2020年08月01日

卒業6820 물총새 俺740 長尾のかわせみ(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6820京都船旅5720
古譜4720大原練習4620天の下5020 물총새 俺740 長尾のかわせみ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
赤くこのしろは楓の本染め 向日天神の宮
とり替えて 鷽とかわせみ 深(ふく)い
谷傍の流れが 昇る竜 楓の木を見てる
まつ かわる竜が かわせみのうそ
向かう天

 狐の天気予報。〇r1999/04/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。07月/31日 、15時15分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/02
【歌解説】
【向日町の話】
 松川の龍を、うそかわせ、という。これを、かわせみ、
という、この天神を、むかよきという、むかよきを、
むこうという、これが、後、むこうまつのむこう、という。
向日の町の成りという。
向陽天神
 陽に向かう川という。向陽天神という。ここを、向日の
向陽という、この向陽の替えを、まつという。これが、楓の
木の意という。まつという、まつを待つという、松を植える
ことの言いの表しという、この松を楓という、言いをする
向陽天神という、松のことをいう。これに、楓を植える。
これが、本という、向陽を、日本(ひもと)という。
 楓の植わった向陽天神という、ここを、楓状という、
この状を替えて、しろという、白という、白樫を植える
、むくしろ、という。椋を植える、椋の木城という。
楓状の椋木城という、向陽城のだいから、という。ここを
長尾城という、ながみ山楓椋という。これが、風郎の言いと
いう。
昇竜
 楓の勢いを竜という、松が竜になるという、昇竜椋という。
昇竜字のお書きという。字昇竜の場という。後、昇状のや、
という。この『や』を矢という、光を矢という。
陽に向かう竜の姿という、これが、向矢状の名の元である。
楓椋城の向矢状という。白という意という。日に向かう
建物 である意という。
 これが、向陽を紅葉という、かえでという、もみじの
かえでという、楓の木のことという。これが、天神のきがえ
という、紅葉のいおはり、という、威を張る、示威という、
この示威を、むくしい、という、椋と椎の木の植わる紅葉
林という、これが、植林の一方法である。紅葉植法という。
 この城の庭の造りという話である。
長尾城
 向日町の長尾城という。向陽という、紅葉を入れた深谷
(ふくたに)町という、向陽状町という、陽に向かう光を
、としかま、という、年の深(ふく)い町という、長生きの
ことである。向日長生という、これを、向陽竜という、
向陽川の流れという、川谷に紅葉を植える、楓川という。
ここを、ふうるうという、ふうるうの町という。振るう
町という、譜うるう町という、向陽楽という、向陽律の
譜という、連符を使う譜という、これを、紅葉連という。
紅葉の音という、連符を、かえがる、という向日町の
言いである。永尾城冠話である。この冠話を靴という、
靴冠話という、靴語、靴話語という。
紫尾
 かえがる紅葉のかえを、むくしび、という、
紫尾(紫尾、鮪 、蚩尾、鵄尾) という、
屋根飾りの城という、このしろをかえせ、という。
しろをかえせという。長尾城の靴城ゆれ、という。
かえせのしろの言いという。このしろかえせ、という。
向陽天
 天神の言葉という、菅原道真の立ち寄った場所である。
向陽天神という、紅葉とも。向陽天という天神のことで
ある。
月影の岡
 これで、松の場をいう、高松の山という、むくの矢と
いう、嚆矢状という、陽に向かう鳥を落とす山の夜とい
う。これが、月影の岡という、丘とも。月影丘という、
向陽岡という、これを、しろかゆれ、という。かげが
騒ぐという。この『かげ』を蔭という。草影状の岡
という、丘ともいう。これが、岡丘という、この岡丘
を一字にする、きゅう(丘)偏の岡という、急偏影という、
蔭岡のインコという、このインコを鳥という。
 うそをインコという、このインコを、しぶはま、という。
しとる山という。しわせらのいそみそ、という。これを、
冠跡という、冠跡を、かんはか、という。この『はか』が
岡、丘である。いんそきという、岡のことである。
 丘を墓という、墓丘と意を添える言葉という。
墓丘 
 ぼきゅうのふこくく、という。ふこくの言いという、
これが御所の向陽である。紅葉を植えた場所という、椋所
