)とい
う、おしも山のお書きという。朝鮮のみのふま山のお書き
でもある。

 日本の皇太后という、しもるらのおしゆし、という。
下山のうつふり、という、古い兵庫の篠山の、城の祭りと
いう。この祭りの意味という、ふち祭りの模型の祭りとい
う、ふち祭りが篠山城まつりを踏襲することという。
祭りの模範である。
【和尚山】
 フィリップ王の御肩という、オ・ショルダーという、
この『オ』が、丁寧の『お』である、後、和尚という、
祭りの一役目という。シーザーの鉾の次が、和尚山であ
る。これが、いよ山の言いの和尚という、おん和尚という。
御和尚。

 オ・フィリップ・せめすれ、という、山を、せめすれ、
という。古い篠山の城がかかる、言いという。この『言
い』を、井伊という、今の彦根の井伊城という、ベルギー
・ラックという、ベルギーの鉾の次である。篠山の、
いいゆらら、といういいゆらら鉾という。これが、シー
ザー鉾の次の、いいゆらら鉾である、和尚山という。
山が動く山である、山車である鉾である。

 ベルリ音という、ベルギー語の使いという、和尚山が
ベルギー語を使う山である。彦根を、ベルオラという、
古い彦根の町のことという。彦根城である。
【ベラルーシ鉾】
 ベルギーがイギリスをいう、ロンドン・ハックス・
モックという、これが、これが、『良い』をとる、ベル
ギー国のおき更という、この『更』が、サラセンである。
この時のサラセン、今のロシアの南東方という、ここが
黒海を含む、ベラララという、今のベラルーシ辺りをいう。

 ベラルーシが、『山の家』をいう。ベルギーをすずらか、
という、この『か』が家である、この時の鉾である。
ベルギーの鉾の中に鈴の木があり、それに鈴が掛かって
いる、その鈴の下に、帽子被りの小さな子供様の洋風服と
いう、この服を来た子供様の像という、これが、ベルギー
の、オフィアンという。像の名前である。フィアンと
名前の丁寧のオをつけた、言いという。オフィアンの像と
いう。

 ベラルーシの言いが、隣の鉾のらんだめという、オラン
ダの鉾という、この時、オランダの鉾が、周公の後ろへ行
く。これが、前の鉾へ全部ためらいをして行く、この動き
を、ベラという、ベラフレという。これが、オランダの
アンという。オランダのアン王女という、オランダの鉾の
中の像である。この象が右手を上げる、これがためらいで
ある。普通の動きで、右手を上げて行く、礼の印という。
足のためらいを、手でする、後、胸前の手という。
こうして礼儀を尊ぶオランダの鉾という、ベラルーシの右
の横を、うしろ、という、言葉の使いという。これが、祭
りの前の部である。

『フィ』の意味が『良い』を掛けた意味である。フィリッ
プという、『フィスフィス』という、フィリップ・ベスト
・シァークという、鮫という意という。これを、ファンデ
ラックという、フィリップという欧米の名の尊びという、
フィリップの、おみかわ、という。この『かわ』が御手洗
の川である。神社にある川をいう。神社の川で足を洗うこ
とという。フィリップのお礼儀という、これを、フィリッ
プ・チャーチという。

 今の日本の皇をいう、これが、皇の川の、斜め川という。
山の麓の神社の、代表の八坂神社という、この神社の川を
御手洗という、他の神社のことでもある。
Willow. 正(やなぎ)。A11
************************************************************************
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/07 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-15
Notice: Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187904850

この記事へのトラックバック