ともいう、この御所和、おぐらゆき、という、おぐら御所
という。おぐ花山御所という。おぐはなを、おぐはると
いう。おぐはる御所という、椋所のことである。
 このムクを、かいがまという、かいげという、かいずと
いう、かいれという、かいれをかえれという。かえらる
かんしぶという、しぶがきの山という、渋柿という、
この柿が書きである。これを、しろ山ずり、という、
しっぽんのごも浜という、しっぽんれっくす、という。
麻生御所
 しゅっぱんを、しっぽんという。土佐るれという。
土佐みっすぐともいう。れれるお言いという。よもすめの
すめら言いという。これが、すめらの場所である、木植わる
坂道である、斜め坂という。なんふれの言葉という。これ
が、なんを南と表す、南の麻という、麻の木の植わる麻生
御所という、建物の南に麻の木が場という、麻生ゆまの
お書きと言う。
 この麻の白という、白麻のはっぱく、という、これを、
八白という、この意の長尾ゆれふら、という。長尾の鳥
という、孔雀ように羽を開く、にわとり大の鳥という、
長尾鳥という。長尾建ての物という、これが石碑である。
この石碑がある御所という。長尾屋という建物である。
御所長尾屋
 ここの長尾屋が、向日の園の屋という、向日町の長尾
城のだん、という、これを、出目、でめそめ、という。
出城という。御所の中の長尾屋のことという。
 楓が植わる楓風という、楓風所という、長尾屋のこと
という。ここの楓という、白楓という。白麻という。
白の木の場という、しろきのみ、という。これが、
しろがえせ、という、この言いの、えせ天という、
白天のことをいう、これを、白楽天という、空のことで
ある。白楽天御所という、しろきのみ、という場のことで
ある。
神社の医法
 向陽光白という、向陽の光の紅葉光という、紅葉にそそぐ
太陽光を大乗光という、この光を、小乗にとる、小状という、
これが、正状と表す、症状が正常になる、健康の光という。
かえでのまつ、という、松の木の傍の治療という、これが、
麻生介しのむくかえじ、病人を松の木に近づける一療法と
いう、これが、向陽天神の医方である。広く、神社の医法
である。
朝起き
 『あさを取る』という医法のあさという、これを、朝と
いう、朝起きの健康という。あさの木の傍という、朝起きの
植園という、木植わる園という。麻の木の意という。麻生
らめふま、という。麻を植える場の意という。
 麻を薬品の元にとる薬をインターという、インターフェ
ロンという、葦麻の造りという、インターフェロンの一つで
ある。
インターフェロン
 長尾建張りという、麻糸という、麻の木を壁に添える壁と
いう。かいばきという。かいばの麻という、これを麻生と
いう、麻生の木という記である、麻生お書き。麻垣のお垣
という。これを、かいがき、という。かいかいのそうらく、
という、快々の双落という、麻生の快々という。インター
フェロンの薬の効用である。パッと治る話という。
ウィンドウズ
 ウィンドウの麻窓枠という、コンピューターの窓という、
これを、ウィンドウという、窓枠で出てくるソフト各種と
いう、ウィンドウズという、麻をウィンという、麻枠の
コン朝という、今朝という言葉のウィン麻という、ウイの
朝という、初朝のことという。始朝木という麻のことである。

 朝の気の木の傍の、寝起きという、寝起こしという、
しんき、心機一転という、病状の変わりである。これを、
かみの碑銘という、神姫闇丸という建物のことという。
うれしい悲鳴のお書きという、碑銘の尊さをいう、石に
祈りをささげることという。この祈りを、高松祈りという。
い俟つという、『俟てば祈りの、麻命婦』という、
 『朕惟フニ我カ皇祖皇宗』という、代表が、墓石前の
読み上げという、酵素のインターフェロンという、薬が
よく効く話という。こうそこうそである。教育勅語の
ことである。直後という、じきにきくインターフェロンで
ある。直訴という、薬の効くことをいう。侠客御所の
講義である。石からできたというインターフェロンと
いう、舎弟の言いという。侠客の医術である、薬屋の
ことを侠客という。麻石の出来という、麻と石という、
インターフェロンの原料である、同じ成分がある話という。
正(やなぎ)。J31
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/25 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@302
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187758522

この記事へのトラックバック